能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水掛聟 大藏千太郎(国立能楽堂普及公演)

大藏流 国立能楽堂 2014.07.12
 シテ 大藏千太郎
  アド 大藏彌太郎、善竹大二郎

水掛聟は和泉流の高澤祐介さんの上演(鑑賞記初日月リンク)と野村万作さんの上演(鑑賞記初日月リンク)…万作さんは舅で聟は深田博治さん…の鑑賞記を書いています。

今回は大藏流です。この曲のプロット自体は流儀による違いが有りませんが、細かいところに違いがあります。もちろん毎度書いているように、狂言は流儀よりも家の違いが大きく、たまたま観た和泉流三宅派と、大藏流大藏家の違いということですが、気付いた点など書き記しておこうと思います。

まずもっての違いは、和泉流では先に登場するのが聟で、この辺りの百姓と名乗り自分の田を見回りに向かいます。ここで、自分の田には水が無く、隣の田に水が引かれているので「さてさて憎いことかな。油断のなることではない」と言いつつ畦を切り直し、自分の田に水を引くと、山の田を見に行くと言って退場します。

一方、今回の大藏流では、まず登場してくるのがアド舅で、当所に住まいする耕作人と名乗り、これまた自分の田を見回りに出かけます。日照りつづきで水が無いと言いながら自分の田にやってきて、やはり自分の田には水が無く、隣の田に水が引かれていることに気付きます。同様に畦を切り直して、また明日見舞おうと言って退場します。

一般的に「○○聟」という曲は聟がシテだそうですが、ともかくシテが先に出るのか、アドが先に出るのか、これは微妙な考え方の違いなのか、流儀で違うのだという主張なのか、本当のところは分かりません。ともかくここが違うということでご了解下さい。

さて、両流に共通であるのが、最初に出てきた人物は隣の田に水が引かれていることに気付き、自分の田に引き直すのですが、その隣の田が誰のものであるかには言及しないことです。隣の田が舅(または聟)の田であることは、次に出てくる人物の台詞の中に示されます。

ただしその触れ方には、いささか違いがあるのですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

水掛聟のつづき

和泉流では、後から出たアド舅が、水が隣の田に引かれているのを見て「隣の聟の田には水がまんまんとある」と言い、隣は聟の田であることを示します。しかし、よもや聟がこのようなことはするまい。きっと誰かの仕業だろうと言いつつ畦を切り直します。

一方、今回の大藏流では、隣の田に水が引かれていることに「苦々しいもの」と言い「さだめて盗ったものであろう」と言った聟は、さらに「隣の田と申し、余所の田ではござらん。某がために舅の田でござる」と言って、舅が水を盗っていったと、最初から非難する口調になっています。

いつぞやも書いたように思いますが、大藏家の狂言はどちらかというと写実的な部分が多く、細かな説明も入るように感じています。
聟の台詞も、感情表現が細かいように思いました。

繰り返しになりますが、和泉流ではまずシテ聟が出て、畦を切り直して山の田を見に行き、次にアド舅が出て畦を切り直して水を引き、そのまま舞台に佇んでいると、シテ聟が再びやって来る形です。
この後、聟は舅に気付き、暫く合わなかった挨拶をし、また日照り続きなので村で雨乞いをするにつけ、寄合がどうなったという話になります。この話をしているうちに、聟が話をしながら畦を直して自分の田に水を引こうとし、ここから言い合いになります。

一方、今回の大藏流は最初にアド舅が出、畦を切り直して明日また来ると退場します。次にシテ聟がやって来て畦を切り直し、山を見舞おうと退場します。交代にアド舅が出てきて再び畦を切り直して、番をしようと舞台にいるところにシテ聟が出てきます。

出てきた聟は早速、田に水が無いことに気付き再び畦を切り直します。そこに舅が寄ってきて問答になる形です。微妙な違いですが、この形の方が、最初からけんか腰になりそうな雰囲気です。

この後の水の掛け合いでも、掛ける所作自体も写実的な感じですし、最初は水ですが、聟が砂を掛け、仕返しに舅が泥をかけると、いささか複雑な展開になっています。

最後は取っ組み合いになり、娘が出てきて聟の肩を持ち、二人して行ってしまうというのは同じ展開ですが、立ち去る二人を舅がやるまいぞと追う形で、和泉流にある「来年の祭りには呼ばぬぞよ」の台詞はありませんでした。

いずれにしても面白い、楽しい狂言ですが、水争いが深刻だった時代を感じさせる一曲です。
(26分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

納涼 茂山狂言祭 2014

久しぶりに茂山家の狂言を観てきました。

例によって夏のリクエスト狂言祭ということで、東京公演は9日土曜日と10日日曜日。
私は9日の公演の方にしましたが、やはり満席の盛況。

千三郎さんの解説に始まり、「鶏聟」・「栗焼」・「武悪」と、千三郎さんの言葉の通り、リクエストでもなければ「こんな番組は組まない」という重い曲揃い。それにつけてもすっかり楽しく拝見しました。

いずれも他家の上演などで観ておりますが、茂山家が演じるとなんだ妙に楽しい。
残念ながら時間の都合があって「武悪」は、主人に見つかってしまった武悪が幽霊のふりをするところからは観ていませんが、前半のシリアスな部分が大変重くしまっていまして、これは逆に対比が面白そうと期待されるところでした。

この公演、とっても楽しかったので特段のメモもせず、ひたすら鑑賞に徹しました。
と言うわけで、とても面白かったというだけで、上演内容の記録はありません。

記録の代わりに、当日の千三郎さんの話から一つ。
「蝸牛」の囃し言葉
「雨も 風も 吹かぬに 出ざ 釜 打ち割ろう
 でんでん むしむし でんでん むしむし」
この「出ざ」を茂山家では「出な」と謡うのだそうです。

萬斎さんとこの「出ざ」と「出な」の話になり、萬斎さんは「出ざれば」の略で「出ざ」というと説明してくれたとか。
それで千三郎さんも腑に落ちて、茂山家の「出な」は、まさに関西弁の「出なさい・出なければ」の意。関東弁と関西弁の違いと納得したとか。

その他、楽しい話が数々ありました。
また機会あったら観にいこ・・・

30万ヒット

本日、30万ヒットを超えました。

ブログ開設から8年が経ちましたが、最初はこんなに続くとは思っておりませんでした。
最近は、主としてこれまでブログで取り上げていない曲を、観て、書こうと思っておりますが、まだまだ取り上げていない曲が少なからずありまして・・・しばらくはネタがもちそうです。

本日もご来訪ありがとうございます。
焦らず、慌てず、のんびりと、観て、書き綴っていこうと思っております。
お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
・・・7月の普及能、佐保山の観能記がまだですので、明日からでも書いてみようと思っています。

本日は、お盆直前で仕事も早く終えましたので、水戸芸術館の柳家花緑独演会を聞きにいって参りました。
二つ目になったという花ごめさんの「狸の札」に続いて、花緑さんの「試し酒」、休憩を挟んで「竹の水仙」。
花緑さんの落語を生で聞いたのは初めてですが、楽しい高座でした。

水戸の芸術館では、先日、白石加代子さんの百物語第三十二夜、ファイナル公演を観ましたが、最後の九十九話が「天守物語」、これは圧巻でした・・・

佐保山 櫻間右陣(国立能楽堂普及公演)

金春流 国立能楽堂 2014.07.12
 シテ 櫻間右陣
  ツレ 伊藤眞也
  ワキ 高井松男、アイ 大藏基誠
   大鼓 國川純、小鼓 飯田清一
   太鼓 金春國和、笛 杉市和

「さおやま」と読みます。
奈良市内の北部、聖武天皇陵の近くに「法蓮佐保山」の地名が見えますが、佐保山という独立した頂(いただき)というよりは、このあたりの丘陵全体を佐保山という様子です。なお地名では「さほやま」。
能の曲名としては、山に衣を霞と見紛うばかりに干す情景から「竿山」という表記もあったとのことで、読みは「さおやま」です。

この能、現在は金春流のみが上演しています。上演に先立っての解説では、松岡心平先生が、金春禅竹の若い頃の作だろうと解説されていましたが、世阿弥の作との説もあり今ひとつはっきりしないようです。
金春禅竹は世阿弥の娘婿であったとされますが、松岡先生の話では世阿弥の書いたものにも、禅竹の書いたものにも、そうした記述が見あたらないそうです。とは言え、禅竹の息子である金春宗筠(七郎元氏)が世阿弥のことを祖父と書き残しており、またその子にあたる金春禅鳳も世阿弥を曾祖父と書いているそうですので、世阿弥の娘を娶ったことは間違いなさそうです。
また夫婦仲も良かった様子で、これは禅竹自身の記録からも推察されるところとか。

ともかくも、佐保山の女神である佐保山姫は春の女神とされ、また染め物や機織りの神ともされています。これは佐保山が桜の名所であったことに由来とすると言われています。一方、秋の女神としては龍田姫があげられますが、龍田山は紅葉の名所であり、佐保山と龍田山が春秋の名所として並び称せられたと、まあそんなことのようです。
龍田山の神も染め物や機織りの神とされており、これまた対比のうえということでしょう。
なお古事記に出てくる垂仁天皇の妃であった狭穂姫命は、佐保姫と書かれることもありますが、こちらは佐保山の神である佐保山姫ないし佐保姫とは別人だそうです。

さて舞台の様子は明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

佐保山のつづき

真ノ次第でワキ藤原俊家の高井松男さん、ワキツレ従臣の則久英志さんと梅村昌功さんが登場してきます。ワキは紺地に金の格子、亀甲と芭蕉かな、文様を散らした狩衣。ワキツレのお二人はいわゆる赤大臣。

舞台中央に進んで向き合って次第を謡います。
脇能の型通りに三遍返しで次第を謡い、ワキの名乗り。藤原俊家と名乗って、春日明神が氏の神であるため、この春暇乞いして、春日明神に参詣するところと述べます。

続いて道行を謡い、ワキの着きゼリフ。春日に参詣して四方の景色を見ると、佐保山の上に見えるのは雲だろうかと問いかけます。ワキツレは、ただ衣を干した様子に見えると言い、ワキはそれならば近くに寄ってみようと、一同で佐保山に上ることにします。
このワキの言葉を聞き、ワキツレが然るべう候と答えて、一同ワキ座に着座します。

さて真ノ一声の囃子。
暫く囃子を聞いていると幕が上がり、紅入唐織着流しに左腕に白絹を掛けたツレが先に出て一ノ松まで進みます。増の面に同じく紅入唐織着流しのシテが後から出、振り返ったツレと幕前で向き合い「日にみがき 風にさらせる玉衣の はるの日影も 匂ふなり」と謡い出します。

ツレの二の句、二人揃って「緑もなびく気色かな」まで謡うと、舞台に向かって歩み出し、ツレがワキ座前、シテが常座のやや前に進んで向き合いサシ。
奈良の名所は数々あれども、中にも春日山を讃え、その山近き佐保山の、山姫が干すという白妙の衣の様を謡います。

二人が舞台に入ると、半幕で出た後見が橋掛りを進み、後見座に着座しました。
現在では後見は切戸から出入りするのが通例ですが、江戸時代には橋掛りから出るのが本来の形だったと聞いたことがあります。翁を別とすれば、後見が橋掛りを進むのはほとんど見かけない形で、私も久しぶりに見ましたが、脇能らしい扱いと感じたところです。

さて二人がサシから、下歌、上歌と謡い、立ち位置を入れ替えてツレが目付、シテが大小前に立って上歌を謡い終えると、ワキが立ち上がって声をかけますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

パソコン不調・・・

時々起こるパソコンの不調。
その度毎に、設定し直したり、場合によってはパソコンを買い換えたりなど、対応を余儀なくされています。

今回は、WindowsUpdateで、16日の朝にファイルが更新された後、パソコンがうまく立ち上がらなくなってしまい、様々に試したのですが結局、リフレッシュせざるを得ない状況になってしまいました。
まあ、完全な初期化と違って、データファイルなどは残ったままですが、設定がほとんど初期状態に戻されてしまうので、プログラムも全て再インストールしなければなりません。これは面倒。
データファイルはフルバックアップを定例的に取得してあるので、むしろこちらは困らないのですが・・・

と言うわけで、この土日、様々に所用もあり、その合間を縫って設定をしているのですが、まだ完全にもとの状況には戻れていません。とりあえずネットにつないで、メールのやり取りまでは出来るようにはなりました。
書きかけの佐保山の鑑賞記も仕上げたいのですが、まだブログ更新の前に設定しておきたいものも少なからずありまして、中断中です。明日辺りから残りを書ければと思っています。

パソコンも便利ですが、なかなかやっかいな代物でもあります。

佐保山またつづき

パソコン復旧中ですが、なんとかブログ更新が出来る程度になりました。
と言うわけで、佐保山のつづき

立ち上がったワキはシテの方を向き、女性がたくさんやって来て衣を晒す様子だが、貴方はこの佐保山に住む人かと問いかけます。出てきたのはシテとツレの二人ですが「あまた来たり」とい言うあたりが能らしいところ。

