FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲さらにさらにつづき

地謡が「いつまでそ 栄花の声も」と謡い出してシテは大左右、打ち込んでヒラキ。「月人男の舞なれば」と謡いつつシカケヒラキ。地謡の「雲の羽袖を重ねつつ」の謡にユウケンして正先へ出、左の袖を返して大小前でヒラキ。正先へ出てヒラキ、左へ回って大小前で小回り、「月またさやけし」と月の扇。正先から地謡前と回リ「雪もふりて」とやや面を上げて雪を見る形です。

ここから地謡が続けて謡い「四季おりふしは目の前にて 春夏秋冬万木千草も 一時に花咲けり」と時間が歪んだような不思議な謡になります。シテが舞ううちに子方、ワキツレ一行は立ち上がり、かき消すように切戸に姿を消します。
「百官卿相千戸万戸」の謡にシテは橋掛りへと進み、二ノ松あたりから「みな消え消えと失せはてて ありつる邯鄲の枕の上に」と一畳台にススッと寄り「眠りの夢は覚めにけり」と飛び込みました。
飛び込みと言っても、遠くから飛び込むというより、台の傍でトンと踏んで飛び寝するような形ですが、ともかくもいきなり横になったところでアイが寄り、栗のおだいが出来たと盧生を起こします。
本曲の肝心なところはここからで、茫然と夢から覚めたシテが「つらつら人間の有様を案ずるに」と謡い、扇に手を置いて考える形。地謡が「百年の歓楽も命終れば夢ぞかし」と続けると何やら気付いたように形を直し、「げに何事も一炊の夢」と扇を打ち「南無三宝南無三宝」と謡います。

続く地謡に正中へと出「知識はこの枕なり」の謡に枕を取り上げ、戻すと常座に進みます。「夢の世とぞ悟り得て」で両手を打合せ、「望みかなえて帰りけり」の謡に留拍子を踏んで終曲となりました。

舞台は以上の通りですが、さて盧生は何をどう悟ったのか。当日は当初、羽田昶さんが解説の予定だったのですが、急遽所用ということで金子直樹さんが解説をされました。
金子さんは「花もよ」の舞台随想を拝読していて、厳しい鑑賞眼の方という印象を持っていたのですが、お話は大変分かりやすく好感が持てました。特にこの盧生はどう悟ったのかという点については、人間そう簡単に悟れるものではないと思うとのお話がありました。この点同感ですが、盧生の悟りがもっと深いところにあったのか、このあたりは考えれば考えるほど面白いところでもあります。

第一回士乃武能と題したこの会、国立能楽堂が満席の盛況でした。正直のところ、金春の会で国立が満席というのは滅多ないことで、高橋忍さんご自身のお人柄も大きいのではないかと思います。事前のチラシに天野喜孝さんのイラストが使われていたのもビックリでした・・・かつてファイナルファンタジーに入れ込んでいた時期もありまして・・・
ともかくも今回は、初めて能を観るという方も相当にお出でだったようです。初めて能に触れる機会が、本曲であったのは幸せではないか・・・と思った一日でした。
(93分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。