FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣さらにつづき

序「それ久堅の天といつぱ 二神出世の古・・・」が謡われ、常の形ではシテのサシがあってクセになりますが、霞留の小書では「久堅の空とは 名づけたり」からサシを省いてクセの「春霞 棚曳きにけり久堅の」に続きます。

クセはしばらく地謡を聞き「月清見潟富士の雪」で立ち上がると、四足ほど出て四拍子踏み開キ。左に回って大小前でシカケヒラキ、左右打込、扇広げて上羽と、常のクセの形です。
「落日の紅は」と雲扇…は観世流なので…カザシヒラキ、六つ拍子踏んで扇カザシ、地ノ頭から大小前「白雲の袖ぞ妙なる」と左右打込し、直して合掌「南無帰命月天子本地大勢至」と謡って合掌を解き、常座に進んで正に向き直り、序で答拝して序ノ舞となりました。

霞留は序ノ舞が盤渉序ノ舞になり、初段の途中から調子が黄鐘から盤渉へと上がります。杉信太朗さんの笛、いつもながら良く鳴って伸びのある音なので盤渉が冴える感じがします。
さてこの小書では三段目が破ノ舞の位になりますが、二段あたりから常よりも速い感じになっていました。三段を流れるように舞上げると、シテ、地の謡、破ノ舞の一連の部分が省略されて、地の「東遊の数々に」へと続きます。

二度目の「東遊の数々に」でシカケヒラキ、「其の名も月の色人は」と扇左肩二ソムケ…観世流で言う抱扇の形、左に回って大小前。さらに小さく一廻りすると「七宝充満の宝を降らし」とアフギ(招キ扇の形)から、扇を左右持ち替えて左の袖を抑え「國土にこれを施し給ふ」と扇を落とします。宝を國土に施す意での所作と思いますが、霞留独特の形。
シテは橋掛りへと移り、「浦風に棚曳き棚曳く」と一ノ松で左右見渡し、二ノ松あたりに進むと、ぐっとしまった謡に「愛鷹山や富士の高嶺」と、左の袖を懸けて空中高くから遥か地上を見下ろす形。左の袖を被くと「天つ御空の 霞に紛れて」の謡に、そのまま幕に入ります。
立ち上がっていたワキが常座へと進み、「霞に紛れて」までで地謡が謡を止め「失せにけり」は謡わずに囃子だけが奏される中、ワキの留拍子で終曲となりました。
小書が付いた上に、さらに省略もあり、また仮設舞台で橋掛りが短いことなどもあって、50分に満たない上演時間でしたが、充実した羽衣を観た感があります。
(48分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad