FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

融さらにつづき

アイが下がるとワキの待謡。
出端が奏されて後ジテの出となります。白の狩衣に紫の指貫、直纓の初冠に黒垂の装束。融の後場としては一般的な形ですが、喜多流はもともと黒垂を着けなかったそうで、これはシテの粟谷明生さんの工夫だそうです。

一ノ松に立って「忘れて年を経しものを」とシテの謡い出し。「融の大臣とは我がことなり」とワキに述べるように謡い、「我塩釜に心をうつし」と一度正面に直しますが「あの籬が島の松陰に」と、やや左を向き、籬が島の方を見やる態。「三五夜中の新月の色」まで謡って正に向き直り一セイ。地謡が受けて「さすや桂の枝々に」と謡う中、向きを換えて舞台に入り常座へ。
「光を花と 散らす装ひ」と謡いつつ拍子を踏み、ヒラキ。大小前でサシて「あら面白や曲水の盃」と正先へ打込ヒラキ。扇開きつつ一廻りして正先で「うけたりうけたり」と盃を汲んで両手で捧げる型から「遊舞の袖」の謡を聞きつつ正中に立って早舞です。

早舞は小書はありませんが、クツロギ入りの五段で舞われました。三段で橋掛りに入り、しばし留まった後、大小、太鼓の流しで舞台に戻り五段まで舞上げます。
笏ノ舞もそれはそれで面白いのですが、ああ上手のシテが舞う早舞はやはり五段で観たいもの。
舞上げるとロンギ。

名月に照らされるのになぜ影も姿も薄いのかと問いかける地謡に「それは西岫に 入り日のいまだ近ければ その影に隠さるゝ」ワキ正側・・・西方を差して謡います。「釣針と疑ひ」では扇持った右手を高く上げて釣針の形。ここから扇を左に持ち替えてやや寝かせ「弓の影とも驚く」と弓の形。舞台上に水面が生じ釣針や弓の影を映したかと感じたところ。
「鳥は池辺の樹に宿し」と正先に鳥を見上げ「魚は月下の波に伏す」と扇頭二当テ・・・観世でいう枕扇の形。「鳥も鳴き」と左の袖を懸け、「月も早」でワキに向かってカザシヒラキ・・・観世の雲扇の形。「影傾きて」の謡に幕方、東方を見ると、左の袖を巻き上げて正先から常座へ。「あら名残惜しの面影や」と聞きつつ橋掛りへ進んで幕前で一度立ち止まって舞台を振り返ると、繰り返す「名残惜しの面影」にそのまま後へ下がる形で幕に入り、ワキがワキ座で留の形となりました。
こんな舞台を観ると幸せな気持ちになります。
(74分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad