FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

御裳濯さらにつづき

シテが正中に座すとクリ。
明治四十四年版の喜多正本には、先の地謡とクリとの間に、ワキの詞「なほなほ神慮のこさず御物語候へ」とシテの返し「懇に申上げうずるにて候」が記されていて、わかりやすいのですが、野上さんの解註謡曲全集にも、当日の詞章にもこのやり取りはありませんでした。

地のクリでシテは肩上げを下ろし、サシからクセへと謡が進んで行きます。
クセは居グセ。この一連の謡で、天照大神が天孫を葦原中つ国に遣わすに際して、三種の神器を授けたことが謡われます。特に八咫の鏡について、鏡は万物をうつしながらも一物も取り込むことはない、正直を授けるものであり、この宮の御神徳であろうと謡います。この部分は神皇正統記の記述をもとにしている様子です。
シテの上げ端「然れば神代の昔より」を受け、神徳はあきらかにして、垂仁天皇の御代にはこの地に宮居して皇大神となられたことこそ、和光同塵の御誓いであろうと謡われます。
謡はロンギとなり、シテは自らを興玉の神と明かして、御裳濯川の神が瀬を渡り、姿を消してしまいます。
この謡に中入となり、送り笛を聞きながら、シテ、ツレが幕に入ります。

ワキは「いかに誰かある」と声をかけ、ワキツレに所の者を呼んでくるように命じます。ワキツレがアイ所の者を呼び出し、アイは狂言座で立ち上がるとワキツレと応対して舞台に入り、ワキの求めにより伊勢の神徳、謂れを語ります。
まずは人皇十一代垂仁天皇の皇女倭姫が、神鏡を持って諸国を回り、その末にこの地に至った由来を語ります。またその折に御裳裾を汚してしまい川水で濯いだ故事も語ります。さらに「山のべの」の歌についても触れるなど、前場で出てきた話をなぞる常の間語りの形です。しかし「あれ?」と思ったのは、さりげなく興玉の神の別名が猿田彦神であると述べたことです。
猿田彦神は国津神で、邇邇芸命が天降りした時に道案内をし、その後は生まれ故郷の五十鈴川の川上に籠もったとされています。この地にはその子孫の大田命が居て、倭姫が天照大神を祀る地を探していたときに、倭姫を先導し五十鈴川の川上一帯を献上したと言われます。興玉の神は、その猿田彦神、大田命と同一視される神で、伊勢の内宮の御垣内に祀られています。
シテ、ワキや地謡の謡では触れられていませんが、間語りにさりげなく織り込まれているのは不思議です。

ともかくも語り終えたアイが下がると、囃子が奏されワキ,ワキツレが立ち上がって向き合い待謡となります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



御裳濯さらにさらにつづき

さてワキの待謡ですが、手元のものと詞章が違いました。半魚文庫さんの御裳濯(名著全集本「謡曲三百五十番集」と赤尾照文堂版「謡曲二百五十番集」を底本にしています)を持って行ったのですが、まるで違う謡。
とりあえず書き取ってきた詞章を、後日野上さんの解註謡曲全集の「御裳濯」と見比べてみたところ、これと同じ謡でした。金春の本にはどちらが書いてあるのか気になります。当日、金春の謡本を買い求めてくればよかったのに、と反省したところです。
ともかくもこの待謡、半魚文庫さんのものは喜多正本とも同じで「げに今とても神の代の。げに今とても神の代の。誓はつきぬしるしとて。神と君との御恵。まことなりとはありがたや まことなりとはありがたや」ですが、一方、聞き書きした詞章は野上さんの本をもとに記すと「旅寝せし御裳濯川の波枕 御裳濯川の波枕 月も曇らで天照らす 御影を受けて神路山 更け行く月の夜とともに 所からにてありがたや 所からにてありがたや」です。

謡い終えたワキ、ワキツレはワキ座に戻って腰を下ろし、囃子が出端を奏します。
しばらく囃子を聞いて後ジテの出。白大口に袷狩衣、高砂と同装の様子です。橋掛かりを進んで一ノ松に立ち、開イて「君が代はつきじとぞ思ふ神風や」と謡いだします。
謡終わりにシカケ開キし、地謡が「やたまがきの 内外の宮居」と謡いだすと舞台に入ります。常座に進んでシカケ。「月よみの宮居 照りまさる」と謡いつつ開キ。地謡で正中に出て開キ。さらに「空すむ雲も あさぐまや」と謡って地謡の「潮干の石と現れしも」でワキを向いて開キ、大小前に行き答拝して神舞となりました。

何度か書いていますが、脇能の神舞は舞の数々のうちでも大変好きなので、楽しみにしていたのです。が、この日は途中で右の袖が絡んでしまい、どうもこれに気を取られてしまいまして、いささか物足りない感になってしまいました。
舞い上げると、シテのワカ。地謡との掛け合いで謡い舞いし「あさづまの潮時に沖より見えて白波の」で大小前にて雲扇。繰り返す「沖より見えて白波の」で左、右と両袖を巻き上げると「また立ち返り二見の浜松の」と常座で小回りし、「ちよの影ある 神と君こそ 久しけれ」で袖を直し留拍子を踏んで終曲となりました。
(89分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

演者がたくさん出るとか、難しい作り物を出さなければならないとか、特段敬遠される要素はない、ある意味素直な脇能と思うのですが、金春以外の各流で演じなくなったのはどういう理由なのか、不思議な感じもした一曲でした。まあ脇能は現行曲の中では割合に数が多く、それでいて劇的な面白さがあるわけでもないので、上演される曲が特定のものに偏りがちですから、なんとなく遠くなってしまったのかも知れません。
久しぶりの金春会で、本当は全曲を観たかったのですが、所要あってやむなく本曲だけで帰りました。それにつけてもシテが退場する際には拍手が出ず、おや金春会もシテ、ワキの退場では拍手をしなくなったんだと、いささか驚きました。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。