FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老もう一日のつづき

さて間狂言が退場すると、出端の囃子が奏されて後シテの登場になります。
高砂同様に、白大口に袷狩衣、唐冠を着け邯鄲男の面。何度も書いていますが、私はこの神舞を舞う男神が登場する神能が好きで、後シテの登場ではついつい気持ちが盛り上がります。

シテはすすっと歩みを早めて舞台に入り常座まで出て「ありがたや治まる御代の習とて」と謡い出しますが、これもこの種の曲の常としてさらさらと流れるような謡。
このブログで以前取り上げた観世流高梨さんの養老は、水波之伝の小書が付いていたため、先に後ツレ天女が登場して後シテを招く形になりますが、今回の形が本来の演出。

地謡になるとシテは目付に出、さらに「我はこの山 山神の宮居」と謡いつつ開キ、さらに角トリから舞台を廻って大小前へと戻ります。地「衆生済度の方便の声」シテ「峰の嵐や谷の水音滔々と」とシテは目付へ出、袖褄取って大小前へと戻り、地謡が気を変えて運びを早める中、答拝して神舞となります。
神舞の囃子の早さが小気味よく、流れるようなシテの舞が続きます。

神舞を舞上げると、シテのワカで上げ扇。地謡が受け、さらにシテが目付に出て「水滔々として波悠々たり」と謡いいます。キリの「君は船 臣は水」の謡になり、最後は「浮き立つ波の 返す返すもよき御代なれや」と正先で両袖巻き上げて常座へ進み、直して留拍子を踏みました。
シテの水上優さん、しばらくぶりに拝見しましたが、相変わらず端正な姿。人柄が表れているような優しさのある舞でした。
(82分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。