FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

御裳濯さらにつづき

シテが正中に座すとクリ。
明治四十四年版の喜多正本には、先の地謡とクリとの間に、ワキの詞「なほなほ神慮のこさず御物語候へ」とシテの返し「懇に申上げうずるにて候」が記されていて、わかりやすいのですが、野上さんの解註謡曲全集にも、当日の詞章にもこのやり取りはありませんでした。

地のクリでシテは肩上げを下ろし、サシからクセへと謡が進んで行きます。
クセは居グセ。この一連の謡で、天照大神が天孫を葦原中つ国に遣わすに際して、三種の神器を授けたことが謡われます。特に八咫の鏡について、鏡は万物をうつしながらも一物も取り込むことはない、正直を授けるものであり、この宮の御神徳であろうと謡います。この部分は神皇正統記の記述をもとにしている様子です。
シテの上げ端「然れば神代の昔より」を受け、神徳はあきらかにして、垂仁天皇の御代にはこの地に宮居して皇大神となられたことこそ、和光同塵の御誓いであろうと謡われます。
謡はロンギとなり、シテは自らを興玉の神と明かして、御裳濯川の神が瀬を渡り、姿を消してしまいます。
この謡に中入となり、送り笛を聞きながら、シテ、ツレが幕に入ります。

ワキは「いかに誰かある」と声をかけ、ワキツレに所の者を呼んでくるように命じます。ワキツレがアイ所の者を呼び出し、アイは狂言座で立ち上がるとワキツレと応対して舞台に入り、ワキの求めにより伊勢の神徳、謂れを語ります。
まずは人皇十一代垂仁天皇の皇女倭姫が、神鏡を持って諸国を回り、その末にこの地に至った由来を語ります。またその折に御裳裾を汚してしまい川水で濯いだ故事も語ります。さらに「山のべの」の歌についても触れるなど、前場で出てきた話をなぞる常の間語りの形です。しかし「あれ?」と思ったのは、さりげなく興玉の神の別名が猿田彦神であると述べたことです。
猿田彦神は国津神で、邇邇芸命が天降りした時に道案内をし、その後は生まれ故郷の五十鈴川の川上に籠もったとされています。この地にはその子孫の大田命が居て、倭姫が天照大神を祀る地を探していたときに、倭姫を先導し五十鈴川の川上一帯を献上したと言われます。興玉の神は、その猿田彦神、大田命と同一視される神で、伊勢の内宮の御垣内に祀られています。
シテ、ワキや地謡の謡では触れられていませんが、間語りにさりげなく織り込まれているのは不思議です。

ともかくも語り終えたアイが下がると、囃子が奏されワキ,ワキツレが立ち上がって向き合い待謡となります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



御裳濯さらにさらにつづき

さてワキの待謡ですが、手元のものと詞章が違いました。半魚文庫さんの御裳濯(名著全集本「謡曲三百五十番集」と赤尾照文堂版「謡曲二百五十番集」を底本にしています)を持って行ったのですが、まるで違う謡。
とりあえず書き取ってきた詞章を、後日野上さんの解註謡曲全集の「御裳濯」と見比べてみたところ、これと同じ謡でした。金春の本にはどちらが書いてあるのか気になります。当日、金春の謡本を買い求めてくればよかったのに、と反省したところです。
ともかくもこの待謡、半魚文庫さんのものは喜多正本とも同じで「げに今とても神の代の。げに今とても神の代の。誓はつきぬしるしとて。神と君との御恵。まことなりとはありがたや まことなりとはありがたや」ですが、一方、聞き書きした詞章は野上さんの本をもとに記すと「旅寝せし御裳濯川の波枕 御裳濯川の波枕 月も曇らで天照らす 御影を受けて神路山 更け行く月の夜とともに 所からにてありがたや 所からにてありがたや」です。

謡い終えたワキ、ワキツレはワキ座に戻って腰を下ろし、囃子が出端を奏します。
しばらく囃子を聞いて後ジテの出。白大口に袷狩衣、高砂と同装の様子です。橋掛かりを進んで一ノ松に立ち、開イて「君が代はつきじとぞ思ふ神風や」と謡いだします。
謡終わりにシカケ開キし、地謡が「やたまがきの 内外の宮居」と謡いだすと舞台に入ります。常座に進んでシカケ。「月よみの宮居 照りまさる」と謡いつつ開キ。地謡で正中に出て開キ。さらに「空すむ雲も あさぐまや」と謡って地謡の「潮干の石と現れしも」でワキを向いて開キ、大小前に行き答拝して神舞となりました。

何度か書いていますが、脇能の神舞は舞の数々のうちでも大変好きなので、楽しみにしていたのです。が、この日は途中で右の袖が絡んでしまい、どうもこれに気を取られてしまいまして、いささか物足りない感になってしまいました。
舞い上げると、シテのワカ。地謡との掛け合いで謡い舞いし「あさづまの潮時に沖より見えて白波の」で大小前にて雲扇。繰り返す「沖より見えて白波の」で左、右と両袖を巻き上げると「また立ち返り二見の浜松の」と常座で小回りし、「ちよの影ある 神と君こそ 久しけれ」で袖を直し留拍子を踏んで終曲となりました。
(89分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

演者がたくさん出るとか、難しい作り物を出さなければならないとか、特段敬遠される要素はない、ある意味素直な脇能と思うのですが、金春以外の各流で演じなくなったのはどういう理由なのか、不思議な感じもした一曲でした。まあ脇能は現行曲の中では割合に数が多く、それでいて劇的な面白さがあるわけでもないので、上演される曲が特定のものに偏りがちですから、なんとなく遠くなってしまったのかも知れません。
久しぶりの金春会で、本当は全曲を観たかったのですが、所要あってやむなく本曲だけで帰りました。それにつけてもシテが退場する際には拍手が出ず、おや金春会もシテ、ワキの退場では拍手をしなくなったんだと、いささか驚きました。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

ウィズコロナの日々

7月に入ってから先週まで、春先以来すっかりご無沙汰していた各地の取引先を尋ねていました。今週から久しぶりに自分の机に向かっています。

しかしこの間に新型コロナウィルスの感染が相次ぎ、全国に感染者が広がってきました。水戸でも昨日は一挙に10人の感染が公表されています。
この状況をどう考えればいいのか、素人には分かりかねる所です。検査対象者を大幅に増やしているのだから感染者が増えるのもやむを得ないとか、高齢者や重症者は4月頃と違ってまだまだ少ないので大丈夫だとか、政府の説明を聞くとそんなものかなぁとも思います。またアメリカやヨーロッパと違って、アジアは感染が広がりにくいので、心配しすぎる必要はないという話も聞きます。

たしかに、そうかなとも思うのですが、しかし徹底してPCR検査を行っている韓国の感染者数が累計で1万4千人、日本は3万人超。亡くなった人は韓国の約3百人に対して日本が約千人。最近の1日あたりの感染者数は韓国が100人をほぼ下回っている一方で、日本は500人を超え今日はとうとう千人を超えました。日本の人口が韓国の2倍以上であることを割り引いても、なんだか日本は大丈夫と納得しにくい感じがして割り切れません。
アジアは大丈夫と言っても、フィリピンが8万人、シンガポールが5万人の感染者を出しています。一方で1億人近い人口を抱えるベトナムでは、わずかに420人の感染者しか出していません。素直に説明を信じて良いものか、なんとも腑に落ちません。

あれこれ考えても結論が出るわけではありませんが、この先どうなるのか不安を禁じ得ない毎日です。
私のまわりでは感染の話は出てきませんが、今日もまたマスクをつけて会社に行き、汗をかきつつ仕事をしていたら、なんだか顔にあせもが出来たような・・・
と、コロナの話を書いていても気が滅入るばかりですので、3月の鑑賞記録、未済分をまた少しずつ書いておこうと思います。
まずは能を知る会横浜公演、3月12日に横浜能楽堂で催された舞台の様子を、明日から書いてみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

能を知る会横浜公演

さて3月12日に横浜能楽堂で催された「能を知る会横浜公演」です。

3月に入って既に新型コロナウィルス対応ということで中止される公演もあり、本公演をどうするのか、鎌倉能舞台の皆さんも大変に迷われた様子です。結果として開催されることになり、私としてもホッとしました。
なにぶん平日の公演のため既に休暇を取ってありましたし、なによりも前年の金春流本田光洋さんの藍染川に続いて、今度は観世流の藍染川が観られる得難い機会でもありましたので、なんとか公演が行われると良いなあと思っておりました。

とは言えコロナ対応として、来場を取りやめる場合はチケットを後日の公演に振り替えることができることや、当日は換気のため扉を開けたまま公演が行われること、来場者もスタッフもマスク着用することなどが事前に公表されました。
私もおそるおそる出かけたのですが、横浜で昼食を取るのはどうも気になり、水戸で弁当を購入して特急の車中で済ませました。特急は定員の4分の1ほどの乗客数でガラガラの状況でしたが、東海道線はそこそこの混み具合でした。能楽堂に着いてみると、やはり見所は3分の2くらいの入りで、ほぼ3人に1人は来場を取りやめた様子です。

舞台上では、まずは「天満天神がおこす奇跡劇」と題して国文学研究資料館名誉教授の小林健二さんの解説があり、続いて仕舞二番、喜之さんの老松と喜正さんの鳥追い船。狂言の文荷の後に休憩が入り、最後は藍染川という番組。
小林さんん解説では、ワキ方の活躍する珍しい能として檀風や谷行、竹雪などがあげられて「観たことがありますか」という質問もありました。やはり手を上げる人は稀で、これまでこうした曲を観てきた経緯からいっても「そうだよなあ」と妙に納得したところです。
さて明日からは、狂言の文荷から鑑賞記を書いていこうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

文荷 野村萬斎(能を知る会横浜公演)

和泉流 横浜能楽堂 2020.03.12
 シテ 野村萬斎
  アド 深田博治 月崎晴夫

大好きな狂言の一曲「文荷(ふみにない)」を萬斎さんで観られるというのは実に嬉しいことです。本曲については何度かブログでも取り上げており、万作さんがシテをなさったものもあります。その際の鑑賞記と比べてみましたが、舞台の展開はやはり同じでした。

まずは主人の月崎さんが長上下で舞台に現れ、この間、東山で千満殿という少人と参会したが、また今宵来るようにと文が来たので返事を書いたと言い、太郎冠者と次郎冠者を呼び出します。
以前の鑑賞記にも書きましたが、大藏流では相手の名前を出さない様子ですが、和泉流三宅派では千満という少人と名前を出すようです。
またこの返事を持って行くように命じられた二人の態度も、大藏流では行った先での茶や酒を期待して喜んで引き受ける形ですが、和泉流では二人が行くことに抵抗します。シテの太郎冠者はお内儀様に知れたら大変だと断りますが、これに対して主は女にやる文ではなし、少人への文だから良かろうと答えます。それでも太郎冠者が断ると、今度は次郎冠者に命じますが、次郎冠者は(千満の)宿を知らないと断ります。
以前からも時折書いているように、和泉流の方が概ねやり取りが詳しいように感じます。このあたりは大藏流と和泉流の成り立ちの違いによるものではないかと思いますが、両流を比較してみると面白いものです。

さて結局は二人で持って行くことになりますが、お互いに相手に持てと押し付け合い、交互に持つことにしたものの、またまた言い合いになってしまいます。そこでちょうど見つけた竹の真ん中あたりに紐をかけ、文を紐に結んで下げると二人で竹を担って歩き出します。これが文荷、大藏流では文担の意味するところでしょうけれども、荒唐無稽ではあるものの、よくこんなことを思いついたという形です。
さてこのつづきは明日に書こうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。