FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島またつづき

シテの謡「落花枝に帰らず 破鏡再び照らさず・・・」を受けてワキが、甲冑を帯して洗われたのは判官かと問いかけます。シテ、ワキの問答から地謡の上歌。義経が幽霊となって、屋島の戦いに思いを残し此の地に現れ夢物語を語るのだと謡います。

クリ、サシと続いて「足並に鐙を浸して攻め戦ふ」と地謡が謡って弓流のアシライ。
シテは立ち上がるとやや右を向き、ゆっくりと角に出て左へ廻り正先で一度立ち止まります。ここで扇を落とし、左から回って常座に立ちます。
「その時何とかしたりけん」と謡い出し、「判官弓を取り落とし 波に揺られて流れしに」と正先の扇を見込みます。
続く地謡「その折しもは引く汐にて 遥かに遠く流れ行くを」を聞いて、シテ「敵に弓を取られじと 駒を波間に泳がせて・・・」と謡いつつ、正面に向き直って馬に乗る型。大小前へと移ります。
地謡「敵はこれを見しよりも 舩を寄せ熊手に懸けて 既に危うく見え給ひしに」を聞いて、シテ「されども熊手を切り払い」と左右に面を切り「終に弓を取り返し」と扇を取り上げ「本の渚にうち上がれば」と大小前に立ちます。
という流れで、小書の通りに弓流だけで素働はなかった訳です。

地謡「その時兼房申すやう・・・」となりシテは正中に出て床几に腰を下ろします。弓を取りに行った義経に意見する兼房に、義経が小兵と知られては無念、名は末代であろうと諭し皆感涙を流したとの謡を聞いて、シテ「智者は惑はず」地謡が受け「一命なれば」とシテは立ち上がり、常座からワキを見込むと「また修羅道の鬨の声」と謡いつつワキ正に出て開キ。地謡の「矢叫びの音震動せり」に四拍子を踏んで開キ、カケリとなります。

カケリの最後は橋掛りへ進み、一ノ松にて「今日の修羅の敵は誰そ」と謡ってユウケン。地謡に乗せて舞台で舞うと「浮き沈むとせし程に」で再び橋掛りへ。一ノ松あたりで型を見せて「鬨の声と聞こえしは 浦風なりけり高松の」と聞いて橋掛りを進み幕に入ります。最後はワキ留。
橋掛りを進む後ろ姿に惹きつけられ、気持ちはワキと一緒に立ち上がって見送ってしまった舞台でした。素敵な一番でした。
(113分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。