能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老さらにさらにつづき

続いてロンギ。地との掛け合いですが「彭祖が菊の水・・・」の謡はシテツレの同吟です。二人してワキを向いた後、地謡でシテは目付に出、さらに謡いながら角トリ、左へ廻って大小前へと進み「翁も養われて」と杖を後見に渡して扇を広げ、「この水に馴れ衣の」と正先に出て扇で水を汲む型を見せます。立ち上がって「影さえ見ゆる山ノ井の」と井戸を覗く形になり、常座へと下がってからワキに向かって正中へと進み下居します。

ワキが「実にありがたき薬の水・・・」と言い、シテ、ワキと詞から謡に展開して、中入前の地謡の上歌「言ひもあへねば不思議やな・・・」となります。「天より光輝きて」でシテ、ツレともに腰を浮かせ、シテは杖取って立ち上がり、そのまま橋掛りへと進みます。このシテにツレも従い、二人は来序で中入りし、代わって狂言来序でアイが登場してきます。

間狂言は護法善神に仕える山の神と名乗ります。いわゆる末社出立で、面は登髭の類なのかよく分かりませんでしたが、末社頭巾に緑のヨレの水衣、括り袴をつけています。立ちシャベリで養老の滝の謂われを語ると、客人(マレビト)に御礼を申そうといって目付柱まで出て両手を突き、ワキの一行に挨拶する形になります。

守護善神が罷り出でて舞楽をお見せするだろうが、自分たちのような者も舞でもてなそうと口上を述べると、立って常座に戻ります。
「日本一のご機嫌に申し上げた・・・」と自らも喜び「めでたかりける時とかや」と謡いつつ常座から大小前へと舞台を一回りし、答拝して三段ノ舞になります。

三段ノ舞を舞い上げると「やらやらめでたやめでたやな」と謡い出し、謡いつつの舞になります。我等のようなる山の神の現れ出でてと謡い、最後は常座で足拍子を踏んで、舞い終えると退場します。

高梨さんのときは大藏流でしたので、間狂言はごま塩の髭をつけた里人で、三段ノ舞の後に泉のお陰で若くなったとごま塩の髭を取ると、下から黒い髭が現れるという趣向でした。和泉流の替え間「薬水」では、老人数人が腰を曲げて登場し、水を飲んで若くなる様を一番の狂言として演じますが、常の形はいわゆる末社ということですね。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

養老もう一日のつづき

さて間狂言が退場すると、出端の囃子が奏されて後シテの登場になります。
高砂同様に、白大口に袷狩衣、唐冠を着け邯鄲男の面。何度も書いていますが、私はこの神舞を舞う男神が登場する神能が好きで、後シテの登場ではついつい気持ちが盛り上がります。

シテはすすっと歩みを早めて舞台に入り常座まで出て「ありがたや治まる御代の習とて」と謡い出しますが、これもこの種の曲の常としてさらさらと流れるような謡。
このブログで以前取り上げた観世流高梨さんの養老は、水波之伝の小書が付いていたため、先に後ツレ天女が登場して後シテを招く形になりますが、今回の形が本来の演出。

地謡になるとシテは目付に出、さらに「我はこの山 山神の宮居」と謡いつつ開キ、さらに角トリから舞台を廻って大小前へと戻ります。地「衆生済度の方便の声」シテ「峰の嵐や谷の水音滔々と」とシテは目付へ出、袖褄取って大小前へと戻り、地謡が気を変えて運びを早める中、答拝して神舞となります。
神舞の囃子の早さが小気味よく、流れるようなシテの舞が続きます。

神舞を舞上げると、シテのワカで上げ扇。地謡が受け、さらにシテが目付に出て「水滔々として波悠々たり」と謡いいます。キリの「君は船 臣は水」の謡になり、最後は「浮き立つ波の 返す返すもよき御代なれや」と正先で両袖巻き上げて常座へ進み、直して留拍子を踏みました。
シテの水上優さん、しばらくぶりに拝見しましたが、相変わらず端正な姿。人柄が表れているような優しさのある舞でした。
(82分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

茶壺 小笠原匡(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2010.06.19
 シテ 小笠原匡
  アド 野村太一郎 野村扇丞

茶壺はこれまで二度ほど、このブログに登場しています。一度目は18年に大藏流山本則俊さんのシテ(鑑賞記初日月リンク)で、二度目は19年の和泉流野村萬さんのシテ(鑑賞記初日月リンク)での上演です。

茶壺を背負った男が酒に酔って道で寝込んでしまい、ここに通りかかった「すっぱ」がこれを自分のものにしようと算段する話ですが、両流とも同じ形で基本的な違いがありません。今回の小笠原さん、野村太一郎さん、野村扇丞さんの三人は萬狂言のメンバーで、萬さんのお弟子さんでもありますから、曲の展開は19年のときの記録と変わりません。あのときは茶壺を担った男を扇丞さんが演じましたが、今回扇丞さんは目代の役になっています。

さて舞台の方は、まず茶壺を連尺で背負ったアドの男太一郎さんが酒に酔って小謡を謡いながら登場してきます。あっちへよろよろ、こっちへよろよろという動きですが、その後から目代役で長上下を着けた扇丞さんが登場してきます。

男は「いやというものを、大盃で三つ」と言って大笑いし、無理に飲まされてしたたかに酔った風を見せ、正先で地謡座の方を向いて横になります。
この時に鬘桶を茶壺に模して連尺をつけて背負っていますが、この左肩のみを外し右肩はそのままに寝ます。

程なくシテのすっぱ小笠原さんが狂言袴に十徳の姿で登場し、型通りに「洛中に心の直ぐにない者」と名乗ると、うち続いて不仕合わせなので今日は仕合わせをしたいと言って寝ている男を見つけます。「ちときゃつにたずさわってみようと存ずる」と言って男を起こそうとしますが「熟柿臭や、熟柿臭や」と酔っているのに辟易する風です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

茶壺のつづき

シテはアドの背負っているものに目をつけ、自分の方へ策略をめぐらしてとってしまおう(たぶん調義と言ったのではないかと思いますが)として、空いている片連尺に肩を入れて「若い者、起きて行かいでな」と呼び掛けつつ横になってしまいます。

さて目を覚ましたアドの男は、知らない男が連尺の片方に肩を入れて寝ているのにビックリ。さっそく茶壺の取り合いとなります。
アドの男は「出会へ出会へ」と大声で呼び、これにこたえて所の目代が登場してきます。
目代は男にまず身共に預けよと言い、アドはこれに従いますが、シテはその間に「既にしてやられようとした」などと言いながら茶壺を持ち去ろうとします。これをあらためて目代が留め、茶壺を預かったうえで何を揉めているのかと尋ねます。

これに答えて、アドの男は自分は中国の者だけれども、茶好きの主人の言いつけで栂尾に茶を詰めに行っての帰り、かねて知った所があり立ち寄ったところ酒を強いられ、したたかに酔って道に寝込んでいた子細を語ります。
ふと目覚めると見知らぬ男が、外した方の肩に自分の肩を入れて茶壺は自分のものだと言い出したという次第です。

シテのすっぱは、このアドの男の語る一部始終を盗み聞きしていて、目代から今度はおまえだと問いかけられると、寸分違わず同じ返答をします。

これでは判別がつかないので、目代は茶の入日記(イリニッキ)を言わせることにします。双方に入日記を知っているかと問いただした後、まずはアドの男に汝から言えと命じます。

これに答えて、男が入日記を言うことになりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

茶壺さらにつづき

男は節を付け「我が物故に骨を折る、我が物故に骨を折る、心の内ぞ可笑しき」と謡い、小アド目代が地取りの風で「可笑しき」と繰り返すと、「さ候えばこそ、さ候えばこそ、俺が主殿は中国一の法師にて・・・」と語り始めます。

一族の寄り合いに茶を点てようと、兵庫の津に出で、さらに兵庫を発って二日で栂尾に着くと、茶を買い取って兵庫を指して下ったが、こや野の宿の遊女が袖をひかえて今様を朗詠し、酒を強いたので酔って寝てしまった。するとあの古博打打ちが来て、茶壺を我が物と言い出したので判断して欲しいと、仕方を交えながら入日記を謡い舞いします。

この様子を今度もすっぱが盗み見していて、目代から今度はお前が入日記を言えと命じられると、すっかり真似て為果せます。

それでは、と目代は二人相舞にせよと言い、アドの男の真似をしながらシテのすっぱも相舞で入日記を謡い舞いします。
しかしアドの真似をしているので、シテは微妙に遅れたり、途中をはしょったりします。このあたりがシテの腕の見せ所。この一曲のハイライトということですね。
少し遅れながら、節目節目では合わせ、アドの男が調子を外させようとするのにからくもついていく様を見せます。

さてなんとか相舞も終わり「さてどうか」と詰め寄る二人に、シテは「昔より、論ずるものは中から取れ」というからと、自らが茶壺を持って逃げてしまい、二人が追いかけつつの退場となります。これは何度観ても不思議な留の形で、目代が持って行くというのは意外性のある展開ですね。

さて太一郎さんは、先日の佐渡狐に続いて拝見しましたが、生真面目な印象で、この曲の男にはちょうど良い雰囲気だったかと思います。酔ったあたりはもう少し剽げても良いかなと思いますが、いずれもう少し余裕が出てくればと思う次第。
(24分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

草紙洗 今井泰行(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2010.06.19
 シテ 今井泰行、子方 山内晶生、貫之 小倉伸二郎
  立衆 金森隆晋 今井基 藤井秋雅
  ワキ 森常好、アイ 野村扇丞
   大鼓 柿原光博、小鼓 幸信吾
   笛 一噌隆之

四月の五雲会では志賀が出ましたが、六月は草紙洗。志賀では明神にまつられた大伴黒主が、この草紙洗では悪役として登場します。
この黒主という人、六歌仙の一人に数えられる歌人ですが、実際どんな人だったのかは、よく分からないようです。謡曲では大伴と書かれますが、歴史上の人物としては大友村主黒主というのが、この人のことだとか。

大伴というと、かの大伴家持などを輩出した大伴氏を思いうかべますが、この一族は823年に大伴皇子が天皇に即位すると(淳和天皇)、皇子の名を憚って自らの氏を伴にあらためています。高校の歴史の教科書に「応天門の変」が出てきますが、この事件の中心人物である大納言伴善男は、この伴氏すなわち大伴氏の出自ですね。
黒主はこの応天門の変の頃に在世だったようですから、すでに伴氏を名乗っていた大伴氏とは別系統ということで、大友というのが正解のようです。

黒主の歌は古今集や後撰集、拾遺集などに収録されていますが、六歌仙に数えられながら百人一首には選ばれていません。私自身は和歌の素養がないため歌の善し悪しは分かりませんが、もう少し評価されても良い人ではないかとの感想を持っています。

この実際の人物像がよく分からない黒主が、能や歌舞伎に悪役として登場することになったのは不思議な話ですが、一説には、古今集仮名序の「おほとものくろぬしはそのさまいやし」という評と、黒主という名前のせいだと言われます。
さもありなんという感じがしますが、さて観能記の方は明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

