FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玄象さらにつづき

さてこのやり取りが本曲の肝心な部分の一つですが、ワキがどうしてさほど雨漏りもしない板屋に苫を葺いたのかと問うと、シテは琵琶の調子が黄鐘、板屋を敲く雨の音は盤渉で調子が合わないので、苫を葺いて調子を合わせたと答えます。

このやり取りをどう受け止めるのか、いろいろとありそうな気がします。ですが、ともかくも舞台では地謡が、最初から常人ではないと思っていたが、これは琵琶琴を弾かないということがあろうか、と謡い、この謡のうちに後見がシテの肩上げを下ろして常人でないことを示します。

シテツレの謡となり、二人は謡いつつ、シテが扇を広げて左手に持ち琵琶弾く形です。
ここで床几を下りて後ろ向きになっている師長が「師長思ふやう」と謡い出し、地謡が続けて、自分は日本で琵琶の奥義を究め入唐しようと思っていたが、目のあたりにこのような演奏を聴き、渡唐を思いとどまったと謡います。これに合わせて師長は立ち上がります。

ツレが声をあげ、旅人がお立ちと知らせると、シテ、ツレは謡いつつ立ち上がり、地謡が続けて謡うに合わせ、シテが師長に寄って袖を引き、正中まで下がって師長と向き合います。
師長はシテ柱を向いたまま「何しに留め給ふらん」と謡い出し、二人の名を問います。
これにシテ、ツレは答えて、自分たちは村上天皇と梨壺女御であると明かし、地謡が、師長の入唐を止めるために夢中に現れてきたと言って姿を消してしまった様を謡う中、師長に向かってサシ込み開キ、常座へ進んで一度正面に向き直り、あらためて来序にて中入となりました。

二人が幕に姿を消すと、来序が狂言来序にかわり、アイが登場してきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。