FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松尾のつづき

シテ、ツレは橋掛りで一声「秋風の 声吹き添えて松の尾の 神さび渡る 景色かな」を謡うと舞台へと進み、ツレが正中に、シテは常座に立ってサシを謡います。さらに二人の同吟、下歌、上歌と謡って立ち位置を換え、シテが正中、ツレは目付に出てワキに向かう形になります。

ワキはシテに向かい尋ねたいことがあると声をかけます。シテはワキを見て、見慣れぬ人なので都からの参詣かと問いかけ、これにワキがよく分かったものの驚きつつも、都から初めて当社を参詣した者なので、社の謂われを詳しく聞かせて欲しいと頼みます。

これに答えてシテ、ツレの掛け合いとなりますが、シテ、ツレは掛け合いで、社域の秋の様子を謡うと、さらにシテ、ワキの掛け合いになります。これを地謡が受けて「松の尾の山の梢の秋ならで」と謡い出し、ツレはシテの後を回るようにして笛座前に進んで着座します。地謡が続く中、シテは正中へ出て開キ、左へ回って常座に立ってワキに向き合います。
囃子が変わってシテは大小前から正中へと進み、地謡のクリの謡い出しで杉箒をおいて下居。後見が寄って肩上げを下ろします。

形式通りに、クリからシテのサシ謡となり地謡が受けてクセになります。
クセでは和光同塵、本地垂迹の教えをもとに、仏が松尾の地に神と現じたことが謡われます。型通りの居グセで、謡が淡々と続きます。

ロンギとなり、地謡の「花の裳裾も色々に」でシテ、ツレが立ち上がり、夜神楽を待つようにという謡にのせて、中入となります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。