FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

宝生会月並能を観に行く

本日は久しぶりに宝生の月並能を観に行ってきました。
五雲会は時々観ていますが、月並は2年ぶりかなというところ。先月は萬狂言を観たこともあり能は観ていませんので、なんだか間があいたなあという感じです。

五雲会と違って全席指定なので、ギリギリに行っても大丈夫かと思ったのですが、なにぶん心配性でもあり能楽堂には開演30分ほど前に着きました。

曲は松尾、狂言の茶壺を挟んで、錦木、鉄輪と、能三番に狂言一番のいつもながらの構成ですが、今回は時間の関係と、いささか体調が悪かったために、最後の鉄輪を断念しまして錦木を観たところで帰ってきました。
それぞれに見所もありまして、鑑賞記はいつものように明日から書いていこうと思います。

それにつけても松尾を観ていて、神舞っていいよなあとしみじみと思いました。前々から書いていますが、私、神舞が舞われる脇能が好きです。
こういう曲は、大方のところ劇的な要素はほとんど無くて、前場で老人が出てきて神社の由来などを語り、後場でその神の本体が登場して舞うという、言ってみればそれだけの能です。何が面白いのかと聞かれても上手く答えられないのですが、でも妙に惹かれるんですね。
今日の松尾は、後々鑑賞記でも書くつもりですが、宝生流だけが現行曲としていて、しかも滅多に上演されない稀曲の類です。しかし、まあこれこそ取り立ててどうというところのない曲で、本地垂迹、和光同塵の理を説いているものの、せっかくの松尾大社の由来も具体的な話は出てきません。当社が「日本第一酒造神」とされているのも、触れて良さそうな気がするのですが、なんだか通り一遍に作られたような印象を受けます。

ですが、それにもかかわらず、観ていてなんだかとっても良い気持ちになってしまいまして、これぞ御神徳かと有り難く思った次第。
明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。