FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能楽師を先生と呼ぶ違和感・・・もう一日つづき

さて私自身は、ブログを続けているうちにこの問題に引っかかりまして、個々の能楽師についてはブログの表記上、原則として「○○さん」と書くことにしました。
就職して以降何十年にもなり、既に「お弟子さん」であった時代は遠い昔のことになってしまいました。

能を観るについても「お弟子さん」であるうちは、まず自分の先生、同門の先生方の会を優先的に観に行くことになります。私はたまたま何年か前に、稽古していた観世流ではなく金春流の会を観に行ったのがきっかけで、その後は五流の、かつ様々な系統の能楽師の演技を観に行くようになりました。もはや「お弟子さん」ではないことを認識したのは、ようやくその頃になってからのことです。

そしてブログの表記も直すようにしたのですが、今でも集合的に能楽師を指す時に「先生方」といった表記を使っています。これまで書いてきたように、能楽師は職業的「教師」でもあると考えれば、さほど変な表記ではないと思います。また、同様に職業的教師と考えれば、個人名に「先生」をつけても無茶苦茶な話ではなかろうと思います。自分の師でなくとも、学校の先生は「先生」と呼びますよね。

ただ、私の場合は「お弟子さんではなく全くの一観客」であることを、自分自身意識するためにも、個人名に先生をつけるのをやめているという次第です。「お弟子さん」を離れることによって、ブログを書いていても自分の好きなもの、好きなことに広がっていける良さがあります。ですが同時に、自分の観能歴の最初に稽古をした期間があったことで、長く観能を続けてこられた基礎のようなものを得られたとも思っています。

とりとめもなく思うところを書いてみましたが、多くの観客が能楽師を「先生」と呼ぶ背景が少し整理されたでしょうか。こういう能楽のあり方が良いのか悪いのか、そういう点は私も特にまとまった考えを持っておりません。ただ、今の形態にはそれなりの必然性があると考えています。・・・この項終わり。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。