FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老のつづき

ワキの着きゼリフがあり、ワキツレ梅村さんが「然るべう候」と答えて、一同ワキ座へ向かい着座します。脇能らしいキビキビした舞台展開です。

代わって囃子は真ノ一声となり、シテ、ツレの登場となります。ゆったりした囃子で先にツレ辰巳大二郎さんの登場。無地熨斗目に青鼠のような色の水衣、白大口を着けています。先に鑑賞記を書いた高梨さんのときは、水波之伝の小書付のため、負柴に桶を持っていましたが、今回は右手に桶のみを持っています。持ち物無しで出る形も多いように思います。

後から小格子厚板に水衣、白大口に右手に杖を持ったシテが登場してきます。一ノ松と三ノ松に立って向かい合い。一セイを謡います。一セイに「美濃の御山の松陰に、なお澄む水の緑かな」とあり、養老の泉が謡われています。ツレの二の句から同吟となり「行くこと易き心かな」と謡って舞台へと進みます。ツレが正中に、シテが常座に出てシテのサシ「故人眠り早く覚めて夢は六十の花に過ぎ」から、二人の謡が続きます。

小謡でも謡われる上歌「長生の家にこそ・・・」をシテ、ツレが謡い、その終わりに立ち位置を換えて、シテが正中へ、ツレが目付へと進みます。ワキは立ち上がり、二人の上歌が終わると「いかにこれなる老人に尋ぬべき事の候」と問いかけます。ワキは養老の滝を親子が見つけた話を知っており、その親子かと問いかける訳です。
二人がその通りと答えると、ワキが帝よりの勅使であると名乗ります。

この曲では一セイから主題となる養老の泉のことが謡われ、老についても明るく詞章に織り込まれています。老人が登場すると、多くは老境の諦観のような展開になりますが、この曲はまさに「養老」の名の通りの作能がされているようです。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。