FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小塩さらにさらにつづき

急に慌ただしくなってしまい、小塩の鑑賞記を一回分残したままブログの更新を中断しておりました。
というわけで、残る部分をアップします。

アイはさらに、在原業平は阿保親王の子であるが、まことは人間ではなく歌舞の菩薩であり、女人成仏させるために人として現れたのだなどと語ります。

アイが退場するとワキは、先ほどの老人は業平の霊が姿を現したもの言い、ワキツレともどもに待謡を謡ってシテを待つ形になります。謡い終えてワキがワキ正に向き直って下居すると、後見が車の作り物を出してきて常座に置きます。舞台が春らしく花やかになる感じ。

一声の囃子で後シテの登場。水浅黄のような色の指貫に紫の狩衣を着け、初冠は巻嬰、老懸をかけた姿で橋掛りを進み、車に乗り込んだ形で車中に置かれた床几に腰を掛けます。一セイの謡い出し、引き立てて伸びやかな謡で、業平の高貴な雰囲気が感じられるようです。

ワキとの問答から地謡となり「暮るるより月の花よ待とうよ」で立ち上がると、車の後ろに出て、地のクリで大小前へと進みます。後見が車を下げ、シテのサシからクセへと謡が続きます。
クセの終わり「忘れめや今も名は昔男ぞと人も言う」で、大小前で袖を返して左右。太鼓が入って袖を返し扇を閉じて常座へ進み序ノ舞となります。

舞上げた後は桜の花を吹き乱す山風に、夢か現かと思ううちに夜も明けて花のみが残ると謡ううちに、袖を返して留拍子を踏み終曲となりました。春の趣き、気品のある能でした。

ところで、この小塩を廻って、Santalさんのブログ「サンダルウッドな胡椒」に友枝昭世さんの演能を観た際の話が出ています。黒垂を使わない曲でのシテの横顔と面の話ですが、黒垂のありなしは私も気になる方で、黒垂のない演者の生の首筋や髪など、違和感を感じることがあります。以前、融をめぐってこの話を書きました。
今回の小塩は、喜正さんご自身が、年齢的にも相応しいところなので、特段の違和感はありませんでしたが、演者の年齢との関係など、能の演技をめぐっては色々と感じるところ、考えるところがありますね。
それにつけてもSantalさんのブログ、独特の視点をお持ちで大変考えさせられることが多いのですが、最近、あまり更新をされていない様子で、お元気かなあと思ったりしています。
(97分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。