草紙洗のつづき

舞台にはまず囃子無しでシテの小町が登場してきます。四季の花をあしらった紅入唐織を着流しにし、出し置きの形で正中の床几にかかります。続いて「お幕」の声がかかりワキ大伴黒主が、アイを伴って登場してきます。
白大口に紫の長絹、風折烏帽子を着けたワキは一ノ松で大伴黒主と名乗り、明日内裏で歌合があり小野小町が相手に定められたが、とても勝てそうにないので、小町の家に忍び込んで歌を盗み聞きしようと述べます。そして太刀持ち姿のアイを伴って後見座にクツロギます。

ワキがクツログとシテのサシ謡、詞になり、翌日の歌合は「水辺の草」という題であると述べて歌を案じます。「蒔かなくに何を種とて浮草の 波のうねうね生ひ茂るらん」と詠みますが、このシテの様子を覗うように後見座にクツロイでいたワキが立ち上がり、アイの従者とともに橋掛りへ進んで一ノ松あたりから歌を盗み聞きする形になります。

観世流では先に名宣笛でワキが登場して名乗り、子細を述べて後見座にクツログと、大小アシライでシテが登場し、三ノ松あたりでサシ謡、詞を述べる形になっています。喜多流も同様のようですが、それぞれに善し悪しがありそうですね。

ワキが再び後見座にクツロぎ、シテが大小のアシライで中入りすると、ワキとアイの問答になります。
ワキは正中へと出てアイを呼び出します。今の歌を聞いたかとのワキの問いに、アイは「蒔かなくに何を種とて瓜蔓の 畠のうねをまろびありくらん」と取り違えて答えます。ワキは「いやさようにてはなきぞ」と突っ込みながらも、この歌を万葉集の草紙に書き写し、古歌だと訴えて歌合に勝とうというたくらみを述べて退場します。
残ったアイは常座で、あらためて黒主のたくらみや、内裏の歌合のことなどを語り退場します。

短い前場が終わると、後場、歌合の場面となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

草紙洗さらにつづき

後場になり、次第の囃子で白大口に白狩衣、垂纓の初冠を着けた子方の帝を先頭に、後シテ小町、ツレ紀貫之、立衆三人、後ワキ黒主の順で登場してきます。子方演ずる帝は誰と特定されていませんが、貫之以下、古今集の撰者達が登場するところを見ると、醍醐天皇と考えても良さそうですね。

観世流では後のツレは紀貫之の他は、壬生忠岑、河内躬恒と官女二名とされているため、能では珍しい男女とりまぜての多人数の場面となりますが、宝生流では忠岑以下の男女四名を立衆三名にし、特に誰と特定しない形のようです。
謡には「小町を始め奉り、河内の躬恒、紀貫之、右衞門の府生壬生の忠岑」しか名前が出てきませんので、配役をこれに合わせようとすると観世流の形になりそうですが、いずれにしても多人数の華やかな場面ではあります。(右衞門の府生は壬生忠岑の官職です)

シテの小町は自邸に居る前場とは異なり、緋の大口に唐織を打ち掛けにしての登場です。貫之以下、立衆は白大口に長絹の姿ですが、後ワキ黒主は黒地の単狩衣姿で、色がこの人物を暗示している風です。

一同が向かい合っての次第謡の後、地取りで子方がワキ座で床几にかかり、貫之から立衆、ワキと舞台を囲むように座してワキが大小前あたり。シテは少し下がって着座し、歌合の場になります。
一同の登場前に、後見が小ぶりで朱塗りの鬘桶を持ち出して来たので、珍しい物と思い見ていましたが、これが子方帝の床几になりました。

一同が着座すると立衆の一人が立って、後見座から文台の作り物を出してきて正先へと置きます。立衆が「各々よみたる短冊を」と謡い出すと、シテは立ち上がって正先に出ます。「小町を始め河内の躬恒」の謡に合わせるように短冊を台上に載せて座に戻ります。
内裏清涼殿の歌合の様子が謡われ、「既に詠をぞ始めける」の謡で、貫之が正中に出て着座し「ほのぼのと明石の浦の朝霧に 島隠れ行く舟をしぞ思う」という柿本人麻呂の歌を詠じます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

草紙洗さらにさらにつづき

貫之が謡う人麻呂の歌を地謡が受け、この地謡の途中で貫之が立って元のあたりに戻って着座し「君の宣旨を待ち居たり」と帝の宣旨を待つ形になります。すると子方が貫之を呼び、まずは小町の歌を読み上げるよう命じます。

貫之は「畏まって候」と立ち上がって正先に出、文台から短冊を取り上げると、小町の歌「蒔かなくに何を種とて浮草の 波のうねうね生ひ茂るらん」を読み上げるます。
子方は「この歌に優るはよもあらじ」と褒め、貫之は元の座に戻りますが、これにワキが「暫く候」と声を上げ、これは古歌であると異議を唱えます。

子方がシテに問いただすように声をかけますが、シテは古歌というなら、古今、万葉、あるいは家の集、作者は誰かと質します。
これにワキは「草紙は万葉、題は夏、水辺の草とは書きたれども 作者は誰とも存ぜずなり」と読み人知らずの万葉集の歌であると答えます。

シテ小町は万葉の歌七千首、すべて知らぬ歌はないと反論し、言い合いになります。
これまた能としてはいささか珍しい展開ですが、詞のやり取りもなかなかに面白いところ。緊張の場面ですが、シテ、ワキの掛け合いから地謡となり、証拠を示すようにとの宣旨が下ったことが謡われます。

ワキは地謡の進行に合わせて懐中から草紙を取り出し、正先へ出て下居し草紙を開きます。「既に読まんと差し上ぐれば」と差し上げてシテの前に草紙を置くと、立ち上がって元の座へと戻ります。

シテは着座したまま自らの嘆を謡い出してシオリ、クドキで草紙を取り上げて見る形になり「この草子を取り上げ見れば 行の次第もしどろにて」と行の並びに乱れがあり文字の墨付きも違っていると謡います。
このつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

草紙洗もう一日のつづき

自分がひとり詠じたものを黒主が立ち聞きし、万葉に入筆したものであろうから、この草紙を洗いたいとの謡で、小町が貫之に草紙を洗いたい申し出る展開となり、シテは草紙を差し上げて貫之に向かう形になります。

しかし貫之は、もし(入筆で)なければ恥を重ねることになろうと言い、これに小町はやるかたないとシオリつつ立ち上がり、橋掛りへと進みます。

シテが大鼓の前にかかったあたりで貫之がシテに、その由を奏聞しようと声をかけ、正中へ進んで子方帝に向かい、あらためて帝に小町が草紙を洗いたいと言っている由を奏聞します。
シテはその間、静かに橋掛りへと進みますが、帝の勅諚を得た貫之がその由をシテに呼び掛け、シテは一ノ松あたりで立ち止まって振り返ります。シテはうれしさを謡い出し、地次第が続く内に舞台に戻って常座に立ち、地取りで下居し草紙を下に置くと「天の河原に洗いしは」と謡い出して、地謡との掛け合いで、扇を広げて水を汲み草紙に水を掛けて洗う型を見せます。

予想通りに入筆の部分だけが消えたために、「有り難や」とシテ草紙を置いて合掌し喜びを見せます。シテが子方に草紙を捧げ出ますが、ワキは立ち上がって「自害をせん」とワキ正に進みます。
しかしシテが呼び止める、帝からも許しの詞があってワキが元の座に戻ると、小町が舞うように勧めがあり、シテの物着。烏帽子を着けて中ノ舞となります。
舞い上げた後は、和歌の徳を讃えつつシテが舞い留となりました。

場面展開も面白く、能にしては珍しい劇的な要素も多々見られます。難しい心理描写的な曲ではありませんが、楽しめる一番かと思います。
(88分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

船橋 大友順(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2010.06.19
 シテ 大友順、ツレ 亀井雄二
  ワキ 御厨誠吾、アイ 山下浩一郎
   大鼓 佃良太郎、小鼓 住駒充彦
   太鼓 桜井均、笛 栗林祐輔

船橋は3年前の六月五雲会で、金井雄資さんのシテで拝見しています。凄味のあると言ったらよいのか、印象深い演能でした。(鑑賞記初日月リンク
今回は大友さんのシテ。同じ宝生流ですから、能の展開が変わるわけではありませんが、順を追いながら、今回気付いたことなど加えつつ書いてみようと思います。

ワキ御厨さんは白大口を穿き縞目の水衣に篠懸、ワキツレ野口能弘さんは水衣が紺地のヨレですが、いずれも山伏の姿。次第の囃子で登場して「山路を分くる篠懸は 山路を分くる篠懸は いつも露けき袂かな」と次第を謡い、ワキの詞で熊野の山伏だが東国修行に向かうと述べます。この次第謡、上掛の本では「山また山の行く末や 山また山の行く末や 雲路のしるべなるらん」とありまして、この日の謡は喜多流などと同文。ああワキ宝生って下掛りなんだなあとあらためて思うところです。

ワキ、ワキツレは道行を謡い、上野の国佐野に着いて心静かに一見しようと着座します。一声の囃子が奏されシテ・ツレの男女が登場してきます。
ツレの女が先に立ち紅入唐織の着流し、後からのシテは白大口に掛素袍、直面での登場です。この地の男女の霊なわけですが、生前の姿で現れたという設定です。大友さんは美形でらっしゃるので、若くして亡くなった男女という悲劇の主人公にはふさわしいところ。

ツレが一ノ松、シテは二ノ松あたりで向かい合って一声を謡います。
さらに正面に向き直ってシテのサシ謡「往事渺茫として何事も。身残す夢の浮き橋に」続いて二人向き合って「なほ数添えて・・・」と謡います。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

船橋のつづき

二人は下歌、上歌と、後の世のため生死の海を渡る船橋を作ろうと謡い、上歌の後半「二河の流れはありながら」あたりから橋掛りを進んで舞台に入り、ツレは目付に、シテは「誠の橋を渡さばや」の謡いっぱいに正中に出てワキに向かいます。

ワキに対峙する形になったシテは「いかに客僧」と呼び掛け、橋の勧進に入るように勧めます。ワキはシテ・ツレが俗の身であるのに橋を架けようと思い立ったことを褒めますが、シテは必ず出家でなければならないものでもないだろうと言い、ワキが橋の謂われを問うたのに答えて、橋をめぐっての問答となります。

ワキの問いに、シテは万葉集の歌に「東路の佐野の船橋とりはなし」とあることを指摘します。さらにシテは、ワキ達が山伏なので特に橋を渡してほしいと言いますが、ワキはなぜ山伏だと特に橋を渡すべきなのかと問い返します。

これに答えて役行者が葛城の岩橋を架けた話を語り、地の下歌から上歌「処は同じ名の」の打切でツレが笛座前に着座します。
一方シテは謡に合わせるように舞台を左へ廻って、大小前から常座へ進みます。

ワキは先ほどの歌の「とりはなし」が「取り放し」と「鳥は無し」と二つの読みようがあるが、どういう謂われかと問います。
実は今回、気になって万葉集を調べ直して見たのですが、巻十四、3420番に「上つ毛野佐野の舟橋取り離し親は放くれど我は離るがへ」とあり、この歌を引いたようです。

これに答えて、シテは常座から正中に出て下居し船橋をめぐる男女の物語を語ります。
昔この船橋を道として、男が忍妻に夜な夜な通ううちに、二親がこれを厭い、橋の板を取り放して置いた。それを知らずに橋を渡り、水に落ちて死んでしまったという話。

これを地謡が引き取り、さらにクセになります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

船橋さらにつづき

クセは居グセですが、クセの終わり「船橋も古き物語。誠は身の上なり我が跡弔いてたび給へ」の詞章にシテはワキに向いて合掌。
合掌を解いて「夕日漸く傾きて」と上げ端を謡い、立ち上がって「中有の道も近づくか」と正先へ出「橋と見えしも」と下を左右に見廻す形。

謡に合わせ舞いつつ、最後に小さく廻って常座で正面を向いて中入りとなります
以前にも書いた通り、ツレは中入りせず後見座にクツロギます。

アイは狂言座から進み出て、用事があると出かけた風で目付に出てワキに気付く形です。ワキとの問答からアイの語りとなり、さらにワキの待謡です。

囃子が出端を奏し、いよいよ後シテの出。黒頭に袷法被を肩脱ぎにし半切を着けて登場してきます。

シテが三ノ松にさしかかったあたりで、後見座にクツロいでいたツレが立って正中へ出、シテは一ノ松あたりまで進んで留まります。
ツレの謡で「行者の法力で成仏した」と述べますが、代わってシテは自分は妄執が強く浮かびかねると述べ、地謡の「これ見給へ浅ましや」で舞台へ入り、常座でシカケ開キします。

ワキが昔を懺悔し給えと促し、シテは仕方話に昔を語り出します。
「真如の月も出つべし」でツレがワキ座に向かい、ワキが一つずれてツレが着座します。シテ・ツレの掛け合いの謡から「共にこがるる思い妻。宵々に」と謡って立廻りとなります。
以前書いたように観世流では「思い妻」と謡って立廻りになり、その後「宵々に」となります。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

船橋さらにさらにつづき

一昨日の夜遅くから、突然ネットに繋がらなくなってしまい、昨晩は更新が出来ませんでした。
ルーターなど、電源を落としたり、ケーブルを繋ぎ直したりなど、様々にトライした結果、ようやく復活。いやはや大変でした。
というわけで、本日は船橋の観能記、最後の部分です。

立廻は角からワキ座前、大小前へと舞台を廻り、小回りして開キ。拍子を踏んで正先へと出て、開いて目付に行き扇を広げて正中へ。さらに大小前へ戻ってシカケ開キと、舞台を一周半するような形です。
立廻の後は謡いつつ「さえ渡る夜の」と左袖を被き、地謡が受けての「丑三寒き」で橋掛りへ進み一ノ松へ。ツレが立ち上がると「岸に見えたる人影はそれか」と雲扇してツレを遠く見込みます。「心うれしや」とユウケンで喜びを示す形です。

「互いにそれぞと見えし中の」と拍子を踏み、シテ柱に寄って「橋を隔てて立来る波の」と遠くツレの方を見る形。さらに足拍子を踏むと「羽根の橋か鵲の」と舞台に入り、「放せる板間を」と正中へ出て「かっぱと落ちて沈みけり」で拍子を踏んで飛び安座、面を伏せます。

この展開は、船橋という一曲のハイライトということになりますね。互いに出会う喜びに勇んで橋を進むと、外されていた板の間に川面へと落ちてしまう、その驚きと苦しさを一瞬の飛び安座に表現しています。

この後はキリの部分、執心の様を謡い舞いますが、打杖を抜いて振り上げるなど、邪淫の悪鬼の様であるものの、何ともいえぬ悲しみを感じるところ。
最後に、昔語りの懺悔と行者の法力によって「浮かめる身とぞなりにける」となり、打杖を捨てて合掌し留の拍子を踏みます。

金井さんの時とは、また違った印象でして、大友さんらしい優しさと悲しさを感じたところです。
(71分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

文蔵 野村扇丞(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2010.06.19
 シテ 野村扇丞
  アド 山下浩一郎

文蔵は、このブログでは平成18年に大藏流善竹十郎さんの鑑賞記を書いています。
鑑賞記初日月リンク

この曲は流儀による違いをさほど感じません。なんといっても「源平盛衰記、石橋山の合戦のところをすいてよむ」という主人が、その読み物を仕方を交えて語るというのが眼目の曲ですから、この部分は動きません。したがって曲の展開にそうそうバリュエーションが出ることもないのでしょうね。
(今、手に入る源平盛衰記のテキストには、私の見た限りではこの「語り」の部分と同文のものがありませんが、かつてそういうものがあったのかも知れません)

さて舞台上には長上下のシテ主が登場し、続いて登場したアドの太郎冠者は大小前に控えます。シテは常座に出て名乗り、一人召し遣う下人が暇乞いもせずにどこかへ出かけたので叱りに来たと言って、太郎冠者を呼び出します。
ワキ座に出て作り声をし、太郎冠者を呼び出して叱りつけますが、この展開は二千石と同様です。

この主従のやり取り、主人の叱責に常座へと急ぎ下がって平伏する太郎冠者に、主人が「俄の慇懃迷惑いたす、ちとお手を上げられい」と声をかけたり、「一人召し遣う下人が京内詣をすれば、主に暇を乞わぬが法ですか」と小刀に手をかけて迫るなど、型通りですが、考えてみれば日本語の変遷がうかがえるところで興味深い部分です。

結局は京都のことも聞いてみたいという興味もあり、主人は太郎冠者を許して次の場面へと展開していきます。
主人の伯父の所に寄って、何やらご馳走になってきたという太郎冠者に、何を食べたのか聞きたくて仕方ない主人という想定。さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

文蔵のつづき

さて太郎冠者が何を食べたか聞きたくて仕方ない主人が、様々な食べ物を並べる部分、これもなかなかに興味深いもの。
家によって微妙に違うようですが、まずは昆布に山椒を巻いて梅干しで良い茶を飲んだかと問い、違うというので点心の類として、饂飩(うんどん)、ぬる麦、あつ麦、どうじゅ麦、饅頭と数え上げます。そのようなものではないという太郎冠者に、それでは羹の類かとして、砂糖羊羹、きょ羹、うんぜん羹、もんぜん羹、だいかん、しょうかんと数え上げます。

