FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大社さらにつづき

シテが宮に入ってしまうと来序が奏されて、ツレが幕に入ります。
ツレも姿を消すと来序が狂言来序に代わり、アイの末社が登場してきます。登髭というのでしょうか髭のある面をかけ、括り袴に黄の水衣、末社頭巾を被った末社出立で常座に出、出雲の大社に仕える末社と名乗って、出雲の大社は日本第一隠れもない有難い神であると語ります。
神在月には諸神が影向あることなどを語り、当今に仕える臣下殿がご参詣され、末社にも臣下殿を慰めするようにとあったので罷り出たと言って「めでたかりける時とかや」と謡い出し、囃子に合わせて「やらやらめでたや めでたやな」と謡い舞いします。
末社がめでたく舞い納めて下がると出端が奏されます。

出端の途中から地謡が謡い出し、後ツレ天女が登場してきます。黄の色大口、水色に金で文様を描いた長絹、天冠の姿で登場して橋掛りを進み「光を添ふる気色かな」の地謡で常座に出てサシ込み開キ「我ハこれ 出雲の御崎に跡を垂れ 仏法王法を守の神 本地十羅刹女の化現なり」と謡います。
地謡が続けて謡う中、サシ込み開キして袖の露取って廻り「夜遊の舞楽は面しろや」の謡にワキ正で答拝して天女の舞に入ります。

常座で舞上げ、ノリ地で大左右開キ。角から正中へと出てサシ込み開キして腰を下ろします。
後見が引廻しを外し始め、天女は笛座前へ。「玉垣輝き 神体現れおはします」の謡に引廻しが外されて、悪尉の類の面に白垂に鳥兜、袷狩衣に半切姿の後シテ大己貴命が姿を現します。
ロンギとなり、夜遊の神祭で客人を慰めようと謡われて、シテは立ち上がり「三千世界の諸神は此處に影向なり」で台を降りて正中に。「とりどりの小忌の袖」と一廻りして正を向き「返す返すも面白や」の謡に開いて答拝、楽になります。
どっしりとした楽。出雲の大社の主神である大国主命にふさわしい重みのある舞です。
ゆったりと楽を舞って正中にて舞上げ。地謡の「舞楽も今ハ時過ぎて」で大左右、打込、開キから「更け行く空も しぐるゝ雲の」とサシ込み開キ、サシて廻り「沖より疾風 吹き立つ波は」の謡に常座から幕方を見「海龍王の出現かや」と雲扇して台上に上がり床几に腰を下ろします。

ここまででも十分に一曲の長さ、重さがありますが、さらにここで龍神が登場するという展開。さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。