FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

知章さらにさらにつづき

ともかく下掛り宝生のワキなので、ワキは知盛と知章は一所に果てたのかと問いかけ、シテは知章には触れずに「さん候知盛は あれに見えたる釣舟の程なりし」と腰を浮かせて遠く釣舟を見る形から、はるか沖の御座船に追いついて助かったと答えます。

さらにワキの問いに答えてシテは、知盛が井上黒という名馬に乗って海面を泳ぎ切り、御座船に追いついたものの、船中には馬をのせる場所が無く、馬はもとの汀に泳ぎ戻った。この馬の様子に見る人々が哀れを催したことを語ります。

越鳥南枝 胡馬北風の言葉を織り込んだ地謡が謡われ、続いてロンギ。シテの謡で、自身も一門の内であることが明かされますが、名を問うのには答えをはぐらかしつつ中入。
地謡の「帰る方を見れば」に腰を浮かせて振り返るようにして幕を見込んだ後、目付柱の方に体を戻して立ち上がり、常座へ回って「後ろ影も失せにけり」と中入りします。一噌流につき送り笛が吹かれますが、さてその常座で向きを変える際に、やや目を閉じるような感じがありました。直面も面をかけているのと同様ですから、表情を動かさないのが基本でしょうけれども、なんだかその目を閉じたような雰囲気に大変味わいがありまして、さて演出だったのか偶然だったのか、としばし考えたところです。

アイが立ち上がって常座に出、須磨の里に住まいする者と名乗り、この間は浦辺にも出なかったので今日は浜の態を見ようと存ずると言って目付に出てきます。
ここで型通りワキ僧に気付いて声をかけ、正中に移って着座してワキとの問答。ワキに問われる形で知章の最後を語ります。
知章が亡くなったのは三年前の当月当日、正命日であると述べワキ僧にさらなる弔いを勧めます。

アイが退場すると、ワキは先ほどの男は知章の幽霊が現れてきたのだと述べ、待謡を謡います。待謡の終わりにヒシギが吹かれ一声の囃子となって後シテの出です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-08 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。