FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

光の素足について

昨年の夏に母が亡くなったため、今年のお正月は喪中ということで心静かに三が日を過ごしました。
さて年末に観に行った中所宜夫さんの現代能「光の素足」について、いささか思った所を書いておこうと思います。

まずは、当日にも少し書きましたが番組全体について。
観世喜之さんの舞囃子「山姥」に始まり、山本則重さんと則秀さんがお二人で宮沢賢治の「ひかりの素足」を語り、そして現代能「光の素足」が演じられるという構成です。
舞囃子、狂言、能という番組構成は、能の会としては珍しいものではありませんし、能一番でも「会」の形にならないので、こんな構成にしたのかなと、あまり深く考えずにいたところです。舞囃子も光の素足に登場する「山人」にちなんで山姥にしたのだろうかといった程度に何となく考えていました。

さて席について開演を待っていると周囲の方達の話し声が様々に聞こえてきます。聞くとはなしに聞いていると、これまで能を観たことがないという方が少なからずいらっしゃるようなのです。隣のご婦人達は光の素足を観るのは二度目か三度目のようだったのですが、通常の能楽自体は御覧になったことが無く、宮沢賢治の作品を愛するということで、いらっしゃっていた様子でした。後ろの席には賢治の作品を朗読するサークルに入っているという方もお出でのようでした。

さて隣席のご婦人方、舞囃子が「山姥」という能の一部分であることもご存知ない様子で(そもそも『舞囃子って何でしょうね』というお声も聞こえまして)、この「山姥」も要するにこの日の番組全体で構成される「光の素足」という表現の一部であると、頭から捉えている様子だった訳です。

正直言って、聞くともなしに聞いていたこの話で、私としてはまさに目から鱗が落ちた状況になりました。本当にお恥ずかしい。
なまじ一般的な能の会を観ているだけに、全体が一つのテーマを構成しているという、考えてみれば当然のことに気付かなかった訳です。
これだけでもこの会を観に行った甲斐があろうというものです。
このつづきまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。