多くはどんな食べ物か想像もつきませんし、だいかん、しょうかんは羮にひっかけて大寒、小寒を持ち出したのでしょうか。ともかくこういう言葉遊びのような展開は聞いていても楽しいもの。

そしていよいよ主人が読む本の中にある物を食べたと太郎冠者が思い出し、主人が読み物を語ることになるわけです。

正中で床几にかかったシテが、ゆったりと語りはじめ、だんだんに調子を上げながら仕方を交えて語ります。
興が乗ったところで、突然語りをやめて「所をばし食らうてあるか」と主人が問いかけ、太郎冠者がその様な物ではないというのを何度か繰り返します。この落差が面白いところですね。

最後は「真田の与市が乳母親に文蔵と答うる」に、その文蔵を食ったと太郎冠者が言い、それは温糟粥のことと気付いたシテが、太郎冠者を叱って留めるわけですが、ばかばかしいと言えば、ばかばかしい落ちを、真面目な語り物の後に持ってくる展開が狂言らしいところですね。

語りの部分のみが上下姿で演じられることもある曲ですので、ある意味、狂言方の見せ所という曲ですが、私としては、だんだん調子の上がってくる語りと、突然に「所をばし食らうてあるか」と問う落差の面白さが大切に思えるところです。

扇丞さんは、この曲を重く扱っている感じで、全体の展開もゆったり目でした。語り物中心の重い曲ですし、そういう雰囲気は強く感じるところでしたが、もう少し語りの調子が上がっていった方が、より落差が強調されて面白かったのでは、と思った次第です。
(31分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

梅若会定式能を観に行く

梅若会定式能を観に、東中野の梅若能楽学院会館に行ってきました。

梅若能楽学院会館は、学生時代には何度か行ったことがあるのですが、卒業以来ですから、たぶん三十何年かぶりです。地下鉄で行った方が近そうなのですが、東中野の駅から歩いてみました。西口を戻るように下りた階段の出口近くに床屋さんがありまして、ここは三十数年前も営業していたような記憶があります。

いざ会館に近づいてみると、なんだか景色が変わってしまったようで「はてこんな所だったのか」となんだか浦島太郎のような感じです。
会館内も見所には階段を上らなくてはならないのですが、「こんなだったかなぁ」とどうも記憶がはっきりしません。
とは言え、見所に入ってみるとなんだか「ちょうど良い」感じの舞台、見所のサイズです。
実はこの会館の舞台、私が生の演能を最初に観た場所でして、その時の印象が「すり込み」ではありませんが、私の好みを形作っているのかも知れません。

ワキ正の奥は桟敷席になっています。正面も桟敷になっていたような記憶があるのですが、現状では正面の奥は、一般席とは区切られた形で別の椅子席になっています。もしかしたら改装したのかも知れません。
そういえば当時からなぜ「学院」なのか不思議に思っていたのですが、なんでも梅若六郎家が第二次世界大戦後に東中野に転居してきた後、当地に舞台を作ろうとしたところ、住宅専用地域に指定されていて舞台建設が出来ないことが判明したそうです。しかし調べてみると「学校」なら大丈夫ということで、能楽を教える「学院」として認可を受けた、ということのようです。

能二番、角当直隆さんのシテで知章、松山隆之さんのシテで野守の二番です。
狂言は万之介さん、石田幸雄さん、高野和憲さんで貰聟。それに仕舞が三番という番組なのですが、急に所用が出来てしまい、狂言まで観たところで帰らざるを得なくなってしまったのが残念なところです。
角当さんの知章、なんだかとても良かったし最後まで観たかったのですが・・・

観能記は後ほど
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

小鍛冶 佐野弘宜(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2010.06.19
 シテ 佐野弘宜
  ワキ 大日向寛、アイ 高部恭史
   大鼓 亀井洋佑、小鼓 田辺恭資
   太鼓 金春國直、笛 成田寛人

諸般ありまして、更新が少し飛んでしまいました。先月の五雲会、最後の曲「小鍛冶」の鑑賞記がまだでしたので、続けます。

昨年6月の金剛流潤星会で、山田夏樹さんの演能を観て鑑賞記を書いています。(鑑賞記初日月リンク
今回は宝生流ということですが、流儀による違いをあまり感じない曲です。小書が付くとそれぞれに演出の工夫があるようですが、小書無しの場合は観世流にやや違いがある程度でしょうか。

さて舞台には、まずワキツレの森常太さんが白大口に紺地の袷狩衣、洞烏帽子を着けた大臣姿で登場し、常座へと進んで名乗ります。山田夏樹さんの時にも書きましたように、このワキツレは一条院に仕える橘道成と名乗りますが、橘氏の一族で道成という名前の公卿は見あたりません。ちょっと気になるところですが・・・

一条院の命で三条の小鍛冶宗近の私宅へ急ぐ、と言ってワキツレは橋掛りに入り、一ノ松あたりから幕に呼び掛けます。
これに答えて、幕からワキ宗近の大日向さんが登場してきます。白大口に黒の掛け直垂、士烏帽子を着けた定番の姿ですが、いつもよりやや力の入った感じ。
幕を出たワキと、ワキツレの問答となります。

相鎚を打つ者がいなくては剣が打てないと、宗近は返事をためらいますが、ともかく承るようにと道成が言い、これを受けてワキの謡。
地謡が引き取ると、ワキツレはワキ座にと向かい、ワキは三ノ松に立って一度正面を向きます。さらにワキは橋掛りをゆっくりと進んで舞台へと向かい「それのみ頼む心かな」という地謡の謡いっぱいに常座に立ちます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

