FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

今年の観能

さて3月も半ばとなり、暖かい日が続くようになってきました。当地偕楽園の梅は既に満開。それだけ花粉症にはつらい日々ともなっています。

振り返って今年の観能ですが、1月は13日の日曜日、九皐会の一月例会を観に行きました。年の初めに翁も良いかなぁと思い、十二月の会の時にチケットを取っておいた次第です。

今年は翁を遠藤喜久さんが勤めました。山本家の狂言「末広かり」を挟んで、駒瀬直也さんのシテで玄象。ほかに仕舞三番の番組です。

同じ1月には、先日旅行記風に書きましたが、金剛能楽堂で翁と内外詣を観ています。こちらは狂言が茂山家の佐渡狐、ほかにやはり仕舞三番の番組でした。
ごくごく近い時間で観世流と金剛流の翁を観て、いくつか気付くこともありました。このため翁については二つの会の翁についてまとめて記載しようと思っています。

そこで九皐会では玄象、金剛会では内外詣についての鑑賞記を先に書いてみようと思います。
まずは玄象の鑑賞記を明日から書いてみます。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad