FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

弓八幡さらにつづき

弓を受け取ったワキは両手で捧げ、シテは正中で開いて常座へ、ツレが笛座前に着座し、ワキは常座に立ったシテと向き合います。
ワキはシテに弓を持って世を治めた謂われをさらに語ってくれるようにと促します。

これを受けてクリの地。ワキはワキ座に着座し、シテが正中に出て下居します。クリの謡を聞いていて、しみじみ宝生流の謡の難しさ、独特さを感じたところです。
続くシテのサシ、クセと石清水八幡の縁起が謡われます。クセは居グセです。

そもそも本朝にて弓箭を以て世を治めた始めと言えば、これ則ち当社の御神力である。欽明天皇の御代に豊前宇佐の郡、蓮台寺の麓に八幡神が現れた。神功皇后も異国退治のために九州四王寺の峯にて七日にわたり神に祈り、めでたく治めたと謡われます。

欽明天皇の御代に八幡神が現れ宇佐八幡宮の創建となります。八幡神は十五代とされる応神天皇、神功皇后はその母で、このクセの謡は時代が前後して分かりにくいのですが、このあたりは間狂言で整理されます。

クセに続いてロンギ。掛け合いの謡のうちにシテは自ら高良の神であると名乗り、この御代を守ろうと今ここに来たのだと、立ち上がってワキにしっかりと言い聞かせる感じです。続いて「八幡大菩薩の御神託ぞ疑うな」と常座へと移り正面を向いて開いた後送り笛で中入となりました。
「高良の神」は「かわらのしん」と謡います。石清水八幡の摂社高良神社に祀られる神ですが、もともと河原社と呼ばれていたのが変化したとも、かわらに音の似た九州の高良神を勧請したとも説があるようです。

中入になるとアイ男山山下(さんげ)の者が呼び出されます。ワキはアイに初卯の御神事の子細を語るように求め、アイがこれに答えて語ります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。