能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能の改作のつづき

この国立能楽堂企画公演「能を再発見するシリーズ」では、上演に先立って天野さんと関係者の対談が恒例となっているようです。
今回は、天野さんと、当日ワキを勤めた福王茂十郎さん、そして歌人の馬場あき子さんによる鼎談がありました。

この中で、福王流伝来の資料の中にも、藤戸の前シテが中入りしなかったと見られる詞章が残されているものがある、という話が紹介されました。
十郎元雅が作者と比定される可能性など、なかなか興味深いお話でした。

しかし最も感じたところがあったのは馬場さんの発言で、能が大成された室町期は人々に勢いがある時代で、様々な試みがされた。その後、江戸時代へと時代が移る中で、能は様々なものを省略する方向に進んできた。現代は、そぎ落とす方向性から、付け加える方向性に向かっても良いのではないか、と、記録を取っていないので表現はだいぶん違うかも知れませんが、概ねそうした意味の発言でした。

例えば前シテと後シテとで人格が異なったとしても、一人の演者、上手の芸だけを観たい。登場人物も可能な限りそぎ落として、本当に観るべきものだけに集約してしまいたい。それが、江戸期以降の能の方向性だったという見方です。
しかし、現代はそういう方向性から、能の揺籃期にみられたような方向性に変化しても良いのではないかという発言は、納得するものがありました。

これまで鑑賞記を書いてきた中にも、詞章からみて登場人物が足りない・・・例えば葵上の青女房などの例や、中入しない形になっているが本来は中入りしたのではないか・・・例えば通小町のツレの例など、その都度に触れてきました。
こうしたものも、できる限りそぎ落とすという文脈でみれば、現在の演出も理解できるし、またこの演出を見直しても良いかも知れないと、あらためて考えた次第です。

本来の形を探り、さらに現代が求める方向性で再構成していくというのも、面白い試みと思います。先日は、現代能「始皇帝」を観に行った話を書きましたが、現代能という形で新たに作り出すか、古典の作品を時代の要請に沿って見直していくのか、それぞれに興味深いことと考えています。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

錦戸 金井雄資(時の花「春」公演)

宝生流 宝生能楽堂 2014.04.05
 シテ 金井雄資
  ツレ 朝倉俊樹 大友順 當山淳司
     辰巳大二郎 金井賢郎 朝倉大輔
  ワキ 舘田善博、アイ 大藏基誠
   大鼓 原岡一之、小鼓 住駒充彦
   笛 栗林祐輔

いささか間が開いてしまったのですが、4月の初めに宝生流、時の花「春」の公演を観てきました。曲は金井雄資さんのシテで「錦戸(ニシキド)」、初見です。
稀曲といって良いでしょう・・・時々、参照させていただく大角征矢さんの観世流演能統計をみると、昭和25年から平成21年の60年間でわずか8回の上演。全206曲のうち「久世戸」とともに202位です。

宝生流も似たような状況のようで、当日のパンフレットには、シテの金井さんが舞台でこの曲が演じられるのを観たのは、三十年ほど前の近藤乾三さんの時だけとの記載がありました。七、八年前に、金沢で佐野由於さんが上演されたとの記録もありますが、もしかすると東京では三十年ぶりなのかも知れません。金剛流は明治まで謡本に載せていましたが、その後廃曲になったらしく上演記録を見つけられませんでした。金春、喜多流にはありません。

ともかくそんな曲なのですが、だからといってやたらと登場人物が多い訳でもなく、変に難解な訳でもありません。どうしてこんなに遠い曲なのか、いささか不思議なところです。
こういう上演の少ない曲には、それなりの理由があるものだと思うのですが、観てみると後場に斬り組みがあったり、シテの心意気のようなものが感じられたりで案外面白い。
概して斬組のあるような活劇的な曲は上演が少ないのですが、演出も独特なところがあるので、シテとしては演じにくいのかも知れません。

また宝生流と観世流では曲の構成にいささか違いもあります。もちろん、観世流の上演は観ていませんが、大成版の謡本を見ると、今回の上演といくつかの違いがあることに気付きます。この辺りを含めて、舞台の様子を記録しておこうと思います。
明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

錦戸のつづき

舞台には名宣笛で、ワキ錦戸太郎の舘田さんが登場してきます。
直垂上下に、梨打烏帽子に白鉢巻の出立で常座まで出「これは奥州の住人秀衡が子に 錦戸の太郎にて候」と名乗ります。
さらに続けて、頼朝と義経が不仲となって判官(義経)は都に居られなくなり、我が親秀衡を頼って奥州まで下られたこと。秀衡が臨終に及んで子供達を呼び寄せ、義経を主君と仰ぎ心替わりすることのないようにとかたく遺言したこと。しかしながら誰が(義経に)申し上げたのか、我等が心変わりしたと聞かれて、出仕しても対面が叶わなくなってしまったこと。さらには頼朝より御教書が届き、これを受けて泰衡と自分は、頼朝に従うこととしたのだが、三男の泉三郎には話していないので、これから泉の館へ急ぐところであることなどを語ります。

ここで物語の前提が語られるわけですが、これだけではよく分からないので、舞台を少しばかり離れて、錦戸太郎とは何者なのかといったあたりを書き記しておこうと思います。
奥州藤原氏は初代清衡に始まり、二代基衡、三代秀衡と続きますが。この秀衡には多くの男子がいました。長男が錦戸太郎国衡、次男が藤原氏四代となった泰衡、そして三男が泉三郎忠衡です。その他にも何人もいますが、とりあえずこの曲に関係するのはこの三人です。
国衡は庶子であるため、秀衡の存命中から正室の子である次男泰衡が後継者とされていました。国衡の母親は蝦夷の出身だったという説もあるようです。
平泉館の西の木戸のところに住居を構えていたので「西木戸」と呼ばれ、転じて「錦戸」になったと言われますが、確かなことは分かりません。武勇に長けていたとの話もあります。本曲ではワキが演じます。

この曲のシテは後ほど登場してくる泉三郎忠衡ですが、忠衡は平泉の柳之御所にほど近い泉屋に居を構えていたので泉三郎と呼ばれたとのことです。

源義経が兄頼朝と不仲になり、鞍馬山から逃れた後、庇護を受けていた奥州の藤原秀衡を頼って下向します。秀衡は国衡、泰衡、義経の三人に起請文を書かせ、三人して心を合わせ頼朝に対向するようにと命じますが、秀衡の死後、頼朝の圧力に屈して泰衡が義経を襲って自害させてしまいます。
この折、忠衡は秀衡の遺言に従って義経を主と仰ぎ、頼朝に立ち向かおうと主張しますが意見が合わず、義経の死後、泰衡に誅殺されたとされています。
この事件を取り上げたのがこの曲という訳ですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

錦戸さらにつづき

一日開いてしまいましたが、舞台に戻りまして、子細を述べたワキは一度、ワキ正の辺りまで出てから橋掛りに入り、一ノ松辺りから幕に向かって「いかに案内申し候 錦戸の太郎が参りて候」と声をかけます。

これを受けて白大口に掛直垂、士烏帽子姿のシテ、泉三郎が登場してきます。
錦戸を中に招じ入れる形で二人が立ち位置を変え、ワキ錦戸がワキ座に、シテは正中に下居しての応対となります。

錦戸は、誰かが自分が心変わりしたと義経に告げたらしく、日々出仕しても義経に対面が叶わないこと。そんな折、頼朝から御教書が届き、泰衡ともども頼朝に従うことにしたのだが、お前はどうするかと問いかけます。

シテ泉三郎は、仰せは承ったが、我が君すなわち義経も恨まれるであろうし、そのうえ(父秀衡の)遺言もある。どうか思いとどまるようにと言って両手を突き頭を下げます。

ワキは兄弟が同じ主君に使えるのに何の支障があるものか、と重ねて泉にも頼朝に仕えるようにと勧めますが、今まで頼みにされてきた義経を裏切っては一家の恥辱にもなろうかと言って、泉はこれを拒絶します。

順義から言えば兄の言うことを聞くべきだという錦戸に、親の遺言を守ることこそ順義であろうと反論する泉。このやり取りが決裂し、地謡が受けて「これまでなりや今ははや」の謡にワキが立て膝して、シテを扇で指し「兄とも思ふな弟とも 見ることさらにあるまじと」で立ち上がって、正先から橋掛りへと進みます。

シテはワキを追って立ち上がりますが、ワキがそのまま橋掛りから幕に入る一方で、シテは後見座へと向かい、書状を持って常座にと戻って立ちます。

ワキが中入りして、シテが舞台に残るという独特の形ですが、さてこのつづきはまた明日に

錦戸さらにさらにつづき

ワキが退場してしまうと、シテは後見から渡された書状を持って常座に立ち、母から手紙が届いたのでまず妻に子細を告げようと言って橋掛りに入り、一ノ松あたりから「いかに渡り候か」と声をかけます。

幕が上がってツレ、泉三郎の妻の出。幕前に出るとシテとの問答になります。
錦戸、泰衡が敵となってしまったと告げる三郎に、妻は義経の不運を思って涙します。ツレがシオると、シテは、自分にも同心するようにと錦戸は言うが、賢臣二君に仕えず、貞女両夫にまみえずという、と述べ、地謡の下歌が受けて、二君にどうして仕えることができようかと、シテの心中が謡われます。

シテはあらためて一ノ松、正面方を向き、文を広げつつ、母から錦戸・泰衡が討手を向かわせた様子なので何方へも落ち延びるようにと知らせてきたことを述べます。
自分は遺言でもあり、一足も退くことは考えていないが・・・と言ってツレを向き「御身は何方へも御忍び候へ」と告げます。

しかしツレは、夫の最期をみすてて落ちて行けようか、自分は自害するので安心して欲しいと言います。シテはツレの言を受け、早くも猛勢に押し寄せてきた様子なので、急ぎ自害するようにと促します。シテ「西に向かひて」ツレ「手を合はせ」でツレが合掌し、地謡。
「夫婦の身こそあはれなれ」で二人シオリますが、「その時腰刀を 抜き持ちて立ち寄り」で、シテは腰の刀を取って右手に横に持ち、ツレに差し出す形で進んで刀を渡すと二の松まで下がります。
ツレは「胸のあたりに突き立てて」で二度ほど自ら刀を刺す型を見せてそのまま後ろに下がり「よろよろと倒れ伏しければ」とそのまま幕に入ります。下がりつつ下居するツレに幕を掛けるような形での幕入りです。

シテは「泉は死骸にとりつきて」と幕前に進んでモロシオリ。「泣くより外の事ぞなき」と中入になりました。
この橋掛りでの進行は、おそらく宝生流独特の形なのだろうと思います。観世流の本ではシテの「いかに渡り候か」ツレ「何事にて候ぞ」の後に、シテの詞「まづ此方へ渡り候へ」があり、ツレが舞台に入る形と思われます。おそらくツレがワキ座、シテが正中辺りでのやり取りの後、自害したツレが切り戸から退場するのではないかと想像しますが、これは私の勝手な想像ですので・・・ともかくも、妻の自害の後、観世では物着になっていてシテは退場しませんが、ここではシテが幕に入り、代わって早鼓でアイの早打ちが登場してきます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

錦戸またつづき

忙しや、忙しやと登場したアイ、錦戸太郎に仕える者と名乗り、頼朝義経の不和により判官が秀衡を頼って下向してきて以来の子細を再度、語ります。

錦戸、泰衡が頼朝方につくことにして泉を誘ったものの、三郎が親の遺言を尊んで同意しないため、泉の館に押し寄せることとなり、自分もこうしてやって来たと語り、皆々も出でやるようにと触れて退場します。

アイが退場すると後見が一畳台を持ち出し、ワキ座前に据えます。シテは大口に側次だったと思うのですが、法被肩上げだったか、いささか記憶が怪しいので、そのあたりはご容赦いただいて、ともかくも白鉢巻きの凛々しい姿で登場して常座から地謡座前へと進み、床几に腰を下ろします。
観世の装束付けを見ると、シテは掛直垂の下に法被か側次を着込んでいて、物着で鉢巻きをし、法被の場合は襷をするとあります。いずれにしても物着を終えると床几に腰を下ろし、後ワキの出を待つ形なのでしょう。

さて一声の囃子、後ワキと、後ツレの立衆5人が登場し、橋掛りに並んで一セイ。ワキは大口、法被に長刀を持って出ます。ツレ立衆は側次。観世では後ツレに泰衡が弓矢を持って出ることになっており、泰衡、ワキ錦戸、立衆と並ぶようです。また立衆の一人が縄を懐中にするとあります。

一ノ松でワキが「いかに泉の三郎・・・」とシテに向かって声をかけ、シテは「いでいで対面申さんと」と立ち上がり「櫓に上がり」と台上に上がって立ちます。シテの詞に対してワキが「問答は無益」と言い、地謡が続くと、ワキは長刀を右手に幕前まで下がり、ここで長刀を立てて構えます。立衆がワキのズレた分、一人ずつ前に出る形。

この後は地謡に合わせての斬り組に。「われ真先にと進みけるに」と、まずは二人が舞台に入り太刀を上げて構えます。「大太刀を柄長におっとり延べて」とシテは台から下り、「多勢が中に割って入りつつ」と二人を斬った形。二人は切戸口から退場し、三人が舞台上に進みます。「ひとりと進める武者の」で一人が斬り合いの形になりますが、三郎に斬られた形で退場します。

シテ「今はこれまでなり」からシテの敗色となり、台上にシテは上がり、ワキが常座にと進みます。シテは「手を合わせ祈念を致し」と合掌し「腹十文字にかき切り床よりも転び落ち」で腹切る型から、台上から前転する形で舞台に転び落ち、残る二人の立衆が後ろから押さえて、宝生の禅師曽我と同様、シテ、立衆三人で幕に走り込みます。

ワキがこれを見送って留。観世では縄の用意があるので、縄をかけてゆっくり退場する形かもしれません。
(50分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2014-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad