FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大社のつづき

真ノ一声が奏されてシテ、ツレの出。
先にツレ宮人の遠藤さんが直面、白大口、無地熨斗目に水衣肩上げして登場し一ノ松へ。続いて前シテ、白大口、小格子厚板に茶系の褸狩衣、萩箒を持って三ノ松へ。シテは老社人の形ですが、装束付けをみると尉髪に水衣の老人姿で出ることもあるようです。
シテ、ツレ向き合っての一声から二ノ句、同吟と謡が続きます。二人は舞台に入り、ツレが正中、シテが常座でシテのサシ。さらに謡が続き下歌、上歌と謡って「宮人多き往来かな」と謡い納めつつ、立ち位置を入れ替えてシテが正中、ツレが角へ。
するとワキが立ち上がります。
ワキは、社内の案内を窺っていたところに宮人が数多やってきた、と言いシテに声をかけます。シテ、ツレの二人が出てきたところに、数多というあたりが能の面白いところでもありますが、ともかくもシテは見慣れぬ人だが何處からの参詣かと問いかけます。
シテ、ワキの問答から地謡の上歌「神の代を思ひ出雲の宮柱」の謡に、ツレはシテの後ろを回って角から笛座前に移って着座。ワキも脇座に座ります。
シテは「大和島根まで 動かぬ国ぞ久しき」とサシ込み開キして角へ。角トリして舞台を廻り正中から常座へ。「里も冬たつ気色かな」と繰り返す地謡を聞きつつ、サシ込み開キして正中に出、下居してワキに向きます。

ワキは当社の神秘を物語るように求め、打掛から地のクリ、シテのサシと続き、出雲大社の由来が謡われます。シテは萩箒を置き、肩上げを下ろして様子の変わったことを示します。
続くクセは居グセ。
クリの謡から続いて、出雲の大社は三十八社を勧請した地であるが、五人の王子があり、第一が阿受伎の大明神すなわち山王権現(現在の阿須伎神社)、第二が湊の大明神で九州宗像の明神、第三が伊那佐の速玉の神で常陸鹿島の明神、第四は鳥屋の大明神で信濃諏訪の明神、第五は出雲路の大明神すなわち伊予の三島の明神と現れ給うと、五人の王子の名を上げます。
十月一日の寅の刻に、神々が悉く影向されて様々に神遊をされるのだと謡われます。

謡はロンギとなり、シテは一度ワキの方を向いてから正面に直して立ち上がり、「白木綿かゝる玉垣に立ち寄ると見えつるが」と常座に進み、ワキを向いて正中方向にサシ込開キ。
「神の告ぞと言い捨てて 社壇に入りにけり 社壇の内に入りにけり」と正面を向いて開キ、宮の作り物に中入します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。