FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関寺小町またまたつづき

地謡の上歌「七夕の 織る糸竹の手向草」でワキはシテの手を取り、シテは杖を突いて立ち上がります。
「幾年経てか陽炎の。小野の小町の。百年に及ぶや天つ星合の」と藁屋を出ると、杖を突きつつ常座方へ向かいますが「雲の上人に馴れ馴れし」と大鼓の前あたりで正面を向き、「袖も今は麻衣の」と左の袖を上げて見込み「浅ましや傷はしや目も当てられぬ有様」の謡に両手で杖にすがりつつ腰を下ろして杖を左に置きます。

「とても今宵は七夕の」とシテは扇を出して構え、ワキが子方を向くと、子方は立ち上がって「手向の数も色々の」で大小前から出て開キ「或は糸竹に懸けて廻らす盃の」で目付に向かい角トリして左に回ります。
この「盃の」にちなんで、子方がシテに酌をする型があるという記載を資料で見かけたのですが、見落としたのか、書き落としたのか、それとも本当に無かったのか、当日のメモには子方が酌をする記録がありません。時日も経っており、残念ながら思い出せませんので、このあたりは不明という次第です。

さて「雪を受けたる童舞の袖ぞ面白き」の謡に、子方は大小前から出て下がり、一セイ「星祭るなり呉竹の」で袖を返して小さく回り、子方舞となります。
この辺りは流儀によって違いがあるようで、宝生流の形ではここでイロエ。下掛の各流では子方の中ノ舞、さらにワカ「年待ちて 逢ふとはすれど七夕の 寝る世の数ぞ すくなかりける」(「寝るよ」からは地謡)が入るようです。

子方は舞上げるとワキ座に着座します。シテの謡「代々を経て住む行くすゑの」地謡「幾久しさぞ萬歳楽」シテは子方の方を見、扇で床を打って拍子を取る様子です。
シテの詞で「あら面白の只今の舞の袖やな・・・」から、稚児の舞に心引かれ、自らも舞おうと「狂人こそ走り候へ。百年は」と謡いつつ、杖取ってすがりつつ立ち上がり、その場で小さく回って笛座を向き、サシて正面に向き直り、序ノ舞の舞出しです。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。