FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

錦木のつづき

先に立ったツレは唐織着流しで特に何も持っていません。観世流では細幅の布を手に懸けて登場しますが、何も持たないのはちょっと意外でした。
一方、後から出たシテは直面で、白大口に掛け素袍で右手に錦木の作り物を持っています。次第の囃子でツレが一ノ松まで進んで振り返り、三ノ松まで出たシテと向き合って次第謡。地取りで正面を向いてシテのサシ謡になります。

続いて二人向き合って謡が続き、下歌「徒らに過ぐる心は多けれど 身になすことは涙川 流れて早き月日かな」と謡い、上歌へと続きます。
上歌では陸奥のきょうの里の、細布、錦木が詠み込まれ、この「狭布の都の名にし負ふ」で二人は橋掛りを歩み始め舞台へ入ります。
「錦木の 千度百夜徒らに悔しき頼みなりけるぞ 悔しき頼みなりける」とツレは目付に立ち、シテは正中に進みます。

この二人の様子にワキは、市の人かとみれば夫婦の様子で、女の持っているのは鳥の羽で織った布らしく、また夫の持っているのは薪かと思うと美しくいろどり飾った木らしい。実に不思議な売り物だと言い、二人に向かってそれは何というものかと問いかけます。

これに対してツレとシテは、これは細布と錦木といっていずれも当所の名物であると答えます。
ここからのワキと、ツレ・シテのやりとりはなかなかしゃれていると思うのです。ワキは細布、錦木のことは聞き及んでいるが、どうして名物なのかと重ねて問いますが、これに対してツレは、細布・錦木の名前を知っているのに、その故を知らないとは仕方ない人だと、いささか批判するような感じです。シテはそのツレを「いやいやそれも御理」と、諫めるのかと思いきや「その道々に縁なきことをば 何とて知ろし召さるべき」と言い、二人で「見奉れば世を捨人の 恋慕の道の色に染むこの錦木や細布の知ろし召さぬは理なり」と謡います。
出家した身では、恋愛にまつわる錦木や細布の謂われを知らないのも道理だろうと言うわけです。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。