FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

東北のつづき

幕が上がりシテがワキ僧に呼び掛けます。
その梅を人に尋ねたら何と教えられたのかと問いますが、これに対するワキの答えは、自分は初めて都に上った者だが、あの梅のことを人に尋ねたところ和泉式部というのだと教えられたというものです。

シテは幕を出て橋掛りをゆっくりと歩みつつ、梅というのは好文木、あるいは鶯宿梅などとこそいうべきで、知らぬ人のいう和泉式部などという名は用いるべきではないと咎めます。
一ノ松と二ノ松の間あたりに佇むと、この東北院がかつて上東門院の御所であった頃に、和泉式部が梅を植えて軒端の梅と名付けて愛でていたと語り、花の縁に読経されるようにと勧めます。そしてあらためて、これこそ和泉式部の植えた軒端の梅、とワキに向かって二足ほどツメてしっかりと伝える感じです。

ワキは、これが軒端の梅かと感心し方丈の西の端は和泉式部の御休所かと問います。これに合わせてシテは橋掛りを歩み、舞台に入って常座あたりに出て答えます。
二人の問答から地謡の上歌となり、二人はその軒端の梅を愛でつつ時を過ごす形です。

続いてロンギの謡。シテは目付に出て角トリし舞台を廻って常座に戻ります。さらに「花の蔭に」の後の地謡で正中まで出ると右に回って小回りし再び常座で正面を向きます。あらためて「木隠れて見えずなりにけり」と中入になりました。
送リ笛に送られて静かに中入です・・・と、あれ? と思ったのは、この日の笛は森田流の松田弘之さん。森田流って送リ笛を吹かないのではなかったかと。

この件、さすがに訳がわからずプロにお話を伺いましたところ、森田流では送リを吹かない原則ですが、松田さんのご一門ではシテの希望があれば吹くことにしておられるのだそうです。送リ笛が無いと中入りするシテは無音の空間を進まなければなりません。これはかなりの緊張感を要するそうです。観ているほうも同様で、私も送リ笛が無いと思わず緊張して息を詰めてしまうことがよくあります。シテの衣擦れの音ばかりが聞こえる緊張感もある意味では良いのですが、送リ笛をほしい気持ちもよく分かります。
明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。