能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月さらにつづき

シテのサシから地謡となり「五濁の水に影清し」の謡にユウケン。
続いてクセ。仕舞でもよく舞われる部分ですので型の子細は書きませんが、、清水寺の縁起を謡う地謡に乗せて舞います。

クセを舞い終えると、ワキが独り言ちする風で「これなる花月をいかなる者ぞと思ひて候へば、某俗にて失ひたる子にて候 やがて名乗って悦ばせばやと思ひ候」と言います。この辺りも単に「名乗って逢はゞや」と言う観世の本とはいささかニュアンスが異なるところ。

ワキがシテに声をかけて問答になり、ワキが「これこそ父の左衛門よ見忘れてあるか」とシテに自分の素性を明かします。この間にアイは立ち上がって常座から角へと出、ワキに何事を言っているのかと問いかけます。

ワキが親子であることを明かすと、アイはなるほど瓜を二つに割ったようだと感心し、花月に、鞨鼓を打って父を慰めるようにと言って狂言座に下がります。
物着となりシテは後見座で鞨鼓を着けます。この間にアイは常座に出て立ちシャベリ。
こんな目出度いことはあるまい、これも当寺の観世音の御利益であろう。恩愛のちぎり浅からぬ故に、この寺のお力で引き合わせられたのだろうなどと述べます。

アイはあらためて、シテに鞨鼓を打つようにと促し、シテが常座に出て「さてもわれ筑紫彦山に登り 七つの年天狗に」と謡って地謡。「とられて行きし山々を 思ひやるこそ悲しけれ」と地謡を聞いて鞨鼓です。

鞨鼓を舞上げるとキリの舞。これまた、仕舞でよく舞われる部分で、観ていてもたいへん面白い。常座から角へと進み「降り積む雪の白峰」と見上げて舞台を廻ります。山々を廻る謡に合わせて様々な型を見せます。
「かやうに狂ひめぐりて 心乱るゝこのさゝら」と撥を合わせて持ち、左手で数える型からワキの方を向き、「今よりこのさゝら さっと捨てゝさ候はゞ」と撥を捨てます。
「あれなる御僧に つれ参らせて佛道」の謡にワキは先に幕に入り、シテはこれを見送ると常座で回り、開いて留拍子。終曲となりました。
(53分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

とりあえず舞台の様子は以上として、明日から「花月」を廻って少しばかり思うところを書いてみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad