FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

観世九皐会定例会年末公演について

昨年末の九皐会の鑑賞記を書き終えたら、なんとなく達成感を感じてしまい、またまたブログ更新が遠くなってしまいました。
この間に緊急事態宣言は解除され、自粛を続けてきた各種営業も再開されてきました。しかしながら「新しい生活様式」が求められているものの、実際にどうしていけば良いのか、なかなかに難しいところです。
能楽師の皆さんもネットを使っての遠隔稽古に取り組むなど、様々な工夫をされている様子です。能の公演も徐々に再開される見込ですが、座席数を減らして密にならないようにするなどの対策もとられるようです。

私自身は、これまで営業活動も思うようにできなかったため、しばらくは仕事のほうに追われそうですが、観能も少しずつでも再開していきたいと考えています。

さて今年に入ってからは能楽公演が一斉に中止された3月末までの間に、1月の金春会で御裳濯を観、3月には能を知る会横浜公演で藍染川を、そして3月22日に三人の会で清経、松風、船弁慶を観ています。順次、鑑賞記を書いていこうと思いますが、今年の公演の前に、昨年末の九皐会について少しだけ書いておこうと思います。

先に鑑賞記に書いた通り、九皐会の年末公演は10月の定例会が台風19号により延期されたものです。特別な会ということでしょう、冒頭に喜正さんからの御挨拶があって開演となりました。
さらに通小町の終演後には、附け祝言ではなく祝言連吟として猩々が謡われました。新年を間近に迎える暮れの28日、喜之さんを筆頭に目出度く謡い納めた感じで、気持ち良く席を立ちました。
すると能楽堂の玄関先には能楽師の皆さんが立ってのお見送り。よいお年をお迎えくださいの声に送られて能楽堂をあとにしました。たいへん気持ちの良い公演でした。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。