FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

二人大名 山本泰太郎(観世九皐会定例会年末公演)

大藏流 矢来能楽堂 2019.12.28
 シテ 山本泰太郎
  アド 山本則孝 山本凛太郎

二人大名は良く出る狂言ですので何度か観ていますが、このブログでは10年ほど前に日立市での「能楽座ひたち公演」で野村萬さんの通り、能村晶人さん(当時は野村扇丞さん)と吉住講さんの大名で観た際の鑑賞記があります。(鑑賞記初日月リンク
本曲は大藏、和泉両流にあり、またよく上演されるだけに演出も家々によって様々の様子です。今回は大藏流でもありますので、萬さんのときとの違いなどについて少しばかり書いておこうと思います。

まずは配役から。上記は九皐会の十月公演のときの番組表の記載です。年末公演の番組では、上段の泰太郎さんに「通りの者」、則孝さんに「大名甲」、凛太郎さんには「大名乙」と役名が書かれ、シテ・アドの表記はありません。
本曲は大名狂言の分類で、萬さんの時の鑑賞記にも書いた通り、大藏流も和泉流も大名甲をシテ、大名乙と通りの者をアド(和泉流では通りを小アド)とします。しかしながら通りの者を年長の役者が勤めることが多く、この場合に今回のように上段に年長者を書き、シテ、アドの別に代えて役名を記すように思います。

さて舞台はまず、大名甲の則孝さんと大名乙の凛太郎さんが登場し、乙は笛座前に座し、甲が常座に立って名乗ります。二人とも洞烏帽子を被り、段熨斗目に素袍上下です。甲の名ノリは「いづれもご存知の者」でしたが、和泉流狂言大成には「隠れもない大名」とあり、萬さんの時も扇丞さんが隠れもない大名と名乗りました。
続いて「今日は所用あって都へ上ろうと存ずる」と言い、、かねがね都に上るなら誘ってくれと云う人がいるので寄っていくといい、舞台を廻って大名乙のもとに向かいます。和泉流狂言大成には「野遊びに参ろう」とあり、萬さんの時も「野遊び」でした。
甲が、召し遣う者が誰もいなかったので自身太刀を持ってきたと言い、似つかわしい者が居れば持たせようと思うと述べ、乙が同意します。和泉流狂言大成では、甲が自身太刀を持って来たと言うと、乙は家を出る前に行ってくれれば誰かに持たせましたものをと言います。萬さんの時もこの形でした。

さて二人は都に向かい上下の海道にやって来て、似つかわしい者を捜そうと話し合い、休むことにします。野遊びの場合は野に腰を下ろす形です。上下の海道は都に通じる街道のことで、多くの人々が上り下りする大きな道の意です。
ここに都に上ろうと通りの者がやって来ます。誰か同道する者がいればぞうたん(雑談)などしながら都に行けるのだが、などと言いながら舞台を廻ります。大名達は似つかわしい者がちょうどやって来たと言い、男に声をかけます。和泉流では急ぎの使いとなっていて、使われる者は忙しいなどと愚痴を言いながら歩いてきます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。