FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊成忠度 金井賢郎(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2019.05.18
 シテ 金井賢郎
  ツレ 亀井雄二、トモ 上野能寛
  ワキ 梅村昌功
   大鼓 亀井洋佑、小鼓 田邊恭資
   笛 杉信太朗

この日は偶々大相撲に誘われまして、国技館の枡席に初見参と相成りました。
ところが、誘ってくれた方も初めてで勝手が分からない様子。狭いという噂の枡席に長時間座っていられるだろうかと心配になり、訳知りの人に聞いたら、土俵入りの少し前あたりから行くと良いと勧められたとのこと。
と言うわけで国技館前午後3時の待ち合わせとなったのですが、それまでどうしようかなということで、時間つぶしといっては失礼ですが、時間まで宝生能楽堂を覗いてみようかと思い立った次第です。

さてその宝生能楽堂、五雲会は一昨年の1月以来です。その時観たのが高橋憲正さんの高砂と、この日のシテ金井賢郎さんの花月の二番。なんだか因縁めいてきましたが、はからずも金井賢郎さんの能を再び観ることとなりました。

この俊成忠度という能、ブログでは二度ほど鑑賞記を書いています。一度目は12年前の5月の五雲会での澤田宏司さんの演能、もう一度は花祥會での関根祥丸さんの演能…こちらは祥丸さんの初面でしたが、この二番です。
俊成忠度は修羅物としてはやや上演の少ない方だと思いますが、五雲会では割と出る曲のようで、高橋憲正さんの演能も観ています。そして5月の会の締めくくりは石橋という年が多いのですが、今回は時間の都合で石橋を断念して国技館に向かいました。

ともかくもその俊成忠度ですが、話は「忠度」の後日談のような形になっています。
「忠度」では、一ノ谷の合戦でそれとは知らずに忠度を討った岡部六弥太忠澄が、忠度の箙に付けられた短冊に気付きます。短冊には旅宿の題で歌が一首、忠度と書き添えられており、六弥太は敵将が薩摩の守忠度であったと知ることになります。
本曲ではこの尻籠(しこ:箙の一種)に付けられた短冊を持ち、六弥太が忠度の歌道の師である藤原俊成を訪ねるところから舞台が始まります。
その様子は明日から書き記してみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。