FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣のつづき

シテは白の摺箔に赤系の縫箔を腰巻にしたモギドウの形、天冠は牡丹の花です。
地謡座前で向き直ったワキと問答の形で謡い、「悲しやな羽衣無くては飛行の道も絶え」あたりで一ノ松に出ます。

ワキは「天の羽衣取り隠し」と謡いつつワキ座前で一廻りし、正に向き直りますが、ワキ「白龍衣を返さねば」シテ「力及ばず」二人「詮方も」と謡って地謡。
シテの「天の原 ふりさけ見れば 霞立つ 雲路惑ひて 行方知らず」から地謡が受け、上歌「迦陵頻伽の馴れ馴れし」でシテは向きを換えると舞台へと向かって常座に進み「空に吹くまで懐かしや」とシオリます。

ここでワキが声をかけ「あまりに御嘆き候程に 衣を返し申そうずるにて候」と衣を返すと述べます。
天人の舞楽を見せて欲しいとのワキの求めに、舞を舞うには先に羽衣を返して欲しいとシテが言い、衣を返したら舞わずに天に上ってしまうのではと言うワキに「疑いは人間にあり」とシテが窘める場面。
その言葉にワキが恥じてシテに寄り「衣を返しあたふれば」と衣を返します。

ここで常の形では物着になるのですが、今回はシテが「少女は衣を取り返し 霓裳羽衣の曲をなし」と謡い、ワキ、シテかけ合いから「東遊の駿河舞」の地謡へと謡い継ぎました。この部分、以前の狩野琇鵬さんの時のメモを確認してみたのですが、このときはワキが衣を返して物着。シテは長絹を着けてから「少女は衣を着しつつ 霓裳羽衣の曲をなし」と謡い出しています。
この「少女は衣を取り返し」というのは粟谷家の伝書にある霞留の形のようで、情景描写がより丁寧な感じです。シテは二度目の「東遊の駿河舞」で向きを換えて大小前へと進み「この時や始なるらん」を聞いて大小前で床几に腰を下ろして物着となります。

物着アシライのうちに後見の狩野了一さんが長絹を広げ着付けをしましたが、畳んであるときは朱のような色と思った長絹が、広げてみると少し橙色がかった薄い桃色のようなきれいなもの。狩野さんが前を合わせて糸でとめましたが、狩野琇鵬さんのご子息であるのも何かの縁かと思われた次第。
さて物着を終えると打掛のアシライを聞いて序となりますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad