FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

加茂物狂さらにつづき

シテが後ろを向くと、ワキは狂女が実は行方知れずとなった自分の妻であると気付いたことを独白します。とは言え、人目のある中ではいかがかと思うので、人がいなくなった時を見計らって名乗ろうと思う旨を述べます。

シテが正面に向き直り、ワキはシテを向いてこの社で舞を舞い祈りを捧げるように勧めます。シテ、ワキの謡から地次第「またぬぎかへて夏衣 またぬぎかへて夏衣 花の袖をやかへすらん」で、シテは左右と出てゆっくりと開キ、地取りで後を向いて後見座へ。
物着アシライが奏されて、シテは水衣を外し空蝉のような長絹に烏帽子を着けて常座に出ると「山藍に 摺れる衣の色添へて」と謡い、地謡が「神も御影や 移り舞」と謡ってイロヱになります。

シテは囃子で角へ進み、角トリして左へ。舞台を廻って大小前で小廻りし、左右打込んでサシ「実にや往昔に祈りし事は忘れじを」と謡い、地謡が続けます。シテはさらに「憐垂れて玉簾」地謡「かゝる気色を 守り給へ」で合掌。クセになります。

クセは二段グセの舞グセ。夫を捜し求めて東路に出、三河の八橋、遠江に入って掛川、小夜の中山の峠を越え駿河に入って藤枝へ。岡部の宿から宇津山と、地名が謡い込まれて東海道を下った様子がうかがえます。
しかし夫の姿はなく、傷心のまま春の都に戻り来て、季節は夏に移り北祭・・・葵祭のその日となり、貴賤群集の行き交う人々の袖の色々に袂を翻す、とクセを舞い納め、地謡の「月にめで」の謡で扇を閉じて大小前に進み、正に直して中ノ舞となります。

中ノ舞を舞上げると「月にめで 花を詠めし 古の」と謡って正中に出、角に進んで角トリ、舞台を廻りつつ、地謡と掛け合いで謡い、地謡の「もとの身なれど仮の世に出でて」で大小前小廻り、サシ込み開いて「月やあらぬ」と雲扇。舞台を廻り常座で開キ。「唯いつとなく」と六つ拍子踏んで角に出、ワキ正に下がって安座すると「我が身一つの憂き世の中ぞ悲しき」とシオリます。

ロンギとなり、ワキが一度立ってからシテを向いて腰を下ろし、名乗り合った態となります。二人連れだって元の住み家に帰ることになり、シテはワキを向いて「心あてに」と謡い、地謡の「それかあらぬかの 空目もあらじあらたなる」でワキが立ち上がり、続いてシテも立ち上がると「神の誓を仰ぎつつ」とワキが合掌。ワキが先に立って常座から橋掛りへ。シテはこれを追う形で常座まで行き、袖を返して「逢瀬の道になりにけり」と留拍子を踏んで終曲となりました。
(76分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。