FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

百萬のつづき

アイは大小前で扇を広げて、翁のように口元を隠すような形にし「南無釈迦牟尼仏 南無釈迦 釈迦 釈迦」と謡い出し、地謡がつけて、さらにアイが謡い舞う形になります。

この内にシテの出となり、箔を腰巻にし濃い緑の長絹に烏帽子を着け、右手に笹を持ったシテが登場してきます。
万三郎さんのシテを拝見するのは一昨年以来ですが、何ともいえず典雅な雰囲気を感じます。品なんでしょうかねぇ。

さてシテは、調子に乗って念仏の拍子を取っているアイに近づくと、持っている笹でアイを打ちます。アイは驚いて「蜂が刺いた」とワキ座に逃げ、シテは「あら悪の念仏の拍子や候。わらわ音頭を取り候べし」と言って、常座で念仏の音頭を取り始めます。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と地謡と掛け合いの謡となり、常座から二三足出たシテはワキ正で「雲晴れねども西へ行く」と振り返り、さらに左袖を返して左右、打込開きと謡に合わせて型を見せつつ、角に出て、太鼓が入っての大ノリの謡で「力車に七車」地謡「積むとも尽きじ」シテ「重くとも 引けやえいさらえいさと」と、いわゆる車ノ段の謡い舞いになります。

「頼めや頼め南無阿弥陀仏」と車ノ段が結びになり、ノリが平ノリに代わって「げにや世々毎の」と笹ノ段に移ります。
仕舞でもよく取り上げられる部分ですが、「なほ三界の首枷かや 牛の車の永久に」と正中に出て両手を上げて足拍子を踏みます。
この型、肘を曲げてあげた両手をやや頭の方に寄せ、首枷を象徴するように見せるのが普通ですが、万三郎さんは両手をやや開いてあげたのみで、首枷のような形にはしませんでした。このあたりは万三郎さんの美意識なのかもしれません。

笹ノ段は見せ場が続き、詞章に合わせての舞が面白いところ。「裾を結びて肩にかけ」と笹を上げて肩に担い、開いて拍子を踏むと「南無阿弥陀仏と信心を致すも我が子に逢わんためなり」と笹を両手に持って正先へ出、下居して笹を置き両手を合わせ合掌の形で結びます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-09 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。