小鍛冶のつづき

ワキは常座に立つと「これは一大事のことを仰せ出されて候」と困った様子を述べます。自らの氏の神が稲荷明神なので、稲荷に参詣して祈誓しようと述べてワキ座の方へ向かおうとしますが、その間に幕が上がり、ワキが「祈誓申さばやと存じ候」と言いつつ大小前を過ぎるあたりで、シテの呼び掛けになります。

シテは呼び掛けつつ歩み出します。黒頭に朱地の小袖を着流しにし緑の水衣という、田村の前シテと同様の姿です。金剛の山田さんのときは水衣を浅葱のものにしていましたが、いささか印象が変わります。

型通り、シテ、ワキの問答の内にシテは橋掛りを歩んで「げにげに不審はさることなれども」でシテ柱あたりから舞台へと入り常座へと立ちます。
ワキの「天に声あり」シテの「地に響く」から地謡の上歌。ワキは地謡座の前に着座し(ワキ座には既にワキツレが座っています)、シテは「隠はあらじ殊になお」と目付に出て開キ、一度ワキに向かい合うと、正中から常座へと戻って「などかは適わざるべき」とワキに向かって開きます。

地のクリの謡となり、シテは大小前から正中へと出て着座し謡を聞く形になります。シテと地謡の掛け合いで剣の威徳が謡われたのに続いて地謡のクセ。こちらは本朝の、大和武尊の東征の話が謡われます。居グセで謡を聞く形です。

「遠山に見ゆる初雪を 眺めさせ給いしに」と目付柱の方角に雪山を見る形から、シテが「夷四方を囲みつつ」と謡って戦いの場面になり、シテは「尊剣を抜いて」と扇を剣に見立て、立ち上がると正先へ出ます。

「炎も立ち退けと」と大小前へ。さらに「剣の精霊嵐となって」で六拍子を踏みます。地謡の謡う草薙の剣の故事に合わせて舞台を廻り、「伝ふる家の宗近よ 心やすく思ひて下向し給へ」の謡いに常座へ回ってから正中まで出、ワキに向かって下居します。
金剛の山田さんのときと、立ち上がったところは同じですが、その後の型や立ち位置などは微妙に異なります。

ワキの問いかけに、シテは「よし誰とてもただ頼め」と謡い、地謡に乗せて立ち上がると、舞台を小さく廻って常座で小回りし、来序で中入です。ワキも立ち上がって中入。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

小鍛冶さらにつづき

シテ、ワキが幕に入ると、囃子は狂言来序になり、アイ稲荷末社の神が登場してきます。末社神の常の出立ですが、常座で「稲荷大明神に仕える末社」と名乗った後は、稲荷明神の神徳を語って退場します。なんだか途中、詞章の繋がりが妙に感じたのですが、とはいえ間狂言の詞章を手元に持っていないため、このあたりは想像の内です。

アイが退場すると後見が壇になぞらえた一畳台を運び出してきます。注連縄がはられ紙垂(しで)が七つ下げられています。幣を置いて後見が退場すると後ワキの出。
白大口に緑地の直垂、風折烏帽子の姿で、囃子無しで登場するといったん鏡板にクツロギます。
囃子がノットを奏し始め、ワキは台に上って右手に幣を持ち「宗近勅に随って、すなわち壇に上がりつつ」と謡い出します。ここはワキの謡の聞かせ処でもあり、朗々と謡い上げます。

地謡が受けると「幣帛を捧げつつ」とワキは幣を左手に取り、両手を突いて拝してから「謹上再拝」と謡いつつ幣を振り、囃子が早笛となります。
ワキは立って段を下り、地謡座前に下がって幣を後見に渡し、片袖を脱いでシテの出を待ちます。

シテは法被、半切、狐を戴き、右手に鎚を持った姿で幕から姿を現しますが、一度鏡の間に下がり、あらためて登場すると一気に常座まで出ました。地謡の「いかにや宗近勅の剣」で六拍子を踏んで踏んで大小前へと移り、常座に戻って小回りし開いて舞働となります。

舞上げると「童男壇の上に上がり」と謡い、台上に上るとワキも続き、二人で鎚を打ち、剣を打ち上げます。

ワキが「かくて御剣を打ち奉り 表に小鍛冶宗近と打つ」と謡い、シテは立ち上がりつつ「神体時の弟子なれば 子狐と裏にあざやかに」と謡い、剣を持って台を下ります。
ここからは、キリの仕舞としてよく演じられるところですが、ワキツレに剣を捧げると橋掛りを進み、最後は三ノ松で留の拍子を踏みました。
一日の会の終わりらしい目出度い気分、さわやかな一曲でした。

ところで、学生時代、某女子大の能楽研究会に小鍛冶さんという方がいらっしゃいました。宗近に縁のある方なのか、そのあたりは分かりませんが、素敵な方だったと記憶しています。
(55分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

知章 角当直隆(梅若会定式能)

観世流 梅若能楽学院 2010.07.18
 シテ 角当直隆
  ワキ 殿田謙吉、アイ 竹山悠樹
   大鼓 亀井広忠、小鼓 観世新九郎
   笛 藤田次郎

この知章(トモアキラ)という曲は初見です。あまり見かけない曲と思っていたのですが、久しぶりに大角征矢さんの観世流演能統計を見てみたら167位だそうで確かに見かけないわけです。
(大角さんの演能統計は玉壷庵主人 久下昌男さんのサイト氷心玉壷にあります。演能統計のページ

今回拝見した印象としては「案外面白い曲なんじゃないの」という感じなのですが、なかなか演じられないのはどういう次第なのか。ともかく曲の様子を書き留めておこうと思います。

当日の夜にブログに記載した通り、梅若能楽学院を訪れたのはおそらく三十年ぶり。舞台の細かい様子など、正直のところ覚えていませんでしたが、なんだか見所の雰囲気がとても馴染みます。いささか小振りですが、舞台上の息遣いが聞こえてくるようで、私としてはちょうど良い印象です。
舞台や見所の様子に見とれていて、配役を確認していないままにお調べが始まりましたが、良い雰囲気です。笛の音がきれいだと思って聞いていましたが、橋掛りに姿を現したのは藤田次郎さん、なるほどと思ったところです。

まずは次第の囃子。ワキ僧の殿田謙吉さんは角帽子の着流し僧で、ワキツレ則久さんと野口能弘さんの従僧を従えての登場です。殿田さんのワキはふわっとした印象で、いつの間にか舞台へ進んできたという感じ。いつもながらではありますが、こういう夢幻能のワキとしては似つかわしい雰囲気です。

型通り向き合っての次第謡の後、ワキは筑紫方より出でたる僧と名乗り、都一見を志して上るところと言って、道行の謡になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

知章のつづき

型通りの道行ですが「八重の潮路」と謡って海路を進む様子。謡の最後「浦なる関に着きにけり」でワキツレ二人がするすると舞台を横切って地謡前に進み着座します。
ワキは、何処とも知らぬ浦に舟が着いたと言い、人が来たならこの辺りの様子を聞こうなどと述べますが、追善のためか平知章と書かれ、様々に要文が記された卒塔婆を見つけます。正中に立って正先を眺め卒塔婆を見る形です。

知章というのは平家一門の誰なのだろうかなどと独白しているうちに幕が上がり、ワキが「あらいたわしや候」と述べてワキ座へ向かうと、シテが「のうのう御僧は何事を仰せ候ぞ」と呼び掛けます。直面で、白大口に段熨斗目、掛け素袍の姿です。
角当直隆さんは40歳を少し過ぎられたところか、玄祥さんの演能の際などにお姿を見かけたことはありますが、役をなさるのを拝見するのは初めてです。呼び掛けの声は良い雰囲気で、期待が高まるところ。

シテの問い掛けに、ワキはワキ座に立って、平知章と書かれた卒塔婆に弔いをしていると答えますが、これに対しシテは橋掛りを歩みつつ「げにげに遠国の人にてましませば、知ろし召さぬは御理。知章とは相国の三男、新中納言知盛のご子息にて候」と言います。

このやり取り、なんとなく収まりが良くありません。
実は喜多流の本を見ると、ワキはこの日の下掛り宝生流同様に「さん候、これなるしるしを見れば、平の知章と書かれて候ほどに、いたわしく思い逆縁ながら弔いを仕りこそ候え」と答えるのに対して、シテが「武蔵の守知章は・・・」と延べ始める形になっていまして「げにげに遠国の人 云々」のくだりがありません。知章の素性をめぐるやり取りがないわけです。
一方観世流の本では、シテの呼び掛けにワキが答える中に「平の知章と書かれて候。御一門の御中にて候やらんと・・・」とあって、先ほどの独白を繰り返す形で知章の素性を知らないないことを強調しています。そこでシテが「げにげに・・・」と言うのが納得いきます。
それぞれの本の形だと収まりが良いのですが、観世と下掛り宝生の組み合わせだと、このやりとりにいささか違和感を感じますね。

ともかくも知章が一ノ谷の合戦で亡くなり、今日がその命日のその月、その日にあたっていると述べながらシテは橋掛りを進んできます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

知章さらにつづき

シテは橋掛りから舞台に入り「時もこそあれ御僧の 今日しもここに来たり給い 回向し給う有り難さよ」と常座に出てワキの方を向きます。
シテの詞が続き、ワキが受けての掛け合い。ワキは「思いの玉の数繰りて」と謡いつつワキ座前に正先を向いて座し、一方シテは「弔うことよさなきだに」と謡いつつ正中に出て座し、二人合掌して同吟「一見卒塔婆永離三悪道・・・」と知章の卒塔婆を弔う形になります。

地謡の下歌でシテは合掌を解いて構えます。ワキは合掌したまま下歌を聞き上歌の前で合掌を解きます。さらに上歌「唯一念の功力だに」を聞いてワキは立ち上がり、ワキ座に直り、卒塔婆をともに拝する形からシテと向き合う形になります。

昨日もシテ・ワキのやり取りの収まりが悪いと書きましたが、そもそもこの知章という曲、流儀による詞章の違いが割合大きい曲のようで、このワキの問いとそれに対するシテとのやり取りも流儀によってかなり違います。
いつぞやコメントをいただいたように、下掛り宝生流のワキは喜多流の本と共通する部分が多いのですが、ここでも喜多の本同様に「さて知盛も知章と一所に果て給いて候か」と問いかけます。喜多の本ではこれにシテが「さん候知盛も討たれ給うべかりしを、子息武蔵の守かけふさがって、親をば助けその身は討たれぬ」と答え、それから知盛の様子をワキの問いを交えながら語る展開になっています。

観世の本ではワキがいきなり「さて知盛の御最期は何とかならせ給いて候ぞ」と問いかけ、シテは「さん候知盛は、あれに見えたる・・・」と知盛が御座船にたどり着いた様子を語り出し、知章が知盛を助けて討たれた話が出てきません。

そもそもこの能は、父知盛を助けようとして討たれた知章が主人公なのですが、その知章の死を思う知盛の心中、知盛の乗馬との別れ、御座船の様子などなど、盛り沢山に描かれています。当日いただいた玄祥さんによる演能解説にもそうしたところから、演じ手にとって難儀な曲で、なかなか上演されないという趣旨の話が書かれています。

そのあたりをなんとか整理しようとして、流儀毎の詞章の差異も大きくなったのかも知れません。
ともかくもつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad