FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月のつづき

ワキとアイの問答、何か面白いことを見せてほしいというワキのことばに、アイは花月を呼び出す約束をして、ワキに「まず かう御通り候へ」と声をかけ、ワキがワキ座に向かいます。アイは後座に入って幕に向かって声をかけ、シテの出。紫の色大口に水色の水衣を肩上げ、前折烏帽子を着け、右手に弓、左手に矢を持って登場し、正中に出て名乗ります。

喜之さんも一頃はだいぶん声が掠れておられたのですが、この日はさして気にならず、花月の名の由来を謡って地謡に。「天下に隠れもなき 花月とわれを申すなり」と地謡が納めるとアイが立って角に出、シテに向いて声をかけます。
どうして遅くなったのかというアイの問いに、シテは今まで雲居寺に居たのだが春の遊びの友達と仲違いしないようにとやって来たのだと答えます。

アイはいつものように歌を謡って遊ぶように言って、扇を顔の前に出し、シテが後から寄り添うように立ちます。「来し方より」の一句をシテが謡って地謡。小歌の独特の節回しを地謡が謡う中、二人寄り添ったまま舞台を廻り、地謡座あたりから大小前へ。正を向いて三足ほど出ると、アイのみが目付へと進んで上を向き、鶯が花を散らすと言い出します。一緒に舞台を廻っていた二人ですが、シテがアイを突き放すようにする型がよく観られる場面。この日はシテが突き放した感は少なく、むしろアイの深田さんがススッと出たような印象でした。

鶯を射て落とすようにというアイの詞に、シテも弓は落花狼藉の小鳥をも射て落さんがため…と目付柱を見上げ、伝説の弓の名人養由基と我が身を引き比べつつ「思ふ心は 養由にも劣るまじ あらおもしろや」と謡って地謡。シテは目付柱に寄り角トリして柱を見上げ、左に回って大小前「履いたる足駄を踏ん脱いで」の謡に両足を交互に上げて足駄を脱ぐ型。後ろを向いて矢をつがえると「よっぴきひやうと」と目付柱に狙いを定めますが、「射ばやと思へども佛の戒め」の謡に弓矢を捨てて立ちます。弓之段と呼ばれるこの部分、謡も型も面白い見せ所の一つです。

アイはシテにいつものごとく地主の曲舞を謡い舞いするように求めます。
これを受けてシテのサシからクセになりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad