能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

紅葉狩 鬼揃 観世銕之丞(下掛宝生流能の会)

観世流 宝生能楽堂 2016.08.10
 シテ 観世銕之丞
  ツレ 川口晃平 谷本健吾 味方玄 浦田保親 観世淳夫
  ワキ 宝生欣哉
  ワキツレ 大日向寛 舘田善博 森常太郎 殿田謙吉
  アイ 山本則秀 山本則重
   大鼓 國川純、小鼓 曾和博朗
   太鼓 観世元伯、笛 杉市和

かれこれ一年近く前の話になってしまったのですが、下掛宝生流能の会を観に行きまして、その際のメモが残してありますので、簡単ですがメモをもとに書き起こしておこうと思います。

下掛宝生流能の会は2013年3月に第一回公演として檀風を上演、昨年の会は三年振りに第二回として催されたものです。昨年は2月に下掛宝生流宗家の宝生閑さんが急逝され、そうした中での開催でしたが、大蛇の仕舞があり、ワキ方の皆さんだけによる鷺の連吟、地謡をワキ方が勤める形での梅若玄祥さんの遊行柳の仕舞、などワキ方の会ならではの番組でした。
大蛇もなかなか上演されない稀曲で、仕舞を観たのも初めて。通常、下掛宝生流ではワキのみが仕舞を舞う形らしいのですが、今回はシテを片山九郎右衛門さんが勤め、ワキの宝生欣哉さんと大蛇退治の場面を立体的に見せて頂きました。

そして番組の最後がこの紅葉狩。観世流鬼揃の小書付ですが、実はクセの仕舞の部分をワキ宝生欣哉さんが舞うという、特別な演出です。
紅葉狩は、平成20年の秀麗会の際に本田布由樹さんが演じられたものの鑑賞記を載せています。あまり詳しくない記載ですし、金春流と観世流というシテ方の違いもありますが、何かの参考ということで、併せてご参照いただければと思います。
鑑賞記初日月リンク
舞台の様子は明日から記載します
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad