能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金剛永謹能の会を観る

本日は「金剛永謹能の会」を観に国立能楽堂まで行ってきました。
二十八回なんだそうですが、本日は満席。富士学会の特別協賛なんだそうですが、そのせいもあるのでしょうか。
もっともこの会、これまで何回か拝見した際も、かなりの盛況だったように記憶しています。東京金剛会は空席が目だつのですが、宗家の力なんでしょうか。

ともかくも、その富士学会の特別協賛で、番組は「富士山」と「羽衣 盤渉」の二曲に、狂言が「ぬけがら」
富士山は初見です。金剛と金春にしかない曲ですが、世阿弥の作とか。脇能でもあり、面白いとか面白くないといった評には馴染まない感じもありますが、興味深い一曲ではありました。

ぬけがらも、萬斎さんがいつもながら人を喰ったような雰囲気で、万作さんと絶妙のやり取り。

実は時間の関係で羽衣は観ずに帰ろうか・・・とも思ったのですが、龍謹さんの舞を観ていこうかなと、最後まで残ることにしました。これは面白かった。金剛の盤渉は独特なんですね。喜多の舞込のように、橋掛りで小廻りを繰り返して幕に入ってしまう型は興味深い演出でした。舞金剛とは言いますが、龍謹さんの舞も筋が通った舞で好感が持てました。

いずれ舞台の様子など、書いておこうと思っています。
スポンサーサイト

喜多流自主公演能を観に行く

今年は思い切って喜多の自主公演、5回券を買ったのですが、まだ残っております。
11月、12月両月とも行かないと使い切れません。
・・・が、おそらくそんな感じで回券を残している人が多いのではないか・・・と思わせるような、本日の混み方でありました。満席であります。10時半過ぎにたどり着いたら、整理券87番でした。

さて本日は以下の番組
能 「雨月」 シテ 塩津哲生
狂言「千鳥」 シテ 野村萬斎
能 「花筺」 シテ 長島茂
能 「車僧」 シテ 友枝真也
それと粟谷明生さんが天鼓の仕舞

それぞれに面白かったですね。雨月はまだブログには取り上げておりません。前回観たのはもう6、7年前、本田光洋さんの演能だったのですが、趣き深い一曲だったやに記憶しております。
他の曲はこのブログにも鑑賞記がありますが、今日の演能はそれぞれに見どころがありました。

と、前々から喜多流の謡曲本を欲しいものだと思っておりまして・・・一番本ではなく、観世の百番集のようなものが良いのですが、思い切って喜多流謡本刊行会の売店の方にうかがってみたところ、天の巻と地の巻のセットで7万5千円だとか。一番本を買い揃えるのから考えたらたいへんお得ではあるのですが、さすがに高額。
せっかくの機会ですから手にとって・・・などと言って戴いたので中身を拝見してきましたが、観世の百番集よりも見やすそうです。ああ、また悩ましいものを見てしまった。

いずれ暇をみて観能記も・・・ああ、この間の金剛永謹能の会もまだ観能記を書いておりませんでした
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2012-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。