FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花月を廻ってなおなおつづき

曲舞に続いては鞨鼓です。
能の舞には様々なものがありますが、中ノ舞や序ノ舞、男舞や神舞など名前に「舞」のつくものと、楽や神楽などのように「舞」のつかないものがあります。

鞨鼓は文字通り、鞨鼓を腹部につけ撥で打ちながら舞うものですが、森田流奥義録には、あえて「鞨鼓の舞」といわずに単に「鞨鼓」と称するのは、純粋の舞というよりはむしろ鞨鼓を打つことが目的だからだ、と解説されています。
なるほどと思うところですが、続けて、この鞨鼓を用いる能は幽玄を骨子としたものではなく、雑能物に属する喝食風体をシテとする能で、喝食物の本義は「自然居士」と「東岸居士」の二曲。これに準ずる物として「花月」一曲をあげ、放下僧、藤栄、望月は喝食物にあらざる鞨鼓物と分類しています。

本義とした二曲と花月とを分けたのは、自然居士と東岸居士の二曲ではシテが僧体であり、喝食鬘に喝食面をつけ、水衣に掛絡をかけた白大口姿であるのに対し、花月は僧体ではなく正真の喝食…天狗に取られた少年であり、僧形体ではないので準ずるものだとしています。なるほど、そういう解釈もあるのかとあらためて思った次第です。

鞨鼓自体は雅楽で使われる鼓の一種ですが、小型の独特の鼓でなんでも演奏はたいへん難しいのだとか。平安時代には既に、これを胸に付けて舞うといったことがされていたようですが、放下の芸として、簓やコキリコなどとともに演じられ「八撥」といわれたようです。
ところで舞の方の鞨鼓ですが、破ガカリ中ノ舞が最初にあって初段から狭義の鞨鼓になり、三段目の途中から男舞の地に直るのが通常の形ですが、金春は段直りなんだそうで、三段の頭から男舞の地に直るそうです。今度、機会があれば、気を付けて観てみようと思いました。
残る山廻りの話はおいおいと
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

花月を廻ってまだつづき

しばらく出かける用事が多くて間が空いてしまいましたが、花月の最後に山廻りについて少しばかり書いておこうと思います。

山廻りは、まず花月が七つの時に天狗にさらわれた筑紫英彦山から始まります。
彦の山、深き思いを四王寺と謡われますが、現在地名としての四王寺は太宰府近く大城山など四つの山からなる四王寺山辺りです。しかしこれだと彦山からはかなり距離もあり、謡曲は彦山中の四王寺の滝を謡ったものかと思います。もともと彦山の表記でしたが、江戸時代から英の字を加えて英彦山とされました。彦山豊前坊という天狗が住んでいたと伝えられますが、修験道の霊地として多くの修行者が訪れたところです。

続いて讃岐の白峯、さらに伯耆の大山と続きます。
讃岐白峯は崇徳上皇崩御の地として有名ですが、同時にこの地は古くから修験道の霊地とされています。この地に住む天狗の首領は相模坊と云うのですが、讃岐なのに相模坊とは不思議です。実はこの相模坊、その名の通り元は相模国大山の天狗でしたが、崇徳上皇の御霊を守るため讃岐に移ったと云われます。
相模坊が去った後には、伯耆大山から伯耆坊が移り住んだということで、同じく古くから修験道の霊地であった伯耆大山には天狗の首領と呼ばれるほどの天狗はいなくなってしまいました。

謡はさらに丹後丹波の境なる鬼ヶ城は天狗よりも恐ろしいと続きますが、これはいわずと知れた大江山酒呑童子ですね。天狗も鬼の一種ともいわれますが、酒呑童子は京の町を荒らし人を喰ったという怪異ですので、天狗よりも恐ろしいと謡われたのでしょう。

愛宕山太郎坊、比良山次郎坊と謡い込み、比叡の大嶽が謡われます。横川は比叡山の鬼門にあたりますが、これまた重要な地。そして葛城、高間山と金剛山あたりに進み、南の山中に分け入って釈迦ヶ岳と、修験道の霊地が次々と出てきます。
そして富士山へと花月のつらい旅が続いたと謡われます。

九州から富士山まで、めぐりめぐって都、清水寺にやって来た様子。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

花月を廻ってもう一日つづき

花月の旅は本当はつらいものだったのでしょうけれども、謡の作者はむしろ修験道の霊地を数え上げ、調子よく謡い舞う芸能の一つとして組み入れたものと思います。実際、謡ってみるとノリも良く、ついつい鼻歌交じりに謡ってしまいそうな部分です。

ところで、八天狗と呼ばれる日本を代表する天狗がいます。
愛宕山太郎坊、比良山次郎坊、飯綱三郎、鞍馬山僧正坊、大山伯耆坊、彦山豊前坊、大峰山前鬼坊、白峰相模坊ですが、このほとんどが花月の謡に読み込まれています。

その後、江戸時代になると四十八天狗が数え上げられますが、ここには羽黒山金光坊や日光山東光坊を初め、東国の天狗も相応に出てきます。先日、大同二年の創建とされる寺社が東国にもかなりある、という話を書きました。空海や役行者を開祖とする寺社も多いのですが、八天狗には東国の天狗は含まれていません。
ここに天狗とされているのは、修験道の行者から特に力のあった者が伝説化されたものだろうと想像します。天狗とされる怪異にはいくつか系譜の違うものが包含されているようですが、山伏は中でも大きな流れだったようです。

さてその修験道ですが、この八天狗の数え上げ方からみても、いわゆる本山派、当山派の修験は古くは西日本に限られ、鎌倉時代になって東国にも広がったのではないか、と思います。もちろん、出羽三山や日光などの起源はもっと遡るわけですが、それは土着の修験のようなもので、本山派や当山派に繋がるような修験は時代がもう少し下るため、八天狗が数え上げられた頃には、西国ではまだメジャーな霊地と認識されていなかったのだろうと想像しています。

私の先祖は室町時代に、同族でもある磐城の越田和大宝院に従って修験の道に入り、その後、磐城に残った一族から別れて常陸に移り、明治の修験禁止令により還俗して神官となるまで、代々修験道を伝えてきました。
その師となった越田和家ですが、福島県の浜通り、かつての岩崎郡に勢力を張った豪族岩崎氏の一族で、延慶二年(1309年)に折から廻国修行中であった摂州箕面山薩摩大阿闍梨頼信法印から血脈相伝の法を授かって修験の道に入ったと伝えられています。頼信法印は本山派の大阿闍梨ですから、この時期、本山派が福島あたりに積極的な布教活動を行っていたものと思われます。
そんな関わりもあって、天狗や山伏というと、ちょっと気になってしまいまして、今回の花月を廻っては、あれやこれやと書き散らしてみた次第です。
この項終わり。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

雲林院 中所宜夫(九皐会三月定例会)

観世流 矢来能楽堂 2018.03.11
 シテ 中所宜夫
  ワキ 舘田善博
  ワキツレ 森常太郎 梅村昌功
  アイ 高野和憲
   大鼓 柿原弘和、小鼓 住駒匡彦
   太鼓 大川典良、笛 藤田次郎

雲林院は、亡くなられた狩野秀鵬さんの演能を8年ほど前に観て以来です。(鑑賞記初日月リンク
割合よく上演される曲なのですが、正直のところ男物の序ノ舞曲というのがなんだかしっくりしない感じで、ついつい遠ざかっていたところです。

さて舞台は囃子、地謡一同が着座し次第。しばしの時間が流れ、ワキ舘田さんが白大口に段熨斗目、掛素袍に笠を被り、ワキツレの常太郎さんと梅村さんが無地熨斗目に素袍上下で登場してきます。「雲の林を尋ねん」と次第を謡い納め、ワキの名ノリ。津の国芦屋の里の公光と名乘り、幼少から伊勢物語に傾倒していること、霊夢を蒙り都に上ることを述べて、サシ、下歌、上歌と謡って雲林院にやって来ます。

上歌の終わりでワキは笠を外して着きゼリフ。ワキツレはワキ座に着座しますが、ワキは後見座で笠を渡し、正中に出ると「遥かに人家を見て花あれば」と謡い出します。
「木陰に立ち寄り花を折れば」と謡って、花折った態でワキ座に向かうとシテの呼び掛け。既にワキの台詞の途中で幕は上がっていますが、シテはまだ姿を見せず、花を折るのは誰かと謡い、「夕の空は春の夜の」と謡いつつ幕を出ると、小格子厚板着流しに薄茶の水衣の姿を現し「真の風は吹かぬに」と謡って二の松で正を向き詞。
「花を散らすは鶯の 羽風に落つるか松の響か人か」と言い、向きを変えて橋掛りをゆっくり進み出し「あら心もとなと散らしつる花や」と一ノ松でワキの方を見ます。

「や さればこそ人の候」とワキを見咎め、花を折ったことを詰問します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

雲林院のつづき

花を乞うも盗むも花を思う心あってのこと、いずれ散ってしまう花を惜しむなというワキに、シテは舞台に入り、風は花だけを散らすが、枝から手折ってしまうのは無情な人だと言いつつ常座に出、ワキに向き合います。
シテ、ワキの問答となり、古今集に採られた素性法師の歌「見てのみや人にかたらむ桜花手ごとに折りて家づとにせむ」などを交えつつ、花を折る、折らないのやり取りをして地謡。

惜しむも乞うも情けあり、と謡う地謡を聞きつつ、ワキを向いての問答から一度正に直したシテは、再び二足ほど出てワキに向き合い、さらにゆっくりと正中、大小前と舞台を一廻りして常座へと進み「都ぞ春の錦なる」と謡い納める地謡に、二足ほど前に出ます。

あらためてワキを向いたシテは、どこから来た人かと問います。
ワキは津の国芦屋の公光と名乗り、霊夢の話をします。紅の袴姿の女性と束帯姿の男が伊勢物語の草子を持って佇んでいるので、あたりにいた老人に問うと、あれこそ業平と二条の后、場所は都北山の紫の雲の林と答えたという夢です。

この夢にしたがってここまでやって来たというワキに、シテは今宵はここに臥して夢を待つようにと告げます。こんなに詳しく教えてくれる貴方はいったい誰なのだとワキが問い、昔男と分からないかとシテの答え。ワキはされば業平かとさらに問いかけますが、シテは「いや」と答えて地謡に。

我が名をいうものではないが、花を思う心の故に木隠れの月に現れ出でてきた。昔を思い花のもとに一夜を過ごし、我が有様を御覧になれば不審も晴れるであろうと言い残し、夕べの空の霞に紛れてしまった…と地謡が謡います。
地謡の一句を聞いてワキは下りワキ座に着座。シテは三、四足出て一度ワキと向き合うと正に直し、「まことに昔を恋衣一枝の花の影に寝て」と常座からワキ座を向いて正中へサシ込み開キ。左回りにワキ正から常座へと回り、正向いて開き。「おもほえずこそなりにけれ」と右回りに向き直って中入となりました。
送リ笛に送られて、シテが幕に入るとアイが舞台に進み出ますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

雲林院さらにつづき

段熨斗目に長上下のアイは常座に出ると、紫野辺りに住まいする者と名乗り、当年は例年になく雲林院の花が見事なので見物しようと思う旨を述べて目付に出、ワキを見咎めて問答となります。
尋ねたいことがあるというワキの話に、アイは正中に出て着座。そこに咲く桜の謂われや二条の后について語って欲しいとの求めに応じ、業平と二条の后のことを語ります。
業平は歌舞の菩薩の顕現と讃え、なおも奇特を見るようにとワキに勧めてアイが下がります。

ワキ、ワキツレの待謡。木陰の月に、袖を片敷き臥すと謡って一声。
後シテが白地の狩衣に紫の指貫、巻嬰の初冠に老懸、中将の面をかけ常座まで進み出ます。
一セイ「月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身一つは もとの身にして」と謡うと、ワキがいかなる人かと声をかけます。
シテはワキを見て、昔男の古を語るためにやって来たのだと言い、伊勢物語の品々を語るように求めるワキとのやり取りからクリ、サシ、クセと謡が進みます。「共にあくがれ立ち出る」とワキに向かって二足ほどツメたシテは、クセの謡い出し「二月や」で正面に向き直ります。

雲林院のクセの仕舞は、様々な会で、素人の発表会でもよく見かけます。割合短く、初心者でも取り組みやすいのかもしれませんが、あらためて能としてみてみると、たいへんに趣き深いところです。

サシ込み開キから角に出、角トリして舞台を回り大小前、サシ込開キから「藤袴しをるゝ裾を」と左の足を見、打込、扇広げ「信濃路や」と上扇。大左右から正先へ打込むと「狩衣の袂を冠の巾子にうちかづき」の謡に、左の袖を被いて扇を面の前に出し、翁のような形で舞台を回ります。
常座で袖を直し開くと「降るは春雨か」と扇を上げ「落つるは涙かと」と上げた扇で面を隠すようにカザシて左に回り、大小前。小さく回ってサシて角へ。左の袖を返し「たどりたどりも迷ひ行く」と左右、ワキに向きます。
袖を直して正面に向き直り「思ひ出でたり夜遊の曲」と謡って扇を閉じつつ常座へ。地謡を聞きつつ後見が装束を直し、正面に向き直って序ノ舞です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

雲林院さらにさらにつづき

昨日、このつづきはまた明日…と書きましたが、実は序ノ舞から後はメモがありません。良くあることではあるのですが、舞から後はひたすら舞台に見入ってしまったという次第です。

この曲、やはりこの舞を見せることが主眼なんでしょうね。
しかも思い起こせば上演の日、3月11日は東日本大震災からちょうど7年目。中所さんご自身、その鎮魂を意識しておられた様子です。
中所さんのブログ「能・修羅の道」に、そのあたりの思いが書かれていますが、舞の波動が場を供にする人たちにエネルギーを供給し、舞を見ることが舞と場を共有することになり、自然の癒やしを享受することともなると指摘しています。

もう三十年ほど前に亡くなったアメリカの神話学者であるジョーゼフ・キャンベルと、ジャーナリストのビル・モイヤーズの対談をもとにした「神話の力」というテレビ番組が、かつてNHKで放映されました。6回シリーズで、二、三度再放送されているのですが、この第1回でモイヤーズは、キャンベルのお気に入りの話として、こんな話を紹介しています。
------------------------------------------------------------
宗教に関する会議で日本を訪れていたキャンベルは、あるアメリカ人学者が神道の神官にこう言うのを耳にしました。
「私たちは神道の儀式に数多く参加して、神社もたくさん見ましたが、あなた方の思想も教義も理解できません。」
すると神官はしばらく考え込み、こう答えました。
「私達には思想も教義もないと思います。私達は舞を舞うだけです」
(「神話の力」は早川文庫から出版もされていますが、この部分は訳のニュアンスが微妙に異なります。上記はテレビの録画から書き起こしました)
------------------------------------------------------------

装束がどうの、型がどうのといったものを超えたところに、舞の真実がありそうに思えます。
ですがあえて当日の舞を思い起こしてみると、舞姿がとてもきれいだった、袖の扱いがたいへん優美だった、と記憶しています。装束の関係もあったのか、返す袖が、無理に袖扱いをしたのではなく、ふわっとかかり・・・歌舞の菩薩かぁ・・・と思った次第です。

ところで「公光」について、気になるところもあり、あと一日だけ雲林院の話を書いてみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

雲林院もう一日のつづき

雲林院をめぐってのもう一日。ワキの役名「公光」について少しばかり書いておこうと思います。

ワキの台詞によれば、公光は摂津の芦屋に住み、幼少から伊勢物語に親しんでいたという話です。現在の人名辞典などで探せる公光という名の人物は平安後期の藤原公光と、鎌倉初期の滋野井公光の二人くらいですが、いずれも公卿で中納言まで上っており、芦屋に住んだという話はなさそうです。

しかし一方で芦屋市には公光町があり、業平町の隣という、実にいわくありげな場所です。雲林院の公光は架空の人物・・・というのが一般の解釈ですが、この公光町はどういうことなのか。現在の公光町の地図を見ても、とりたてて業平や公光に繋がるような史跡も見あたりません。
どうも、能の雲林院が有名になり、その連想で業平所縁の地である芦屋に、公光の名を冠した地名が残されたと解するのが妥当なようです。まあ、能楽の架空の人物名が地名として残ったとすれば、それはそれで興味深いものではあります。

雲林院の公光は藤原公光とする意見もあるようですが、それとても具体的事実、例えば藤原公光が芦屋に住んでいたことがあるとか、芦屋に所領があったという訳ではなく、おそらくは能の作者が、時間軸の指標として藤原公光を持ち出したのだろう、という推定のようです。

ところで藤原公光は平安後期の歌人で、千載和歌集などにも歌が採られています。父は権大納言まで上りましたが、三十代半ば、権中納言、左衛門督の時になぜか失脚し、その後散位のまま亡くなっています。この公光の姉妹が三条大納言と号した藤原実国の妻となっています。
この藤原実国が滋野井氏の祖で滋野井実国と名乗り、その曾孫が滋野井公光です。正二位中納言まで上りましたが33歳で亡くなっています。

雲林院に直接の関係はなさそうですが、藤原公光が歌人であったことが、ワキの役名に名を残すきっかけになったようにも思えます。

この項終わり
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。