シテは佐保山辺りに住む者と答え(干している)衣は故あって晒しているものなので、近く寄ってよくご覧になるようにと言います。
ワキはツレの方を見て、袖に掛けた白絹を見るような様子。そして、衣をよく見れば銀色に輝いて異香薫じ、縫い目もない不思議な衣。いったいこれは何という衣かと問いかけます。

シテは、これは人間の織った衣ではなく、歌にも「裁ち縫はぬ衣着し人もなきものを 何山姫の布さらすらん」と詠まれたのも、この衣のことと答えます。
歌は古今和歌集の内の一首。女性歌人である伊勢の歌で「龍門にまうでて滝のもとにてよめる」の詞書がありますが、龍門寺はかつて吉野にあったという法相宗の寺院で大伴仙・安曇仙・久米仙の三仙人が修行したという伝説があります。
仙人の衣は縫い目がないという話があり、それをふまえてこの歌が詠まれたようですが、さらにこの歌を引くことで、干しているのは仙人の衣であると示す流れです。
このため、この後のツレ、シテの謡の中でも「仙人の衣をば 裁つこともなく縫ふことも・・・」と謡われます。

ワキは、さてはここは仙境で、貴方たちは仙女かと言いますが、シテは答えて仙境とまでは言わないが、此処は佐保の山辺であり、佐保姫と申したらよいかと謡います。

このやり取りから掛け合いの謡、地謡と続いて霞の衣が佐保山のうららな日に晒される様が謡われ、この地謡のうちに、ワキはワキ座に下がり、シテとツレは立ち位置を入れ替えてツレが笛座前に座し、シテは正中に出てます。
謡に合わせ、ワキと問答するように、ワキを見て詰め、戻した後、舞台を廻って大小前に行き、正面を向いて二足ほど下がり、ワキに向かって四足ほど出ます。

地のクリで、シテは下居して正面を向きサシの謡。佐保山姫の謡うクセへと続いていきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

佐保山さらにつづき

クセは居グセ。佐保山の美しさから三笠山なども謡いますが、「春の日影もよそならで」や「天の児屋根のそのかみ」などの詞章から窺えるように、春日明神や藤原氏を讃える気分が垣間見えます。

ロンギとなり、シテは佐保山の神祭り、月の夜遊を見せるので暫く待つようにとワキに告げ、地謡「山の名の さを投ぐるまの夢の夜の」で立ち上がると舞台を右に回り、常座にいたり正面に向き直った後、改めてシテ柱に詰めます。この様子にツレも立ち上がり、二人中入となります。

シテ、ツレが幕に入るとワキが誰かあると呼びワキツレが進み出ます。所の者を呼ぶようにとのワキの命でワキツレが呼び出し、長上下のアイが進み出ます。
アイは一度一ノ松に出て独り言し、その上で狂言座に戻ってワキツレと向き合って応対。ワキツレの求めに従い、舞台に入ってワキと向き合います。

型通りに、ワキは佐保山の謂われや霞の衣のことなどを問い、アイがこれに答える形で間語りとなります。この辺りの運びは常の曲と特段変わりませんで、アイは概ねを語り終えると、どうしてこの様なことを尋ねるのかとワキに問いかけます。
ワキが最前の女達の様子を話し、アイはここに逗留するように勧めて、ワキが留まることにするという流れも他曲と同様です。ただし良く聞くように、アイ「御逗留にて候はば重ねて御用仰せ候へ」ワキ「頼み候べし」アイ「心得申して候」といったやり取りはなく、アイは「それは近頃有難く候」と言うと立ち上がって狂言座に下がってしまいます。

ともかくもワキ、ワキツレの待謡。謡い終えたワキ一行はワキ座に下がり、太鼓が打ち出して出端の囃子。太鼓がずいぶんと抑えた感じでした。

後シテは白大口に緋の舞衣、天冠を着けて現れ一ノ松で謡い出します。
地謡が受けると舞台へと進んで常座に。六拍子踏んで開キ正中から正先へと出、さらに角から大小前へと回り、正に直して開キ答拝。真ノ序ノ舞の舞出しです。

天女のシテが真ノ序ノ舞を舞うというのは、この佐保山一曲だけで、これがこの曲の真骨頂でもありますが、優雅に舞上げた後、さらに謡い舞いし、目出度く舞い納めて終曲となりました。
(98分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2014-08 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。