FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

田村さらにつづき

中入りで登場したアイのシャベリ。行叡居士をめぐる清水寺の来歴をあらためて語ります。アイが語り終えると、ワキは先ほど花守がやってきて今と同じ来歴を語っていったが、不思議な人物であったなどとアイに話します。
よくあるアイ語り後の問答ですが、考えてみればワキは既にシテから寺の来歴を聞いているのに、どうしてアイに来歴を語ってくれと所望するのか、変と言えば変ではあります。

さてアイが退場するとワキ・ワキツレが待謡を謡い、一声の囃子になります。
しばらく囃子を聞くと後シテの出。半切に袷法被を肩脱ぎにし、黒垂、左折の梨打烏帽子に白鉢巻の武将姿で登場してきます。面は平太。
常座まで進むと一セイを謡い、この姿にワキが如何なる人かと問いかけます。

シテは坂の上田村麻呂であることを明かし、正中に出て床机にかかります。
後場のクセは床机にかかった形で始まります。いつぞやも書きましたが、この曲は修羅物とはいうものの、前後にクセがあるなど独特の形で、修羅の苦患を示すというより、観音の霊験譚の色彩が強く感じられます。
逢坂の山を越え、粟津の森を過ぎ、と謡う地謡を聞き「石山寺を伏し拝み」と合掌して拝む形。さらに「勢田の長橋ふみならし」と床机のまま力強く拍子を踏み、立ち上がります。

クセの後半は舞う形で「万木青山動揺せり」からカケリへ。このカケリもスッキリしたもので、修羅道の苦しみを表すような暗さがありません。
最後は仕舞でもよく取り上げられる部分、逆臣千方に使えた鬼たちに千手観音の放った矢が当たり、観音の仏力で敵が滅びたと謡って留になりました。
正月の会らしい、勢いのある舞台でした。
(73分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。