FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小塩さらにつづき

ロンギとなり地謡とシテの掛け合い。シテは「老隠るやとかざさん」と謡いつつ立ち上がり、置いておいた桜の小枝を再び肩に担います。
小さく一回りして正中から目付、さらに舞台を廻って大小前へと戻って桜を肩から下ろします。
さらに小枝を使ってサシ込み開キの型、常座へ回って「面影ありと見えつつ失せにけり」で桜の小枝を落として下がり、あらためて中入となりました。夕がすみのかげろうに紛れて、姿を消してしまうという設定。送り笛はなく、静寂の中をシテが橋掛りを歩み幕に姿を消します。

アイは小塩の里に住まいする者ということで、段熨斗目に長上下で登場し常座で名乗り。大原山の花が何時にすぐれて咲き、今が盛りなので「罷り出でて心を慰さばやと存じ」大原野に向かう態で目付に出ます。
ここで型通りにワキの一行に気付き、声をかけます。

ワキの問いに答える形で、アイは正中に座してワキと向き合い、在原業平の謂われ、当社明神の子細などを語り始めます。

まず大原野の明神について、この明神は大和国、春日野明神とご一体であると語ります。その子細は、昔奈良の都をこの山城国に移して長岡京を営んだ中心的存在である藤原氏の氏の神が春日の明神で、南では毎日詣でていた。この地でも参詣できるように、冬嗣公の仰せで春日の本社を大原山に勧請したものである。

さてそののち清和天皇の御時に、二条の后が藤原氏の出身であることから、この地にご参詣になった。二条の后行啓の際に、在原業平が供奉していたが、神前にて「大原や小塩の山も今日こそは 神代の事も思い出づらめ」と詠歌した。この心は、二条の后がいまだ皇后になる前に、業平が忍んだこと、その昔のことを思い出したのであろうということだ、と語ります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。