FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老さらにさらにつづき

続いてロンギ。地との掛け合いですが「彭祖が菊の水・・・」の謡はシテツレの同吟です。二人してワキを向いた後、地謡でシテは目付に出、さらに謡いながら角トリ、左へ廻って大小前へと進み「翁も養われて」と杖を後見に渡して扇を広げ、「この水に馴れ衣の」と正先に出て扇で水を汲む型を見せます。立ち上がって「影さえ見ゆる山ノ井の」と井戸を覗く形になり、常座へと下がってからワキに向かって正中へと進み下居します。

ワキが「実にありがたき薬の水・・・」と言い、シテ、ワキと詞から謡に展開して、中入前の地謡の上歌「言ひもあへねば不思議やな・・・」となります。「天より光輝きて」でシテ、ツレともに腰を浮かせ、シテは杖取って立ち上がり、そのまま橋掛りへと進みます。このシテにツレも従い、二人は来序で中入りし、代わって狂言来序でアイが登場してきます。

間狂言は護法善神に仕える山の神と名乗ります。いわゆる末社出立で、面は登髭の類なのかよく分かりませんでしたが、末社頭巾に緑のヨレの水衣、括り袴をつけています。立ちシャベリで養老の滝の謂われを語ると、客人(マレビト)に御礼を申そうといって目付柱まで出て両手を突き、ワキの一行に挨拶する形になります。

守護善神が罷り出でて舞楽をお見せするだろうが、自分たちのような者も舞でもてなそうと口上を述べると、立って常座に戻ります。
「日本一のご機嫌に申し上げた・・・」と自らも喜び「めでたかりける時とかや」と謡いつつ常座から大小前へと舞台を一回りし、答拝して三段ノ舞になります。

三段ノ舞を舞い上げると「やらやらめでたやめでたやな」と謡い出し、謡いつつの舞になります。我等のようなる山の神の現れ出でてと謡い、最後は常座で足拍子を踏んで、舞い終えると退場します。

高梨さんのときは大藏流でしたので、間狂言はごま塩の髭をつけた里人で、三段ノ舞の後に泉のお陰で若くなったとごま塩の髭を取ると、下から黒い髭が現れるという趣向でした。和泉流の替え間「薬水」では、老人数人が腰を曲げて登場し、水を飲んで若くなる様を一番の狂言として演じますが、常の形はいわゆる末社ということですね。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。