FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

朝長のつづき

以前記載したことですが、本曲は下掛りでは前場にシテが一人で登場してきますが、上掛り二流はシテが侍女と太刀持ちを従えて登場します。
宝生はいずれもツレの扱いで、一方の観世では侍女がツレ、太刀持ちをトモとしますが、ともかくもこの二人が出てくる形になっています。今回は観世なので、ツレとトモが出てきますが、このトモがなかなか大変そうです。長い前場の間、太刀を捧げ持っていなければならないため厳しいと思うのですが、桑田さんがきちんと勤められていて印象的でした。

ともかくも、囃子方、地謡一同が着座すると名宣笛が吹かれてワキの出、無地熨斗目着流しに灰色の水衣、角帽子のワキが、同装で紺の水衣のワキツレ二人を従えて登場し常座で名ノリ。ワキツレは橋掛りに下居して控えます。
ワキが嵯峨清凉寺の僧と名乗り、美濃国青墓宿まで朝長を弔いにやってきた旨を述べると、ワキツレが立ち上がって歩み出て舞台中央でワキと向き合い道行。青墓宿への道を謡い着キ台詞。ワキツレが「尤もにて候」と答えて地謡座前に下がると、ワキは常座に行き「所の人」とアイを呼び出して問答になります。
朝長の墓所を教えてほしいというワキに答えて、アイは墓所を指し示し、ワキがワキ座に着座してシテの出を待つ形になります。

次第の囃子でシテ、ツレ、トモの出。シテは無紅唐織着流しで左の手に葉付の小枝を持っています。ツレは紅入唐織着流し、トモは素襖上下に太刀を捧げ持って登場し、シテが正中、ツレがワキ正、トモが常座に出て一同向き合っての次第。
続いてシテが「これは青墓の長者にて候」と謡うとツレ・トモが立ち上がってシテと向き合い三人で謡い継ぎます。下歌、上歌と謡って上歌の最後で立ち位置を入れ替え、シテが常座に、ツレとトモは地謡前に下がります。
シテはツレ、トモに向かい、朝長の墓所で旅人と見える僧が涙を流しているのを認めたことを告げます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。