FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島さらにさらにつづき

シテが幕に入ると、囃子が来序から狂言来序になり、アイの社人が登場します。大藏千太郎さんの能力出立での登場です。

前二回の鑑賞記では、間狂言が和泉流小笠原匡さんと大藏流山本則秀さんでした。
お二人の大きな違いとしては、小笠原さんが竹生島の天部に仕えるものと名乗ったのに対して、山本さんは竹生島の天女に使える者と名乗ったこと。また竹生島の宝として見せたものが、小笠原さんは宝蔵の御鍵、一夜に生えた二股竹、馬の角、牛の玉、何かの脇毛、そして最後に天部の持たせられたお数珠と、六種であるのに対し、山本さんの方は宝蔵の御鍵、天女が朝夕看経せらるる時のお数珠そして二股の竹と、こちらは三種でした。
今回の千太郎さんは、同流の山本さんと同じ形でした。

続いて岩飛びを見せようと言って、岩飛びを始めます。
こちらも前二回と同様ですが、三句めは「巌のうえに走り上がり」と謡っていまして、ここだけ以前、記載したのと違っています。最後に「はあクッサメ」と留めて退場するのはこれまでと同じです。

アイの社人が退場すると、一呼吸置いて囃子が出端を奏し始めます。
いよいよ後場になりますが、出端の囃子に続いて地謡が謡い出し「現れ給ふぞかたじけなき」の謡で見が作り物の引廻しを下ろすと、中には後ツレ天女が床几にかかっています。白大口に朱地の舞衣、天冠を着けています。

地謡の「その時虚空に音楽聞こえ」で立ち上がると、台を下りてサシ込開キ。常座に移って答拝し天女ノ舞を舞い始めます。素直で柔らかな舞でして好感を持ちました。
天女ノ舞を舞い上げると、さらに地謡合わせて舞い、幕の方を見て雲扇で龍神を招き笛座へと着座します。

囃子が早笛になり、後シテの出。一ノ松で七つ拍子を踏んで舞台へと進みます。赤頭で法被半切に龍戴をいただき、右手には打杖、火焔珠を載せた銀盤を両手に捧げての登場です。手に捧げ持った珠をワキに寄って渡し、舞働です。大柄な小島さんの豪快な舞。

キリでは「天女は宮中に入らせ給へば」とツレが退場し、シテはこれを見送った後、橋掛りに進んで幕前で飛び返り。左袖を披いて留となりました。
(76分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-02 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。