能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

月見座頭 山本東次郎(下掛宝生流能の会)

大藏流 宝生能楽堂 2016.08.10
 シテ 山本東次郎
  アド 山本則俊

これまた、下掛宝生流能の会の際の上演ですので、かれこれ一年前の話です。メモが残っていますので、あらましを簡単に書いておこうと思います。

舞台にはシテ東次郎さんが常座まで出て、下京辺の座頭と名乗ります。名乗りは座頭なのですが、装束は勾当出立、長袴に長衣、沙門帽子で杖を突きつつの登場です。
今宵は八月十五日、名月の夜でもあり、心ある人々は野に出でて月を愛で楽しむものだが、盲目の自分は月を見ることが叶わないので、虫の音を楽しもうと思うなどと述べ、「まず、そろりそろりと参ろう」と言って舞台を廻ります。

野に出た様子で正中に進むと、虫の音を楽しむ様子になります。
シテ柱あたりへ進んでは「こおろぎ」か、と言ったり、大小前に「きりぎりす」を聞いたりなどしつつ、正中から角へと出て「いやこの辺りには松虫が居るわ」と腰を落とし聞き入る様子。
松虫にちなんで、津の国阿倍野辺りに松虫を尋ね空しくなった人が居たが、自分はそうならないように…などと、謡曲「松虫」の話を引いて独り言ちします。

さらに左を向き、今度は「くつわ虫がいるわ」と言って、くつわ虫の声に聴き入っている様子のところに、アド則俊さんが登場してきます。

シテはゆったりと、かつ哀愁を帯びた物言いですが、アドは一般の人ということで、月を楽しもうと野に出てきた様子です。シテはワキ座の方に向かい「鈴虫」の音を聴きますが、舞台に進んだアドが常座に出てシテを見つけ、問答となります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad