FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

項羽さらにさらにつづき

ワキの一行が待謡を謡い弔いの様となります。「殺害三界不堕悪趣」の謡で出端の囃子。
後場ではまずツレの虞美人が姿を現して橋掛りを進みます。紅入唐織着流しに側次を着けているのは、中国の女性であると約束事。そのまま橋掛りを進んで常座へと立ちます。
後から現れた後シテは半切に袷法被を肩脱ぎにし、唐冠を被って右手に鉾を持っています。

シテは一ノ松に留まると「昔は月卿雲客にうちかこみ、今は松下野田の月」と謡い出します。地謡、シテ、地謡と謡が進み「おのおの伎楽を奏しつつ」と足拍子を踏んで一ノ松で型を見せます。ツレの方を見込み、シテ柱に寄って鉾を構えますが「四面にときの声を上ぐればまた執心の攻め来たるぞや あら苦しの苦患やな」の謡に、鉾を逆様に取り凭れるような形になります。

ツレが一句謡って一畳台に上がり、地謡の「高楼に上りて落つるは」の謡さながらに、シオって一畳台を前に下りて下居し「身を投げ」た形から、立ち上がるとワキ座へと下がります。
ここで働になり、シテが舞台へと進んで一畳台に飛び乗ります。さらに鉾を振りつつ戦いの様を見せる形です。

鉾を使う曲は珍しく喜多流はこの項羽一曲。観世流は逆鉾という観世だけの曲がありますので、この二曲で鉾を用います。他流はどうなのでしょう。たしか鉾の形も観世流はちょっと違っていたようです。良く用いられる長刀は横に払って使う武器ですが、鉾は突いて使う武器なので、働でも型が違ってくるようです。

さらに戦いは続き「剣も鉾も皆投げ捨てて」と後見に鉾を渡して台上に安座。扇広げて謡い舞により項羽の奮戦が表されますが、最後は運も尽きたと橋掛りへ進み、土中の塵になったと幕前で飛び返って下居、立ち上がって留となりました。
若手らしいメリハリのある舞台で好感を持ちました。
(66分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。