FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

東北さらにつづき

アイが下がるとワキの待謡。
「夜もすがら 軒端の梅の蔭にいて 花も妙なる法の道 迷わぬ月の夜とともに、彼の御経を読誦する」と読経をしつつシテを待つ形です。「花も妙なる」のところを「迷わぬ月も」と謡ったように聞いたのですが、福王流ではそういう詞章なのかもしれません。

一声の囃子が奏され、やがて緋大口に紫の長絹を着けた後シテ和泉式部の霊が登場してきます。三番目物らしい典型的な装束で橋掛りを進んで舞台に入り、常座に立ったシテは一セイ「あらありがたの御経やな」と謡い出します。

優美に登場したシテは、只今読誦していたのは「比喩品よのう」と感じ入った風で、かつての思い出を語ります。
和泉式部が世にあった昔、この地が上東門院の御所であった頃に、御堂関白(道長ですね)がこの門前を通りかかり、車の内で法華経の比喩品を声高らかに読み上げたことがあった。
これを聞いて和泉式部が「門の外(ホカ) 法(ノリ)の車の音聞けば 我も火宅を出でにけるかな」と歌を詠んだことを思い出した由を謡います。
法の車の、と出て四つ拍子を踏みます。佐藤さんの型なのでしょうけれども、足をやや高めに上げての拍子です。

ワキは、なるほどその歌は和泉式部の歌として田舎までも広まっていることを謡い、さてその歌の心のように火宅を早く出で給えと謡いかけます。
これに対して地謡の謡で、和泉式部が歌舞の菩薩となってこの寺に住し、三つの車に乗って火宅の門を出で、成等正覚を得たことが謡われます。
車に乗る形からかと思いますが、法の車で四つ拍子を踏んだように、ここでは七つ拍子を踏み、正先へ出るとゆったりと舞台を廻り、常座に戻ってワキに向かい「成等正覚を得るぞ有り難き」と合掌する型です。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-09 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。