FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛冶さらにつづき

シテ、ワキが幕に入ると、囃子は狂言来序になり、アイ稲荷末社の神が登場してきます。末社神の常の出立ですが、常座で「稲荷大明神に仕える末社」と名乗った後は、稲荷明神の神徳を語って退場します。なんだか途中、詞章の繋がりが妙に感じたのですが、とはいえ間狂言の詞章を手元に持っていないため、このあたりは想像の内です。

アイが退場すると後見が壇になぞらえた一畳台を運び出してきます。注連縄がはられ紙垂(しで)が七つ下げられています。幣を置いて後見が退場すると後ワキの出。
白大口に緑地の直垂、風折烏帽子の姿で、囃子無しで登場するといったん鏡板にクツロギます。
囃子がノットを奏し始め、ワキは台に上って右手に幣を持ち「宗近勅に随って、すなわち壇に上がりつつ」と謡い出します。ここはワキの謡の聞かせ処でもあり、朗々と謡い上げます。

地謡が受けると「幣帛を捧げつつ」とワキは幣を左手に取り、両手を突いて拝してから「謹上再拝」と謡いつつ幣を振り、囃子が早笛となります。
ワキは立って段を下り、地謡座前に下がって幣を後見に渡し、片袖を脱いでシテの出を待ちます。

シテは法被、半切、狐を戴き、右手に鎚を持った姿で幕から姿を現しますが、一度鏡の間に下がり、あらためて登場すると一気に常座まで出ました。地謡の「いかにや宗近勅の剣」で六拍子を踏んで踏んで大小前へと移り、常座に戻って小回りし開いて舞働となります。

舞上げると「童男壇の上に上がり」と謡い、台上に上るとワキも続き、二人で鎚を打ち、剣を打ち上げます。

ワキが「かくて御剣を打ち奉り 表に小鍛冶宗近と打つ」と謡い、シテは立ち上がりつつ「神体時の弟子なれば 子狐と裏にあざやかに」と謡い、剣を持って台を下ります。
ここからは、キリの仕舞としてよく演じられるところですが、ワキツレに剣を捧げると橋掛りを進み、最後は三ノ松で留の拍子を踏みました。
一日の会の終わりらしい目出度い気分、さわやかな一曲でした。

ところで、学生時代、某女子大の能楽研究会に小鍛冶さんという方がいらっしゃいました。宗近に縁のある方なのか、そのあたりは分かりませんが、素敵な方だったと記憶しています。
(55分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。