FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

錦木もう一日のつづき

シテが安座すると地のクリとなり、ツレは立ち上がってワキ座へと向かい、ワキ・ワキツレが少しずつ席を譲ってツレがワキ座に着座します。

シテのサシからクセへと続き、懺悔の姿を示し教典の功徳を得ようと、夢中になおも錦木、細布の子細を見せる様子。クセは舞グセになります。
シテは錦木を持って立ち上がり、ワキ座に座したツレの前まで進んで錦木を置くと、立ち上がって常座へ、ここから「互いに内外にあるぞとは」とツレを見込みます。

正面を向きワキ正あたりまで出ると「夜は既に明けければ」と遠く見やる形から「すごすごと立ち帰りぬ」と常座へと戻り、再びワキ正あたりまで出て「さながら苔に埋もれ木の」とツレを見込み、舞台を廻って左右打込、上げ端で上げ扇と型が続きます。

クセの後半、錦木を立てつつ三年になり、姿を見せぬ女に「あらつれなや」とシオってクセが終わります。
クセの後、地謡「錦木は」で後見座に向き、正面に向き直ると一転した感じで「千束になりぬ 今こそは」と謡、足拍子を踏んで喜びが表される感じになります。現実とは異なり、三年千束の錦木を立て続け、思いが遂げられて女と逢うことが出来た喜びが示されます。左右打込、開いて地謡「雪をめぐらす 舞の袖かな」で男舞。

現実が悲恋の話なので、この展開はちょっと分かりにくいのですが、もしかしたら男舞に持っていくために、無理矢理夢の中で思いが遂げられたことにしてしまったのかも知れないなあ・・・などと考えたところです。

男舞を舞上げると謡い舞いが続き、朝となり夢も覚めて「松風颯々たる 朝の原の野中の塚とぞなりにける」と留拍子を踏んで終曲となりました。

あまり上演の多い方の曲ではありませんで、内外百番ずつに分ければ外の百番の部類でしょうけれども、錦木、細布の伝説も面白いので、いささか詳しく書き記してみました。
もしかすると、舞のあたりで急にハッピーエンドになってしまう展開が、今一つ上演が少ない原因かも知れません。
(103分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。