FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

殺生石さらにさらにつづき

ワキはノットから「木石心無しとは申せども 草木国土悉皆成仏と・・・」と謡い出し、「汝元来殺生石 問う石霊」と右手の払子柱杖を前に突いて「急々に去れ去れ」と払子柱杖で岩を押す形です。
「自今以後汝を成仏せしめ」と下がって下居、石に向かって合掌し謡を終えると囃子が出端を奏し、ワキはワキ座に下がって払子を置き着座します。

作り物の中から後シテが謡い出し、地謡が続ける謡の「石の 二つに割るれば石魂」で岩が中から割られる形で後シテが姿を現します。
後シテは常の形では小飛出の面に赤頭、袷法被に半切の野干(狐)の精の姿で現れますが、女体の小書が付いて文字通り泥眼の面に黒垂、狐載をいただき、白の舞衣に緋の大口の装束で床几にかかって姿を現しました。

ワキの謡からシテの謡となり、シテ自ら玉藻の前であることを明かします。安部の泰成の調伏を受ける様を謡い、地謡が続けての謡「幣帛をおっとり飛ぶ空の」で祈り落とされた様を示すように床几を下り「この野に隠れ住む」と台上で下居。「その後勅使立って」と謡って再び床几にかかり、地謡の「三浦の介、上総の介両人に」で六拍子を踏むと、「那須野の化生の者を」で立ち上がり台を下ります。

「両介は狩装束にて」と謡って扇広げ、地謡に乗って橋掛りへ進み、さらに舞台に戻ると「殺生石となって」と袖を被き姿を隠す形になります。つづいて「この後悪事を致すことあるべからず」とワキに伏して告げる形から、立ち上がると幕に走り込み、最後はワキ留めの形で終曲となりました。

金剛流ならではの興味深い演出でした。流儀の重鎮である豊嶋三千春さんの熱演でしたが、できればもう少しお若いうちに拝見しておきたかったと思った次第です。
(67分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-12 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。