FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

国栖またつづき

短いクセとなり、「この程の御心 慰め申すべき」で腰を浮かせたシテは、続く「しかも所は月雪の 三吉野なれや花鳥の」で正に直して立ち上がり、ゆっくりと歩み出して「呂律の調め琴の音に 嶺の松風通ひ来る」あたりで、常座で向き直って面を使い、後ろを向いて橋掛りへと進みます。ツレもこれに続き「天つ少女の返す袖 五節のはじめこれなれや」と地謡が謡い納めて下り端の囃子となり、二人は橋掛りを歩み中入となります。

二人が幕に入ると、下り端の囃子のうちに幕が上がり、後ツレの天女が登場してきます。薄紫の色大口に緋の長絹、天冠を着けて舞台に進み楽を舞出します。ここの基本は下り端の舞ですが、観世流では楽にも・・・とあり、楽を舞うこともあります。しかもこの日は、笛の調子が高くなり盤渉。舞も盤渉のため足拍子も多く、見どころの多い舞になります。健之介さんは、これまで舎利の韋駄天や放下僧のツレなど、動きのあるものを観る機会が多かったのですが、今回のような天女の舞もなかなかに優美です。大柄なご様子から受けていた印象が良い意味で裏切られたような感じです。

舞上げると地謡にのってサシ込み開キ、この間に衣を被いてシテが橋掛りを進み、一ノ松あたりに立ち止まります。ツレは正中で雲扇してシテを迎える形。
後シテは「王を蔵すや吉野山」と謡い、ツレは笛座前に下がります。後シテの装束は青みの入った袷狩衣に朱の半切。地謡の「天を指す手は」の謡に正中に出て「胎蔵」と謡い、地謡「地を又差すは」で扇で下を指して「金剛寶石の上に立って」と謡うと、地謡に合わせて舞い、最後は「国土を新め治むる御代の」で両袖を巻き上げて常座へ出、続く「天武の聖代畏き恵み」で巻き上げた袖を直し、あらためて左の袖を返すと「あらたなりける 例かな」の謡に、留拍子を踏んで終曲となりました。

帝の御代を言祝ぐ目出度い気分の一曲でした。
(72分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。