FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛冶 佐野弘宜(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2010.06.19
 シテ 佐野弘宜
  ワキ 大日向寛、アイ 高部恭史
   大鼓 亀井洋佑、小鼓 田辺恭資
   太鼓 金春國直、笛 成田寛人

諸般ありまして、更新が少し飛んでしまいました。先月の五雲会、最後の曲「小鍛冶」の鑑賞記がまだでしたので、続けます。

昨年6月の金剛流潤星会で、山田夏樹さんの演能を観て鑑賞記を書いています。(鑑賞記初日月リンク
今回は宝生流ということですが、流儀による違いをあまり感じない曲です。小書が付くとそれぞれに演出の工夫があるようですが、小書無しの場合は観世流にやや違いがある程度でしょうか。

さて舞台には、まずワキツレの森常太さんが白大口に紺地の袷狩衣、洞烏帽子を着けた大臣姿で登場し、常座へと進んで名乗ります。山田夏樹さんの時にも書きましたように、このワキツレは一条院に仕える橘道成と名乗りますが、橘氏の一族で道成という名前の公卿は見あたりません。ちょっと気になるところですが・・・

一条院の命で三条の小鍛冶宗近の私宅へ急ぐ、と言ってワキツレは橋掛りに入り、一ノ松あたりから幕に呼び掛けます。
これに答えて、幕からワキ宗近の大日向さんが登場してきます。白大口に黒の掛け直垂、士烏帽子を着けた定番の姿ですが、いつもよりやや力の入った感じ。
幕を出たワキと、ワキツレの問答となります。

相鎚を打つ者がいなくては剣が打てないと、宗近は返事をためらいますが、ともかく承るようにと道成が言い、これを受けてワキの謡。
地謡が引き取ると、ワキツレはワキ座にと向かい、ワキは三ノ松に立って一度正面を向きます。さらにワキは橋掛りをゆっくりと進んで舞台へと向かい「それのみ頼む心かな」という地謡の謡いっぱいに常座に立ちます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。