FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

萬狂言水戸公演を観に行く

昨日は、萬狂言の水戸公演ということで、水戸芸術館に行ってきました。
小振りのホールなうえに、かなり前の方の席を取ったこともあり、演者が直ぐ目の前状態。装束の様子なども大変よく分かりました。

狂言の公演に先だって、プレ・パフォーマンス・トークとして万蔵さんが30分ほど話をし、続いて清水座頭。休憩をはさんで首引が演じられるという形でした。
このブログで何度か書いているように、私は万蔵さんが本名の良介さんで出ておられた頃からのファンですが、考えてみると万蔵さんが30分もお話をするのを聞いたことがありませんでした。
最初に「私は芸人ではないので、面白い話はできませんが」と断ったうえで、狂言を廻って様々なお話があり、興味深くうかがったところです。

先日の平城遷都1300年記念祝典に参加された話から始まり、猿楽から生まれた能と狂言の違いについて、能は突然変異のようなもので、真面目で分かりにくい方に行ってしまったもの。狂言は猿楽の遺伝子を素直に受けたもの、というようなお話もされていました。
もっとも、それは狂言方からの言い分で、能の方からは別の見方があるでしょうとも話されていましたが・・・

また、この日は万蔵さんの次男拳之介クンが来ていまして、稽古風景をお見せしましょうということで、鸚鵡返しで山伏の名乗りを稽古するという実演。だいぶん拳之介クンが照れている様子で、いささか調子が出なかったようですが、なるほどこんな風に進めていくのかと興味深く拝見しました。

万蔵さんの話では、能の方ではすり足など体の動かし方から厳しく稽古するようだけれども、子供のうちは明るく、天真爛漫にということを第一に考えて稽古しているのだそうです。芸はいずれ自分自身で盗んでいくもので、まずは色をつけずに教えることに留意している。そのため、教える側も自分の色を出さないように、明るく、はっきりと発声するように気を付けているので、ハードだといった趣旨のお話もありました。
万蔵さんの、狂言に対する考え方の一端がうかがえ、良い機会でした。

というわけで、二曲の鑑賞記は明日以降に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。