FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

善界さらにつづき

大癋の囃子が奏されて後シテが登場します。
白頭、白地の半切で白地の袷狩衣を衣紋着けにし、金の兜巾を着け大羽団扇を持っての出。面は大癋のようですが、それにしては色白な印象。白癋見という面があると聞いたことがあるのですが、これがそれなのか。
ともかくも一ノ松まで出て「そもそもこれは 大唐の天狗の首領 善界坊とは我が事なり」と謡い出します。

一セイを謡って、地謡を聞きつつ向きを変え舞台へ。地謡が大ノリで「不思議や雲の中よりも」と謡うに合わせて常座で足拍子。音を立てずに踏みました。
「邪法を唱ふる声すなり」の謡にユウケンし「凡聖不二なり」と団扇を立て「自性清浄天然動きなき」と左の袖を巻き上げて「これを不動と名づけたり」で拍子を踏んで立廻。

橋掛りへ進み二ノ松で向き直ると、左手に団扇を取って松に寄り、ワキに向かって面を切ると、右手に団扇を取って構え、舞台に進んでワキの乗る車に寄ります。
ワキが「聴我説者得大智慧」と声を上げ「吽多羅托干満」と謡って地謡に。

シテは「明王諸天はさて置きぬ」と謡い、地謡で角へ出ると「東を見れば」の謡に正先へ胸差。「山王権現」と謡いつつサシて常座へ。地謡の「山風神風吹き払へば」の謡に、流レ足で風に漂う様を見せ、「さしもに飛行を翅も地に落ち」と、伸び上がる形からストンと落として橋掛りへ。
「立ち去ると見えしがまた飛び来たり」で幕前まで進んでから戻り、「かほどに妙なる仏力神力」の謡に、橋掛りの欄干に足をかけて「今より後は来たるまじと」と数珠をワキに向かって投げ捨て「言ふ声ばかり虚空に残って」で幕に走り込みます。
「姿は雲路に入りにけり」と謡の残り留。
新しく整えられた小書だけに、趣向の凝らされた演出で、たいへん面白く拝見しました。

それにつけても、林宗一郎さんと坂口貴信さんという今後の観世流の中心的な存在になろうかというお二人。能二番とも堪能させていただきました。
もう十年以上も前、渋谷の観世能楽堂で津田和忠さんのシテで嵐山を観た際に、林さんが子守、坂口さんが勝手と、お二人が後ツレで登場されて舞姿がたいへんきれいだったことが強く印象に残っています。
(72分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。